無料アクセス解析
カテゴリー :うどん日記 まんぼう亭新漫画乱読日記

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しっぽくうどんの旅2014・2日目

2日目から駿平にーやんとY方さんが参戦。
にーやんにいたっては高速バスで参讃、すばらしい根性です。

1軒目・さか枝
朝はさか枝よりはじめよ、とは孔子だか孫子が言ってたような気がするので
とりあえず朝ご飯はさか枝。
じぶんでテボで湯がいてぬくめて食べると、やっぱりさか枝に来たという実感と
香川に居るんだという二つの実感がわいてくるものです。

Imgp3060.jpg


2軒目・松岡
駿平にーやんと枝で合流、その後飛行機で参讃されたY方さんを乗せた
車は、はたしていつもの松岡へと向かったのでした。
ていうか着きました。

Imgp3061.jpg
ゆだめ、です・・・しっぽくは12月1日からなんだってー!ぎゃー号泣


3軒目・橋村生麺所
前日の谷米で、とうがらしに触発されて、久しぶりに橋村のうどんととうがらし
食べたいねってことになって、4年か5年ぶりくらいに来店。

開店と同時に、近所の役所だかJAだかのおねえさんたちと一緒に入店して
朝一番のうどんを食べまして。
てんぷらが全部揚げたてで、あげたてのぶりっぶりのうどんと一緒に食べてると
もうそりゃもう幸せでしたよ。ええもう。はい。

僕はコロッケとったんですけど、これまたホントにほっくほくしてて幸せでしたよ、ええもう。

Imgp3062.jpg


4軒目・あやうた製麺
しっぽくの旅ってわりにまったくしっぽくしてないじゃん!ってことで、
プレミアムしっぽくなんていうセレブなメニューがあるといううわさのあやうたに。

写真はふつうのしっぽく。あと菜の花?のてんぷら。
Imgp3063.jpg

これだけでもホントにもう美味しいんですけど、
Imgp3064.jpg

プレミアムは、これに讃岐オリーブ牛の肉がプラスされて、
さらに甘く、よりコクが深いしっぽくにしたててありました。
てか、美味しすぎでしょ。。。980円だけのことはありました。
Imgp3067.jpg


5軒目・カマ喜ri
しっぽく食べに言ったんですが、そういえばそうだったここもしっぽくは
平日限定メニューだったんだ。
てことで、今日のオススメ・トマトカレーうどんをチョイス。

トマトのふぁっとした酸味と、やわらかめの酸味がきいたカレーとが
どっしりしたうどんにからんで旨いのうまくないの美味いの。

このカレーうどんは食べたことないや。いやーおいしかった。
まるでサラダを飲み干してるかのごとく、かれーうどんでございました。

Imgp3068.jpg


昼の部は以上。
腹ごなしとスイーツの時間をかねて、こんぴらにあるという
釜玉ソフトクリームを求めて琴平へ。

いってみたけど、季節限定だったのかな・・・目的のアイスは影も形もなく、
しかたなくおいりつきのしょうゆソフトを食べました。
まぁこれもこれで美味しかったけどね。ちょっと残念。
Imgp3070.jpg

いつもの丸亀ぽかぽか温泉でぽかぽかしてから高松パスポートで買い物して、
レンタカー返却。
昨日はあるいたところを今日は琴電にのって瓦町へ。

Imgp3077.jpg

乗った琴電がこのラッピングだったんですけど、こんなマンガあったんだねー。


番外編・讃岐ねんご料理いろりや
全軒まっぷに載っていて、おおうまそう!と思い行ったんですが、
お店は完全に居酒屋で、入った時には既にコース料理のお客さんで玉切れ。
そのまま帰るわけにも行かず、軽く呑んだんですけどコレがうまかったー!

小ぶりなれど味がぎゅっと詰まった真鯛の焼き物。
Imgp3082.jpg

丁寧にしあげられたハモの蒲焼き。
Imgp3083.jpg

鹿の燻製に、明石に近い瀬戸の海のタコの天ぷら。
Imgp3085.jpg

居酒屋でわかった、香川の天ぷらの美味しさの片鱗に触れた飲み会でした。
今度から呑みも少し考えてみるか。


6軒目・五右衛門
シメはカレーうどんでござる。
Imgp3086.jpg

今回、はじめて納豆カレーうどんを注文したんですけど、
カレーうどんに納豆って・・・・・・・・・めっちゃめちゃ合うんですね!!!

どうしていままで注文しなかったか!ってくらいにめちゃめちゃ相性がいい。
適度なとろみもついて、やみつきになりそうです。。。次回はハバ納豆(ハバネロ納豆カレーうどん)
にしようかな。

いよいよ明日は最終日だー!

| うどん日記 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しっぽくうどんの旅2014・初日

9月のうどん旅行を体調不良でキャンセルしたので、今年は最初で最後のうどん旅行です。
そのうどん旅行も、月末会議にぶつかっちゃって、すんませんっていったら次から月末休むなって
言われちゃう始末。けっ

1軒目・池内
うどん旅行にはじめて来たお店がまさに池内だったわけで、
今回はそれを想起させるような1軒目が池内、だったわけですけど
入口にのれんができちゃて(表からみたところに)、すっかり入口って
わかるようになりました。残念ですね笑(秘境感が減った)

とはいえうどんは全くかわることなく旨い。うまきゃいいです。

Imgp3031.jpg


2軒目・谷川米穀店
今回初日はそしをさんと二人きりだったので、わりとフットワーク軽く
いつもはなかなか狙っていかない谷米に行きました。
三嶋に立ち寄ったけど定休日だった、ってのはナイショだ。

10時に着いちゃってさすがに開いて無くて、その先の道の駅で時間を潰して戻ってきたら
開店30分前にもかかわらず開いててラッキーみたいな。
あげたてのぴかぴかうどんをかまあげで食べてしまったみたいな。
そしをさんおかわりみたいな。

そして今日も青唐辛子はめちゃくちゃに辛いのでした。
こゆびの先ほどしか入れてないのに、まぁ口の中は大火事。

Imgp3032.jpg


3軒目・ふる里うどん
今回の旅のマイメインテーマが、スイーツとうどんはどこまで共存出来るのか、
ということでした。
てことで、あとででてくるしょうゆ豆ソフトクリームと、もう一つがココのお店の
『ちくわの穴のなかにあんこ詰めたら、他の店が出来んようなちく天できましてん』
がメインストリームだったわけです。文字に起こすとうさんくさいな笑

おもったほどのちく天じゃなかったけど、実際にちくわの穴のなかにあんこ詰めて
ころもでくるんでカラッとあがったあんこちく天は、思った以上に美味しかったです。
かなくま餅もそうだけど、さかなとあんこの風味ってどうしてこうも絶妙なんでしょうね。
ふしぎで仕方ないけど、練り物であるところのちくわの良い意味の魚臭さが
このあんこの甘さと、口の中で絶妙に絡み合っていて、しかも
カレー・しょうゆ・みそとあるしっぽくダシにもあっていて大変美味しく頂きました。

これはネタとしてももちろん、普通に逸品料理として後生に語り継いでいくべきアイテム。

Imgp3033.jpg


4軒目・谷川製麺所
年中しっぽくでおなじみの谷川製麺所。
前回は軽トラの荷台からぶちころして血抜きしてしめたイノシシを下ろしているところを
目の当たりにして、ああほんとうにイノシシ肉入ってるんだと確信した谷川製麺所。
寸胴鍋のワンダーランドからひきぬかれたしっぽくダシは今日も旨く、
そして今日もジビエな香りにつつまれたのでした。どうでもいいけど一味めっちゃ辛い。

Imgp3034.jpg


5軒目・まるちゃん
ふたりだとフットワーク軽く、が幸いしたのか、最東端のうどんやさんを見てみたいと
そしをさんに相談したら、そしたらついでだからとまるちゃんに行きました。
最東端じゃないけど、そのひとつ手前といっても大げさじゃないくらいひがーしのうどん屋さん。
前回は5人で行って、かしわ天ざるとゲソ天ざるを上手に注文して見事に完食、
ひるがえってとなりの観光客風のおねえさんたちはもったいない、ゲソ天もかしわ天も
みんな残してやがった、もったいないことしやがるっとプロのうどんめぐり客を気取った店
だったわけですが、
今回は2人だったので、僕はゆだめ・そしをさんにゲソ天ざるを注文して貰って
ふたりでゲソ天シェアして美味しく頂きました。

若い大将のお店がどんどん増えていって大きくなっていってって、見ていてすがすがしいです。

Imgp3035.jpg
こっちがゆだめで

Imgp3036.jpg
こっちがゲソ天ざる


昼の部はココで終了
帰り道、高徳線の津田駅にほど近い「津田の松原」で休憩したら、近所に国民宿舎の
クアパーク津田があって、そこでいつものお風呂タイム。
お湯から上がって一息ついてふと館内掲示板をみていたら「津田の松原サービスエリア」に
しょうゆ豆ソフトがあるって見かけて、どんなものか食べてみたくなり、
SAの麓に車を止めて高速バスの入口からSAに進入。
見事にしょうゆ豆ソフトを食べたのでした。

Imgp3053.jpg

味は、井村屋のあずきバーって感じですけど、そら豆の皮の食感もそのままに
しょうゆのほのかな香りも口いっぱいに広がって、これまたしょっぱうまいアイスでした。

人間って色んなこと考えるなぁ。


6軒目・山田家
平日しかしっぽく食べらんないってのを思い出して、国道11号をずっと西へ
戻るついでに山田家さんへ。
美味しくしっぽくをいただいたことはもとより、
でんぶくなるふぐと、広島産だと思われる牡蠣の天ぷらも頂きました。

すげーびっくりなの。
牡蠣って、口の中でとろけると、ホントにミルクみたいなのね。
ほどけていってとろけていって口に香りだけ残して消えてしまったの。
びっくりしたわ、アレはマジでびっくりした。あれなら牡蠣いくらでも食べられます。

Imgp3056.jpg
しっぽくが美味しいのはいつものこと。いやこのいつものこともなかなか出来ないけどね

Imgp3054.jpg
今回いちばんひっくりかえったのがコチラの天ぷら

Imgp3055.jpg
牡蠣もでんぶくもうまいのうまくないの旨いの・・・あぁ思い出しただけでじゅるう


このあと、レンタカーを返却してホテルチェックイン。
21時半からもう一軒と思い軽く寝てみると、見事に腹がふくれきって
結局讃美という日本酒しかのめなかったという、悲しいことがありました。
人間年は取りたくないもんですね。

| うどん日記 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しっぽくモザイク2013 #1 うどんの国の

今年も半月を残すところとなりました。
日に日に寒さが増してきてきましたね。

ということは・・・そうですね、しっぽくの季節です。

今回、二転三転・・・正しくは七転八倒くらいですけといろいろありまして、
そしをさんせきざきさんY方さんの6日から組と、
おいら・駿平にーやんの13日組に別れての食べ歩きになりまして。

こっちは2人旅、いつにも増してお気楽旅。
お気楽すぎてノープラン甚だしく。
とりあえずにーやんにリクエストを聞いたら、山越が上がってきたのでまずはここに。


1軒目・山越
羽田でにーやん、まさかの
「キーホルダーが十徳になっててナイフが検査で引っかかり手荷物検査場でUターン事件」(長え!)
(荷物預けにしてなんとか捨てずに済みました)
が発生したものの、早めに空港着いてたから間に合って良かったね、などという
ステキな旅のハジマリでしたが、無事に「大雨の」高松空港に到着。

ステキの十倍返しだ!

2人なので軽のワゴンRをレンタカーして、空港の南から回り込んでぎゅぎゅーんと行けば、山越到着。

開店直後・平日金曜日・そこそこの雨。
この悪条件ではそうそう観光客もおらず、ノー待ち時間で釜玉れました。

山越の釜玉
朝食釜玉、なんてすばらしい香川ライフ。


2軒目・松岡
しっぽくの旅ですからしっぽく食べます。
しっぽく1軒目ですから松岡にします。

山越の前にローソンで買った傘はもう用済みになりつつある空模様のなか到着。
傘を買う=雨が止む、というのが高松での法則になりつつあるなぁ。

開店直後でしたけど、既にお客さま2組。
そして開店直後なのに注文して当たり前のように出てくるしっぽく。

コレが香川のお・も・て・な・し

松岡のしっぽく
ありがたいありがたい。ああうまいああうまい。

年末のご挨拶をして店をあとにしました。


3軒目・本場かなくま餅福田
しっぽくもいいけど白味噌仕立てのかなくま餅もね、てことでかなくま餅福田へ。
運転したい!というにーやんに任せて観音寺まで、国道32号をずーっと南下して、
そのまま国道377号をつーっといってきゅっと曲がってすすいと行って、
国道11号を超えてまっすぐ行けば到着。

11時過ぎという『うどんゴールデンタイム』、もちろんまだ白味噌もあん入り餅もあり、
注文して待つこと5分、いつものちょっと焦げ目のついたあん入り餅がはいった
白味噌仕立ての甘い香りのおうどんが登場。

本場かなくま餅福田の白味噌あん入り
夏に食べた時は、しょう油ダシの甘しょっぱさと餡餅の甘さで、
甘いしょっぱい甘いしょっぱいの無限回路が働くのですが、

ほらねあんこ入ってる
意外と白味噌ダシは甘めで、甘いあまいの優しさフルバーストで幸せになれます。

ごちそうさんでした。


4軒目・カマ喜ri
前回9月のうどん旅の際に、そのダシの美味しさにすっかり惚れ込んでしまい、
あまつさえ 「冬はしっぽくありますか?」『ええ、11月くらいからはじめます』
というマスターのお返事に「またきます!」と喰い気味に返事してから4ヶ月。

約束の地へ。

かなくま餅たべた直後だったので、さすがに食休みしようかとも思ったのですが、
そうするとしっぽく売り切れちゃうかも?と思って突入。したら大正解。

平日10食限定です
先週組のそしをさん情報で、しっぽくは平日しか提供しないということだったんですが
さらに10食限定だったんですよ奥さん、まぁおそろしいあぶないあぶない。

注文して出てきたしっぽくは
なんということでしょう。

カマ喜riのしっぽく
こちらのおダシはただでさえ香りといい風味といい最高なのに、
これに根菜のふくよかな薫りがあわさって、ますます甘いあまい風味になっております。

このねじれ、そして写真じゃ伝わらないダシの美味しさ
んでもってこのおうどん!
ねじねじでごっつそうに見えて実はそんなにゴリゴリしてない。
若い大将・・・というかマスターって呼んだ方がいい雰囲気の旦那さんが生み出す
そのうどんは、ともかく美味しいのです。
また、来年が楽しみだぁ。


さーすーがーにお腹いっぱいになって、時間空けようということになり、
しゅんぺいにーやんが行ったこと無いっていう琴弾公園の銭形砂絵を見に行きました。

ところがまあ、ともかく風が強い強い。海からの風がやむことがありませんでした。
寒かったなぁ。
琴弾公園の砂絵
寛永通宝の砂絵になってます

初めて下からみたけど、ただの砂山にしか笑
とはいえ、下からみるとなにがなにやら笑

そして瀬戸内の海は寒かった!
瀬戸内の海は、この日は極寒だったあ



5軒目・三好うどん
前回の旅行の道すがら買った雑事GajA。
ここにも取り上げられていましたが、それ以前にインタレストの
アンケートでもいきなりの上位にくいこんできたのがこちらのお店。
ごりっごりの力強いうどんが食べられる、しかも若いご夫婦が切り盛りしている、しかもしかもお店が古民家風。
そりゃ行くしかないと、ちょっと時間がおせおせでしたけど、行ってきました。

こんなところにあるんかいな?的な、住宅街の狭い路地の真ん中にお店発見。
なるほど、平屋の木造を改築してキレイにした感じの良い雰囲気のおみせですわぁ。

時間ぎりぎりだったのでおそるおそる入店、「まだ大丈夫です?」と一声かけると
「どうぞどうぞ」と温かく迎入れてくれました。

しっぽくがあったんですけど、さすがに売り切れていたのでふつうのかけ。
でも『今日のメニュー』的なところにれんこん天があったので、確認して注文。

三好うどん、久しぶりに出会いましたごっつい麺
おもわず

じぇじぇじぇ!

と声を上げてしまった、久しぶりにきたこの太くてごっつりとしたおうどん。
わかりやすく言うと、初めて上戸に行った時に食べたあの、金属バットでスカーンと
あたまを打ち抜かれたような衝撃走るごっついうどん。
(僕にしかわからないたとえでしたスミマセン)

これきっと何年かすると進化するうどんだなー、その進化ってどうなるんだろうなー。
って楽しみにさせてくれる、がっつり系なんだけどほっこりしたおうどんでした。


こちらでおいらは午前の部終了。
しゅんぺいにーやんはこのあと小浜食堂で中華そば食ってました。


三好~小浜~三好の前通って丸亀ぽかぽか温泉。
地元のおばちゃんとすんげぇ仲良くしゃべり倒してから、高松市内のパスポートで
かるくお買い物してホテルへ帰投。

夜の部スタートです。


6軒目・五右衛門
まぁいつもの、いつでも美味しいカレーうどんです。

五右衛門のいつもの黒カレー


7軒目・麺匠豊三
なんか知らんのですが、夜の高松のうどんって数件って決まっていたんですよ。
なんですけどここに来て出店ラッシュ?がやってきまして、今日はそのうちの
新規の1店・豊三です。

かな泉で修行されたご主人。
おか泉じゃなくて、かな泉だったんですね。誰だおか泉いうてたの(笑)

すんごく狭いお店なんですけど、開店直後だったので奥のテーブル席へ。
粉雪舞う寒い日だったので、風邪っぴきだったんですけど熱燗を所望。

熱燗いつ飲むの? 今でしょ!

寒くて豊三で熱燗つけてしまいまして

阿波尾鶏の焼きとり的な物も酒のアテにして明日の予定をさくっとたて、
注文したのはざるうどん。

こちらがゴリゴリのざるうどんです

おひょー!
これまたごりっとしたちっからづえーうどんだわぁ。

おいらここまで力強いうどんは打てないんだよなぁ。
どうやったらここまでコシがごりごりだせるんだろうなぁ。
やっぱ良くこねて良く踏んづけるんだろうなぁ。

おなかいっぱいいっぱいでしたけど、つるっと食べられてしまって完食。
熱燗で温まったはずだったんですけど、外に出たらガクブルしてこりゃあかんなぁと
思いつつもホテル帰ってソッコーで寝たのでした。


まぁ、案の定、2日目、風邪ひいてましたけどね。
ちなみに今日の日記の太文字で、ひとつ今年の流行語じゃないものが入ってます。
さてどーれだ(すぐ分かるってね)

| うどん日記 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013秋のうどん祭り

今年のうどん祭りは、9月13日(もしくは14日)から16日までの3泊4日。
しかも16日夜はたかまつからの瀬戸に乗って帰ってこようかなと考えてます。

関係各位(よくご一緒するかた)にはメールしましたけど、
ご興味もたれた漫研のかたご連絡下さいw

| うどん日記 | 10:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そろそろうどんの話をしようじゃないか

2013うどん祭りの日程をいつにしましょうか。

・9月6・7・8
もしくは
・9月13・14・15
または
・9月20・21・22

さてどうでしょう。

| うどん日記 | 16:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。