無料アクセス解析
『眠り姫Age』/おおや和美,小学館文庫 まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『眠り姫Age』/おおや和美,小学館文庫

森彩音、どこにでもいる普通の女子高生。
父親はおらず、母親もフラフラしているってこと以外は、ホントにどこにでもいる女の子。

バイト先のライブハウスでは、かつては歌姫として生き生きと歌っていたのに、つまらない
色恋沙汰で歌うことをやめてしまった彩音。


しかし、その彩音の声を求めてやってきたのが、彩音もあこがれていたR・I・N・Gの
元メンバーである椎名だった。

椎名がずっと求めていた声。
椎名にずっとあこがれていた彩音。
二人は、まるで磁石のように惹きつけられてられていったのでした。


ところが。
歌いたい彩音と歌わせたい椎名、二人の前には、実にたくさんの障害があらわれてくる。

恋のライバル、事務所とのごたごた、仕事のライバル、大人の思惑、そして昔の恋。
運動会の400m障害物競走なんて甘っちょろく感じてしまう、実にその様々な障害たち。

果たして、彩音の「歌いたい」と椎名の「歌わせたい」は実現するのだろうか。


な~んて。
いつも通り思わせぶりに書いてますが。

正直、だいぶ物足りないモノでした。
さいとうちほの花音(かのん)の方が、音楽恋愛漫画としては上のような気がするし。

たしかにため息の出るような画力は認めます。
さすがはおおや和美先生、美男美女は見ているだけで惚れぼれします。

しかし、ですねぇ。
お話は、展開は、どうなんですかねぇ。


また食わず嫌いになるといけないので、すぐにでも他の作品読みますけど。ええ。

それにしても、展開がイマイチかなぁ。


障害は確かに高いかもしれないけど、リアリティはあるけど、あんまりたいしたこと
無いかなぁ、そう思わせるのは所々に見え隠れするコメディ感。
あんなにいらないような気がするけど、あれ。

無いと確かに重っ苦しくなって読みづらくなりそうなきもするが、テンポよすぎる
ようなきがしますけど、こんだけコメディだと。

面白く読む分には問題ない。重厚感が僕は欲しい。恋の域を脱してないな。


かといって、音楽に特化しているとも思えない。
さいとうちほの「まるで今からでも音楽が聞こえてきそうな」ダイナミック感は無し。
彩音の声は、結局最後まで聞こえてこなかった。


さて。
これをおおや和美の全部と見てはいけないんだろうな。
もう1つくらい読みますか。。。


スポンサーサイト



| 漫画文庫感想文 | 00:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re:『眠り姫Age』/おおや和美,小学館文庫(09/28)

はい!!読みました。

しかし・・なんとなくは覚えていますが、どうだったのでしょうね。そんな感じですね。



さいとうちほは好きです。

「円舞曲は白いドレスで」は好きでしたね~。

| いさな♪ | 2005/09/29 07:05 | URL | ≫ EDIT

Re[1]:『眠り姫Age』/おおや和美,小学館文庫(09/28)

いさな♪さんへのレスです

>さいとうちほは好きです。

さいとうちほ作品はもう少し読まないといけないとは思えど、

なかなか手が付けられません。たくさんあって。

| まんぼう王 | 2005/09/29 13:28 | URL | ≫ EDIT

Re:『眠り姫Age』/おおや和美,小学館文庫(09/28)

デビュー作「みるくボーイしゅがーガール」のスクラップまで持っている僕が来ましたよ。



少女漫画界には、24年組、35年組てのがあって、

おーや先生とかこーが先生とかでアタシ達も40年組って呼ばれるようになりたいね!みたいな事を言い合ってたり言い合ってなかったりしていたようですが、

残念な事に先人たちの様にはいけてないですな。

おーや先生の描く日向小次郎はかっこ良かった。

ファンクラブにまで入っていた15年前がなつかついでつ。

| カスキ | 2005/09/29 14:31 | URL | ≫ EDIT

Re[1]:『眠り姫Age』/おおや和美,小学館文庫(09/28)

カスキさんへのレスです

あぁっ神が降臨されました、有難うございます笑



すげ~!スクラップお持ちなんですか。

40年組にはなれなかったけど、絵は上手いですね~。

お話しは・・・ですけどね~。



説法が聞けてよかったです。

| まんぼう王 | 2005/09/29 18:30 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inouemanbou.blog121.fc2.com/tb.php/978-2bfa612c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT