無料アクセス解析
『正しい恋愛のススメ』/一条ゆかり,集英社文庫〈コミック版〉 まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『正しい恋愛のススメ』/一条ゆかり,集英社文庫〈コミック版〉

美穂に全面降伏。
ともかくも、この女はあり得ないほど強すぎる。

自分の彼氏が自分の母親とつきあっていて、自分の父親はゲイ。
彼氏は出張ホストで母親と寝て、母親と愛し合って、自分とも愛し合っていた。

そんな状況下でも、美穂は動じない。
もう、誰よりも強いと思っていた玲子さんよりも何よりも強い。
ぶちのめされた気分。はぁ。。。


コレのどこが正しい恋愛なんじゃとおもたが、答えは作者のあとがきにあった。
ここでも、またちょっと感心しちゃいました。なんでも影響されやすいのはよくない、
とは思いつつもね。

『終わった後で人間が成長したか否か』

成長していたら、それは正しい恋愛。
適当に恋愛してたり、終わった後にトラウマが残っていたりしてはダメ。

なるほどぉ。妙に納得してまいました。うむぅ。
そんな恋愛、したいもんだ。

あ、いや、この漫画のような恋愛は絶対したくないです。きっぱり。


スポンサーサイト



| 漫画文庫感想文 | 13:29 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re:『正しい恋愛のススメ』/一条ゆかり,集英社文庫〈コミック版〉(02/22)

実は、私も買って読んじゃいました。

これがあれか?って、そのうち報告しようと思っていたんですけどね。

2巻まではわくわくしながら読んだんだけど、結末がそうなるとは思ってなかったなぁ~。

| さんづくり | 2005/02/22 11:04 | URL | ≫ EDIT

Re[1]:『正しい恋愛のススメ』/一条ゆかり,集英社文庫〈コミック版〉(02/22)

さんづくりさんへのレスです



実は1巻の巻末@あとがきで、何となく結末が見えちゃったので

驚くほどの展開ではなかったけど、まぁでもホントにすごい結末ですよね。

漫画ならでは、なのかな。

| まんぼう王 | 2005/02/22 13:26 | URL | ≫ EDIT

Re[2]:『正しい恋愛のススメ』/一条ゆかり,集英社文庫〈コミック版〉(02/22)

まんぼう王さんへ



>実は1巻の巻末@あとがきで、何となく結末が見えちゃったので



あ、私、あとがきよんでなかったわ。

3巻は読んだんですけど。

>漫画ならでは、なのかな。

| さんづくり | 2005/02/23 08:37 | URL | ≫ EDIT

一条さんは青春の一ページ

一条さんのこの作品はまだ読んでませんねー。

一条さんの作品は、「デザイナー」「砂の城」「こいきな奴ら」「有閑倶楽部」くらいまではリアルタイムで読んでました。

すごーく昔の話ですね、なんか。

私、子供の頃「りぼん」の読者でしたから。



一条さんは男と女の愛憎ドラマを描かせたらすごいですよね。

今は「プライド」がその王道をいってますね。

| haru4033 | 2005/02/23 10:22 | URL | ≫ EDIT

Re[3]:『正しい恋愛のススメ』/一条ゆかり,集英社文庫〈コミック版〉(02/22)

さんづくりさんへの再びレスです



文庫版のあとがきって、その作品のファンがエッセイ的に

書くことが多くて、それが文屋さんだったりタレントだったり

エッセイストだったりするわけで。

楽しみに読ませてもらうのはいいんですけど、大体が「あんな結末が

まっているなんてっ」みたいなネタバレしてることがままあって。



読んで良いんだかわるいんだか迷います。。。

それでも読んじゃうんですけど。う~ん悩

| まんぼう王 | 2005/02/23 15:42 | URL | ≫ EDIT

Re:一条さんは青春の一ページ(02/22)

haru4033さんへのレスです

>「デザイナー」「砂の城」「こいきな奴ら」「有閑倶楽部」



りぼんで砂の城を読んでいらしたんですか。そうですか。

どうでした?その頃のりぼんって。今からは想像出来ないくらいの

硬派な少女漫画雑誌って感じがするんですが。



だって、ねぇ。

砂の城が載ってるんですものねぇ。(感慨深い)

| まんぼう王 | 2005/02/23 15:44 | URL | ≫ EDIT

Re[1]:一条さんは青春の一ページ(02/22)

まんぼう王さん



>どうでした?その頃のりぼんって。今からは想像出来ないくらいの

>硬派な少女漫画雑誌って感じがするんですが。



硬派かどうかはわかりませんが、執筆陣かなり充実してましたよ。

金子節子さん、小椋冬実さん、陸奥A子さん、高橋由佳里さん、佐藤真樹さん、池野恋さんなど今でもレディス系で活躍している人はもちろん、太刀掛秀子さんとかギャグの土田よし子さんとか、みなさん自分のスタイルがはっきりしていて、個性的な作品が多かったように思います。

今、チラと表紙とか見る限り、絵柄が似たり寄ったりな作家ばかりで私には区別がつきませぬ。

対象年齢もかなり低いみたいですよね。



いわゆる少女漫画の黄金期と言われた時代でしたねー。(遠い目・・・)

| haru4033 | 2005/02/23 20:35 | URL | ≫ EDIT

Re[2]:一条さんは青春の一ページ(02/22)

haru4033さんへの再びレスです



そうか!黄金期でしたね。そうでしたそうでした。

あ~、そんな漫画雑誌、いまあるのでせうか。なさそう。。。

| まんぼう王 | 2005/02/24 00:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inouemanbou.blog121.fc2.com/tb.php/708-1524cafd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT