無料アクセス解析
あたし的ベストオブ漫画文庫2003 まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あたし的ベストオブ漫画文庫2003

さて、仕事があるはずで職場に来ているのに、
肝心の仕事を与えるはずの部長さんが来やしなくて
まったくもって不愉快で不可解で寝不足なオレですので、
〈松井の辞典みたいだな)今年読んだ文庫でコレは!と思うものを
書いていきたいと思います。


今年よく読んだ作家と言えば・・・

吉野朔実・川原由美子・山下和美・大和和紀

こういったところでしょうか。
今年の漫画との出会いの中で、やっぱり忘れちゃならないのが「吉野朔実」氏。
今までナゼこの作家を知らなかったのかとえらく後悔したのを覚えています。
『少年は荒野をめざす』で感激し、『ジュリエットの卵』で号泣し、その作品すべてに
“感心”して“感激”して“感動”しました。

これからも是非とも追っかけていきたい作家の一人です。


山下和美は、まぁそれほど感激とか感動とかはないけれど、ところどころに
ちりばめられている地雷のような『心を温かくしてくれるゆたんぽ』攻撃を踏み荒らして、
ほろりほろりとさせられてしまいました。


大和和紀はいわずもがな。
手を抜かない作画と流れるような展開で、時代を超えていつまでも読み返していきたい
作品ばかりを読ませて頂きました。


川原由美子、かぁ。いろいろ引っかかるのでパス〈笑)


この他、長編ものでは吉村明美の『麒麟館グラフィティ』と『薔薇のために』。
麒麟館では、今でも十分に読み込ませるテーマ(DV)の側面もあったし、
薔薇では人間の心と心のパンクラス(例えが貧弱)を見せて貰いました。

また、わすれちゃならないのが庄司陽子の『生徒諸君!』。
いまだに教師編として話が続いているほどの超長編ものを読んで、
読み疲れることもなく最後までだ=!!っと読み切れたことに感動しました。
それだけ読ませる作品だった。

今年はイイ読書の秋がおくれました、この作品のおかげで。


読書の秋と言えば、太刀掛秀子にも心を温められた。
この作家の作品は、長編をじっくりと読み込んでいきたいものです。


年末押し迫ったところでよんだ『タケコさんの恋人』。
大人の恋愛をまた一つ知りました。憧れるのぉ~。


以上、総括。

さて。この中で一番を選べと言われると・・・困るな。

今年は実に充実した年だったんだと、作品のタイトルを並べてみると思います。
文庫になっているのにはハズレはないだろうと思い読み始めたけど、
事実はそうでもなくて、結構ハズレもあったりしたんです。
でも、今年はあんまりハズレを引くこともなく読ませて頂いたような気がします。

ありがとう漫画文庫。


で、何かなぁ。一番。。。
吉野朔実『ジュリエットの卵』、大和和紀『ヨコハマ物語』、庄司陽子『生徒諸君!』、
読後すぐということをさっ引いても、その技術力に感服のくらもちふさこ『天然コケッコー』。

皆さんなら、ドレですかね。
っていうか、全然毛色が違いますけどね笑

僕的には、今年最大の出会いという意味も含めて、吉野朔実の『ジュリエットの卵』
を一番に推して今年を終えたいと思います。


さて、来年はどんな漫画に出会えるんじゃろうか。


その前に年始草々に姉妹坂で号泣しそうな予感があるのだけれど。。。


スポンサーサイト



| 漫画文庫感想文 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inouemanbou.blog121.fc2.com/tb.php/328-0910d04e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT