無料アクセス解析
『シアター!』/有川浩,メディアワークス文庫 まんぼう亭新漫画乱読日記

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『シアター!』/有川浩,メディアワークス文庫

日記に書けるネタがないので、読書感想文。
漫画文庫も読まないといけないんだけどねぇ。


巧は赤字まみれの演劇集団の主宰。
ある時、有名声優の千歳がオーディションにやって来た。
声の世界ではしっかりと自分の世界を確立した彼女だが、更なる
成長を求めて演劇の門を叩いてきたとか。

その期待に答えようとする巧、だが彼女の加入と同時に劇団が
運営危機に陥ってしまった!


借金300万円也。
しかも続々と離脱する劇団員達。


困ったときの兄頼み。演劇とは無縁の一般サラリーマンである司に
助けを求める巧。

だが、巧を「そんな」演劇から足を洗わせてしまおうとする司。
金を貸す代わりに、無理難題を巧に突きつけた。
その条件とは、万年赤字劇団の黒字化だった…



金にならないコトにかけては折り紙付きの小劇団の経営とか運営に
目を向けた作品。
僕の実妹も芝居をメインでやってたりするので、その大変さは
いくらか理解しているつもり。
なので、なんかやけに生々しい話の展開に思わずドキドキしながら
読んでしまいました(笑)

有川作品は初めて読んだけど、面白いねー。
まぁでも今さら図書館戦争は読まないけど。


そも、この作品を知ったのは、ちょっと前にたしか日記に書いた
と思う、沢城みゆきのウェブラジオがきっかけ。
作者の有川浩本人がゲストとして出演してこの作品と沢城みゆき
との関わりを話してたんですね。

つまり、沢城所属の劇団・Theatre劇団子は、黒字運営を目指す劇団
であり、そのことを有川に「ちょろっ」と話したのが運の尽き。
尽き?w

小劇団の運営管理、もちろん芝居のことまで事細かく取材されて、
あげく3ヶ月でこの作品を書き上げたってんだから、有川浩パネェっ!
ってな感じです。

こりゃ同じ作家からしたらそれこそ「悔しい」だろう。


分類はラノベなんですけど、ラノベにしちゃずいぶんとライトな感じで
読めない、そんな作品でした。


スポンサーサイト

| 漫画以外のメディア感想文 | 09:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ふつーに是非読んで!

 今回はマジっす。つーか本にかけてはマジうるせぇー。
 
 今日のおすすめはスティーブン・キングの短編集「第四解剖室」。
 モダンホラーのグリーンジャイアントがこのタイトルなんで、どー考えてもグロいんだけど、想像を裏切らず意識はあるのに死んだと判断されて解剖されそうって話。初めはただただMr.ビーン状態なのがいよいよって時が迫ってきて。
 この人人間の内面描写ウマ過ぎなんだよなー。笑えて怖い。
 
 そして個人的に一番気に入った「愛する者はすべてさらいとられる」 この小説、主人公が自殺しようとしてることにいつ気付いたか、初見でわかった人結構すごいよ。
 で、作中で拾ってくる落書きのセンスがまたパねー。こんな落書きが実在するとは何て国だアメリカ。泣けて笑える。
―なにかがここで起きているらしいぞ。この一言に何故か説得力があるような気がする不思議。

 今ジョニー・デップでおなじみのディリンジャーの短編もいいよー。リアルにただのお勧め本でした。もう読んでたらごめん。

| 内海 ゆい | 2010/01/12 20:28 | URL |

ホントに

読書家、なんですねー。
あちこちでオススメされてるのをみて、ホントにオススメ
だとわかります。

時間が出来たら読んでみようかな…
ただ苦手なジャンルなのでニンともカンとも。

| いのうえまんぼう | 2010/01/13 15:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inouemanbou.blog121.fc2.com/tb.php/3011-7da69862

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。