無料アクセス解析
東京うどん屋巡り まんぼう亭新漫画乱読日記

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東京うどん屋巡り

この前行った,新宿どんどん跡地のさぬきうどん屋。
そこのうどんは、僕にとってはあんなもんちゃうわいって話だったんですが
一人で決めつけてはいけない、広く意見を求めるべきだと思った次第。
が、最初に「まじぃっす」と言ってしまったばっかりに、そしをさんに
すっかりそっぽを向かれてしまい、さてどうやって連れて行こうかと
思案した結果。


後輩と無理矢理行く。


という結論に達し、メルメル、メルメル。
いろいろあってカヲルくんを捕まえて行ってきました。
もちろん、お口直しは東京麺通団です。


店に入ると結構な繁盛具合。
前回は温かいうどんを食べて、ぶへぇってなことになったので、
今回はつめたいうどんを食べてぎゃぼーってなことになろうと思い、
ひやぶっかけの小を注文。

ここのお店は、うどんは不味いんですが天ぷらだけは安くてでかい。
てことでごぼ天をゲットして会計。380円という値段だけは支持します。

着席&テイスティング。
うどんがひやになって、ますます確信したのが、うどんが半茹で。
芯を残した茹で方をして作り置き&ガチゴシと勘違いさせる作戦のそれは
噛めば噛むほどに不味く、いかんともしがたい。

大きくて安いてんぷらを堪能し、とっとと退店。


初心者のカヲルくんは「普通っすね」ということでしたので、さぬきうどんの
イメージが固いコシのうどんという方にとっては美味しく感じられると思います。

が、そしをさんと僕の結論としては「二度と来るか」。
そのうち美味しくなってると良いですね。

ちなみに、この近所に昔あった小町うどんも、そんな感じのうどんを出して
今ではとっくに閉店しておりますので、同じ轍を踏まないことをお祈りする
ばかりです。


口直しに東京麺通団。
めずらしく釜玉待ちのお客さんがいなくて、それでもやっぱり作り置きの
うどんが出てきましたが、さっきの100倍は旨かった。
ここはやっぱりこのダシが良いね。

香川うどんマップをチェックして、帰ろうかなぁと思ったんですが、うどんの
スイッチが入ってしまった&焼酎を飲みながらうどんを喰いたくなった&
カヲルくんが未経験だったという三大要素が揃ってしまい、結局僕らは
東京の故郷であるところの野らぼーに流れで行ってしまいました。

小川町の野らぼーで、残業上がりの駿平にーやんとも合流。
なんとびっくりですが、駿平にーさんも野らぼー初めてだった。
ごめんよー、連れてきてあげてなかったかあ。


既に2玉を腹におさめていたのですが、ついついでっかいおあげで
お馴染みの田舎きつねうどんを注文。

どんぶりにフタをするようなデカさのきつねをはふはふとほおばりつつ、
うどんとダシをすする。うめぇ、やっぱり野らぼーはうめぇ。


結局、カヲルくんは、東京のピンキリのうどんを食べて貰ったことになり。
あとは現地でその驚愕のうまさを体験して貰うだけとなりました。
来年は一緒に行きましょうね。

天ぷら2つにきつね1枚に、うどんを3玉、他つまみを少々と、
うどん旅行を彷彿とさせるうどん屋巡り。
まぁ12月のしっぽく2009に向けて、良い練習になったかもしれません。
スポンサーサイト

| うどん日記 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inouemanbou.blog121.fc2.com/tb.php/2934-90af15c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。