無料アクセス解析
タイ旅行・最終日 まんぼう亭新漫画乱読日記

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイ旅行・最終日

さすがのトラベラーズハイも慣れからか、
なかなか起きられない、父。

僕は目覚まし前に起きちゃいました笑

6時半に、43階の食堂へ。
あいかわらず高い。。。高所恐怖症の方は
ご飯食べられませんね。


今日は王宮、そしてマンゴー園。

まずは王宮。
ホテルをチェックアウトして、そこから車で10分だか
20分で王宮到着。

090801-01.jpg

今現在でも迎賓館として使用されるとあって、さすがに
厳戒態勢がひかれております。
軍隊がざっくざっくと行進して警備にあたってます。

そんななか、ザッツタイ!というような金ピカな建物を
見物。

090801-02.jpg

090801-03.jpg

090801-04.jpg

もうね、装飾がともかく派手。
天気が良いから目がチッカチカします。

っていうか、実は国王の墓だったりするからままなりません。

もちろん仏さまもいらっしゃる宮があります。
そちらもしっかりとお参り。日本と同じ仏教のハズなのに
なんでこんなにもきらびやかなんでしょうか。
仏様も派手好きと地味なのといらっしゃるのでしょうか。

090801-05.jpg

ちなみにコレは写真スポットにもなってる、縁の下の
力持ち神様、なんだっけかな。
このポーズで写真撮るのがナウなヤングの定番。


090801-08.jpg

写真は街灯。街灯?
宮廷内のランプです。
この日は冗談じゃなくて晴れてて、ホントに暑かった。
タイの天候の実力をちょっとだけ感じました。

暑い。ザッツ東南アジア。


宮廷を後にして、車で10分弱。
かの有名な、金ピカで寝っ転がってる仏さまのもとへ。

090801-06.jpg

英名がよかった。リクライニングブッティスト。
まぁ、たしかに、そのとおりなんだけど。

090801-07.jpg

リクライニング、だねえ。確かに。
他に言葉はないんだろうか。違和感が。。。


ココで午前の部終了。
近くの大型スーパーに移動、そのレストランで
タイ風しゃぶしゃぶを食。
ああ、でも普通でした。普通のしゃぶしゃぶ。


車は一路、バンコク郊外へ。
途中、昨日買い物をしたロビンソン百貨店にてマンゴーを
購入。なんでも、これから行くマンゴー園にはすでに
マンゴーはなく、収穫済みなのだそうで。
しょーがないんでスーパーで購入したマンゴーを
マンゴー園で食べる、ってんでマンゴー購入。

えーっと、本末転倒って言うような言わないような。


まぁともかく、マンゴーと、僕が好きが龍眼っていう
ライチの親戚みたいな果物も購入。
昨日、パタヤからアユタヤに移動する途中の、路上
マーケットみたいなところで購入したマンゴスチンと
あわせて果物食べまくり、の予定。


ロビンソンからさらに北上。

090801-09.jpg

ホントに一面、二毛作三毛作できるらしい水田地帯を
抜けた先に、そのマンゴー園はありました。


090801-10.jpg

これが妹名義の樹。
3年目に入るらしいけど、けっこう大きいよね。。。


090801-11.jpg

そんでもってこっちが父名義の樹。
こっちもそこそこ育ってます。


090801-12.jpg

いまだ青空。
ギラギラの太陽にぐったり。


ここで、先ほど購入のマンゴーに龍眼、マンゴスチンを
みんなで食。
完熟一歩手前のマンゴーでしたが、濃厚でバターみたいで
大変美味しゅうございました。
マンゴスチン、一日車に揺られてたからか、若干痛んで
しまったものもありましたけど、甘酸っぱくてこれまた
クリーミーで、美味しゅうございました。

なにより龍眼。
社員旅行(なつかしいな、そんなのあったな)でシンガポール
行った時にたべた龍眼が美味しくて美味しくて忘れられなかった
んですが、今回若干甘みが足りないかな?と思ったけどやっぱり
美味しかった。これなんで日本に入ってこないんだろうな。
それともどっかで食べられんのかな。

高級果物になっちゃうかも?


マンゴー園に付随してる沼で魚の養殖もしていて、ガイド
さんが投網で魚を捕まえてみせてくれたり、区切りに
張ってあった網に生ヘビが引っかかっていてびっくりしたり
して、一通り遊んだ後にレストランへ移動。



夕食をしつつタイ古式舞踊を見学。
ちなみに、この旅最後のこの食事にて、ホンモノのトムヤムクンの
辛さというものを知りました。

カ・ラ・イ!

一口くちにすれば唇が腫れ上がり、内臓に直撃する刺激。
そして食道から湧いてくる炎のような感覚。
暑い、ともかく暑い。

噴き出す汗。体中の穴という穴から汗が噴き出してきました。


ザッツトムヤムクン!

今までのが辛くなかったんだね。。。
ごめんよこれが本気なんだね。


七転八倒してたら始まった古式舞踊。

090801-13.jpg

あいかわらずぴかぴかきらきらの衣装に、変な角度で
曲がる指。妹に言わせると、同じアジアなので日本舞踊にも
通じるところがあるんだそうですが、僕にはすっかりさっぱり
わかりませんでした。

んでも、まぁあんな感じでしょう。
なにかしら意味があるんだろうけど、よくわかりません。


090801-14.jpg

最後は、このレストラン専属?のミュージシャンが奏でる
音楽でみんな踊りまくって終了。
結局みんなくったくたになったまま、空港に移動。

ガイドさんとお別れして、今回主催のシャチョさんと一緒に
飛行機に乗って帰国の途へ。


向こうの空港でエアメールを1通出したんですが、果たして
日本に届くんでしょうか、どーだろうね。。。


あ、そうそう。
んで、帰国の機内の話は2日の日記の通りです。
スポンサーサイト

| 今日の日記 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inouemanbou.blog121.fc2.com/tb.php/2771-3c7f4b41

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。