無料アクセス解析
高松うどん梅雨2009 まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高松うどん梅雨2009

朝。
5時に起きて、始発に乗って羽田へ。

浜松町からモノレールに乗るとき、その訃報は届きました。


マイケル・ジャクソンが亡くなった。


これからうどん旅行だって時に、またなんでまた。
ジョン・カビラの声で、絞り出すような声で伝えられたその
ニュースは、しかし飛行機があったので、亡くなったらしい、
っていう中途半端な確認までで終了。
高松着いてからWebで確認、亡くなったことを確認しました。

リングに三沢が立っていないのがおかしいのと同じように、
音楽界にマイケルがいないのか不思議でしょうがない。

音楽は、本人が亡くなっても永遠に残り続けることで生き続ける
とは言われるが、マイケル・ジャクソンという人は、音楽より
ヒトが先行して「生きている」ような気がしません?

あ、なんかよくわかんないこと書いてスミマセン。
さようなら、マイケル。


話を戻して。
7時40分発という飛行機は、やっぱり需要が少ないのか、それとも
出張自体が減ってるのか、飛行機ガラガラ。
絶対ANAは飛ばし損だなと思いつつも、しっかり飲み物は頂いて
1軒目に行く店とか決めてたらあっつうまに9時高松着。
昨日の夜から高速バスで高松入りしていた駿平君と、フェリーで
九州から渡ってこられたせきざきさんが今朝合流していて、
お二人が空港まで出迎えで来てくだすったので僕らも合流。

かくして、波瀾万丈に満ちた旅の始まり。


ところで。
いつもどおりうどん日記は長くなりますので、以下たたんでおきます。


1軒目・田村
空港をぐるっとまわる感じで南からずーんと西へ。池内の手前の
角を右に曲がり、工事中の道路を通り過ぎて陶の交差点。
これも通り過ぎて、ちょいといったところに田村。到着。

さっそく食す。
ただいま高松。

しかし、食べ終わって店出たところでhasizoさんから思わぬ一言。
「なにやら、うどん伸びてたな」
あー。気がつかなかった笑
あまりの感動で、味がわからなかった。残念な僕。あはははは。


2軒目・がもう
本当はスルーするつもりでした。せきざきさんたちは既に行っている
ものと思っていたので。
しかし、まだ行ってないとわかり、旧道の、がもうへつづく橋の
あたりで、運転手のせきざきさんに判断を任せてみました。
つまり、その橋を渡るか渡らないかは「あなた次第です」みたいな。

・・・そりゃ渡りますよね笑
てことで、がもうに到着。んで一玉。しかもあげたて。

はうあうぁうあ。。。おいしくないわけがない。


3軒目・彦江
参加者に「どこに行きたいですか?」とあらかじめ聞いていた中の
一軒、というか、hasizoさんが行ったことがなかったらしい一軒。
まぁ、たしかに彦江の前はスルーしてたもんなぁ、結構な割合で。

てことで、彦江の駐車場探す際に危うく事故りそうになったり
ならなかったりしながら(ちょっと危なかったw)、ようやく駐車場に
停車。
歩いて1分で入店。

ガンガンとうどんがあがっている時間、一玉注文してから
テボで勝手に温め、かけダシかけてネギかけてしょうがのっけて
頂きます。

久しぶりに食べて思ったんですが。
あ、そういえば、彦江はゴリゴリストのお店だったんだなぁ。

ゴリゴリスト、つまり宮武的なゴリゴリとしたうどん。
太めで強いコシのゴリゴリとしたうどん。
でも、東京とかにあるような、ただ固いだけのうどんのことじゃ
ありません。うどんが固いのとコシがあるのとじゃ大違いです。

まぁ、そんなわけで彦江の美味しさの再確認ができて良かった。
心弾んで次のお店へ。


4軒目・松岡
開店時間にあわせて、松岡に引き返してきました。
いろんな意味でただいま、デスw

混んでるかなぁと思いましたが、ちょうどお客さんが出てきた
ところで、僕らだけになった店内。金曜日は空いてて良いわぁ。

店に入る前から、松岡に関しては全員フリーダム、リミッター
解除で好きに注文して思う存分楽しむ、と約束していたので、
思い思いの注文をする僕ら。
ある人はフタ玉、あつとひや。ある人はげそ天をさも当然のように
とる。
僕はといえば、宮武で食べられなくなったこんぶ天をゲッツ。
うどんはひやかけを注文。コシを楽しみつつ冷たいけどすきとおる
ような風味のダシを満喫するコースです。

いただきまごちそうさま、はやっ!
あっというまの出来事。またこれ、こんぶ天が甘くてうめぇんだ。
じっくり味わうはずが、次の瞬間にはうどんとダシがなくなっていた
瞬間移動を体験して退店。ごちそうさまでした。

どうぞ松岡だけは辞めないで下さい。。。


5軒目・谷川製麺所
前回、だったかな。
昼時の谷川で、まさかの寸胴鍋の具を継ぎ足し大作戦に遭遇し、
これはあれだ、開店の良い時間に行くと具が取り放題だじぇい!と
味を占めて、昼時に合わせて行ってみました、谷製。

松岡から東へちょいと移動、空港下を通って空港東から宮脇書店の
交差点を右折しひたすらまっすぐ。
大黒うどん、だったかな?が見えてきたらその手前を右折、する
はずが、気がついたらローソンまで来ちゃったので慌ててUターン
して左折。青いお屋根が見えてきたら谷製到着。

サラリーマンがたくさん居る中をかき分けて、一玉注文して、いざ!
寸胴すくいをしました、が。
・・・具が少なかったorz

あれは、あれかな。土曜日だか日曜日だったからかなぁ。
金曜日は、具の継ぎ足しはなかったんかなぁ。がっかり。。。
大根だけ食べて退店。あ、もちろんうどんは旨かったっすよ。


6軒目・凡蔵
事前に、四国新聞社のWEBサイトで、うどん人気店ランキングを
見ておりました。
新規店開拓も、関東に住んでいる僕らにとってはなかなか難しい
ことなわけで。ランキングに頼らざるを得ないところもあります。
アタリかハズレかは自分で確かめないとね。

ってんで。
ぼんくらという、非常に不安になる店名のお店ですが、人気が
あるらしいというので行ってみました。
僕らにとっては新規店です。

谷製から北上して国道11号に出て、ひたすら丸亀まで西へ。
土器川を渡ってマックの角を左折し、しばらく行った先を再び
左折、目を凝らして探していると、左手の田んぼのまんなかに
みえてきました。


オススメは肉うどん。だったんですが、若干腹がふくれ気味だった
僕は、食欲増進も狙って梅天うどんを注文。

したら。
あーた。

まぁ梅天うどんはいいとして、せきざきさんとhasizoさんが頼んだ
肉うどんの肉!
凄い量もさることながら、肉1枚1枚がめちゃめちゃデカい!
見てるだけでおなかイッパイになりました笑

ひとかけら頂いたんですが、まぁ旨いのなんの。
僕が食べたうどんはどうやら作り置きだったらしくてヘタれてて、
うどんはイマイチかなぁと思ったんですが、この肉うどんのこの
ボリュームなら人気なのもわかる!

と、うどんをなめてかかってましたが。

そしをさんが頼んだぶっかけがちょうどうどん茹でターンだった
らしく、10分ほど待って出てきたんですが、そのうどんが
めーちゃめちゃうめぇのなんの!
ごめんなさい、ナメてましたゴメンナサイ。おうどんも美味しいです。
タイミングが悪いのは僕のせいですごめんなさい。

人数が多いと、あげたてうどんが食べられるかも率が上がって
良いですね。
次回は是非肉うどんを食べようと心に誓いました。


ここで午前の部終了。
ぽかぽか温泉で塩もみして、少しでも腹を減らそうと無駄な努力。
入浴後に青汁を飲んで繊維質を補給、ついでにカリウムで塩分排出。
あまいものは別腹ですのでソフトクリーム一本食べました。うまい。

いつもだとパスカジになりそうですけど、今日は高松に戻り、屋島まで
行って、ショッピングモールのカラオケで2時間カラオケ。
今日は2時間だったので、いきなり飛ばしても大丈夫だろうってんで
かけたり出したり告ったり大変でした。

hasizoさんに頂いたエロ歌マイスターの称号、これから育てていきたいと
思います笑

違うんだ、僕がエロいんじゃないんだ、歌う歌がエロいんだ。
(苦しい言い訳)


(夜の部)7軒目・山田家
カラオケでバナナシェイクを飲み、腸の調子も絶好調になってきたところで
わら家!と思ったんですが。カラオケ終わった時点でわら家の閉店時間に
なってしまってました。
ということで、わら家の次にと考えていた山田家にて夕食。

夏限定!という文字に引かれて冷やしを食べたんですが。

あー、うめー。
山田家、うめー。

つけダシにも妥協しない丁寧な仕事。
つやつやのうどんが次から次からあたしの胃袋に吸い込まれていきます。
このロケーションも含めて、1,000円しないんだもんなぁ。
ありがたいありがたい。

ごちそうさまでした。


8軒目・五右衛門
ホテルにチェックインして、小休憩を挟んだのち、ロビー集合して
いざ五右衛門。

前回はハバネロを頼んで、めっさ辛くて泣きながら食べたのを覚えてます。
てことで、今回はハバネロチーズにして食べました。

チーズが辛さを少し和らげてくれて、ぴりっとしながらも泣くことはなく完食。
したのはいいけど。

・・・腹が重いw

ホントは鶴丸かこんぴらうどんを、と考えてましたけど、今日はコレにて
終演。また明日~。
スポンサーサイト



| うどん日記 | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inouemanbou.blog121.fc2.com/tb.php/2704-dfc95b8e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT