無料アクセス解析
2008しっぽくまみれ・第1日 まんぼう亭新漫画乱読日記

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2008しっぽくまみれ・第1日

始発に乗るべく朝5時に起き、荷物を抱えてチャリンコにて駅へ。
思っていたほど寒くはないけど、マスクがないと気管がつらいくらいの外気。

そしてちょっとノドが痛い。もしかして風邪?なんてこった。ちぇ。
まぁともあれ羽田に7時前には到着。すでにそしをさんは、いつものコーヒーショップに
着いてました。早いw

ほどなくhasizoさんも来られて、東京組はこの3名。
羽田発がいつもよりちょっと早かったので、さっさとチェックインして移動。
びゅんと飛んで、乱気流に揉まれてやや飛行機は揺れたけど、ほどなく高松到着。


ただいま。


1杯目・田村
空港でせきざきさんと合流。
外はすごい雨。おいおい、小雨って聴いてたんですけど。

空港をぐるっと回り込み、国道を西へ。
池内へ繋がる交差点を右折してまっすぐ進み、陶の交差点を通り過ぎればそこは田村。

変わらず。
なにも変わらず美味い。


2杯目・がもう
田村を後に、北へ。
突き当たりを左折、やがて国道に繋がる橋を渡り、その先のローソンのわきを過ぎれば
がもうに到着。

外はいまだに雨。やや小雨。

金曜日の朝でも油断ならないのががもう、なわけですが、さすがに雨ってこともあって
お客さんが並んでません。

実はせきざきさんは空港に来る前にココで小エビ天ぷらと一玉をたいらげていたんですが
せきざきさんのとっておきの一軒であるところのココは、なんぼでも食べられるらしく、
今回は大エビの天ぷらをのせて一玉。恐るべし。

ひるがえって僕は一玉のみを食べました。

なにもかわらない、不変のうまさ、がもう。


3杯目・讃岐製麺所
以前ここに来たときは、ちょっと時間を外してしまいあんまり印象に残っていなかった
ココなんですが、夏のうどんでココを再訪したそしをさんが、ちょうど良い時間に
食べて衝撃を受けた、という話をされまして。
ということで、今回は開店と同時に飛び込もうと来たわけです。

さて、勢いありすぎて開店前に到着してしまい、10分ほど待ちまして。
まだうどんは茹で上がってなかったけど、お店に入れさせて頂きました。
すんません。

うどんが右から左へあがっていくのと同時に、私とそしをさんは細いの、hasizoさんと
せきざきさんは太いのを頂きます。

ずるっ

たまげた。まじうまい。

あげたては最強というのは揺るがない。
うどん屋が美味いか不味いかってのは、製麺所みたいなところは今回みたいに
開店と同時に入って初めて評価出来るのかもしれない。

そう思った。マジ美味い。

ココのダシには天かすがよく合うなぁと思ったのもまた今日の収穫。

食器戻すとき「お待たせしてごめんなさいねー」って女将さんに言われたので
「とんでもないこちらこそごめんなさい」、なんて訳のわからないことを言いました。
わはは。


4杯目・清水屋
上戸やSIRAKAWA、白川同様にここもまた成長し続けていますぜぃとはそしをさん談。
てことで、善通寺に抜けいざ行かん清水屋。

この後のスケジュールの都合上、せきざきさんとそしをさんはココをスルーして、
hasizoさんと一緒に入店。
あいかわらず美人の女将さんに注文を告げて、待つことしばし。かけ一玉。
と、目の前に広がる天ぷら群にれんこん天を見つけてしまいました。

あぁ・・・食べ歩きでは禁断の・・・天ぷらに・・・
手が行ってしまい、れんこん天もゲット。頂きます。

ずびびび。

あで。
ちょっとダシがカラいかも。しょっぺ。

あぁでも、うどんはなるほど、うめぇ。
新四天王の中では一番太いかもしれません。でもごつくない、やわらかい。

うんまい。
けどしょっぱかった。うーむ。


5杯目・宮川製麺所(あたしはスルー)


6杯目・橋村製麺所
夏の旅行、そしをさんとせきざきさんのコンビで回ったうちの1軒で、ココは
なかなかの怪しい立地&うまいうどん、ってことで今回も突撃。
僕にとっては初めまして。この度初めての新規。

宮川から国道をひたすら南下。
琴平から枝分かれしてもさらに南下。
やまうちから出てきてぶつかる場所も通り越してさらに南下。
こんなにこの道を南下したことは初めて。

ちょいとわかりにくいところを右折してまっすぐ行けば、財田の役場が見えてくる
ので、そこで駐車。目の前に見える文字、橋村製麺所。

だけど、その建物の入り口はフェイク。ホントの入り口はその奥の建物。
店内には、後番のお昼ご飯中とおぼしきおじさまがたが、結構な量のうどんをずるずる、
片手には揚げたてとおぼしきてんぷらを持ち、途中でまぐまぐ。

そして店内に広がる天ぷら油の香ばしい香り。
ここはてんぷらを注文すると揚げたてを出してくれるんです。
フライヤーが常に稼働していて、げそ!とかいうとあげてくれるんですよ。

なんですが。

このあともあるので泣く泣く、ほんと泣く泣くかけを1杯注文。

おかみさん「これかけるとおいしいよ、ちょっとだけかけてみてー」
いうて勧めてくれたのが、とうがらしのきざんだの。
そうですかーってことで、スプーン1杯分をかけてみた。


CM「スプーン1杯で、驚きの辛さに!」

マジ辛い。
ひー吹くかと思った。マジ辛い。
ホントに、茶さじ1杯分なんですよ、でも辛い。
またダシに溶け込んでめっちゃ辛い。辛いんだけど。

うどんがマジで美味い。
ちょっと太めで、だけどけっしてごつくなく、自己主張しないうどん。
ていうかマジ美味い。困ったことに美味い。

困った。また来よう。


7杯目・SIRAKAWA(僕はスルー)


8杯目・かじまや
なぜSIRAKAWAをスルーしたかと言えば、ちょー久しぶりにかじまやで釜揚げを
食べたかったから。

てことで、期待たっぷりにかじまやに。そしをさんとともに入店。

空いてます。座り放題。
で、おもわずおでんのなかからすじ肉をぽぽいっと取ってしまいました。
ぱく。とろ。あら、筋がほどけてお口の中で消えちゃった笑

ほどなく釜揚げが登場。
観音寺全般でお馴染みの、ちょっと甘めで濃いめのしょうゆで作られたつけダシに
ちょちょいっとつけて、入れ放題のうずらを入れて気味をさっと壊し、気味の間を
くぐらせるようにうどんをすすりあげる。


ごふっ

うんめえ。


釜揚げなのにこのコシ。
甘めで、ごくごくは飲めないけど揚げたてでしょっぺぇうどんによく絡まって、
ちょうどいい味。美味い。あぁ、うまい。

ここはそしをさんの絶対の1軒。こういうお店は必要です。
ちなみに僕は松岡なんですが、あそこは御聖堂に近いなw


インターバル・丸亀ぽかぽか温泉
いつものぽかぽか温泉でぽかぽかする。
朝の、ちょっとノド痛はマジでノド痛になっちゃって。
これは!ってんで、サウナに入ったりバブルジェットに浸かったりして、十二分に
暖まり、蒸気を吸ってノドをいたわる。


9杯目・山田家
今回の、僕の最大の目的はこれ。
山田家のしっぽくうどんを食べる。
平日にしか食べられないそれは、去年仕事で食べられなかった代物。
これがどえりゃーうめぇって、それはそれは何度も何度も聞かされていたので、
そのたびに悔しくて悲しくて寂しかったわけです。

今日は、今日こそは喰ってやります。
この瞬間のために、そこそこスルーしていたわけだからね!


さて到着。
相変わらず、その荘厳な佇まい。
中に入っても豪華な作りは変わらず、座敷に上がり待つことしばし。

来た。しっぽく。

食べた、しっぽく。


は、はわわわああはわわー。
うんめぇえ。

ともかく具だくさん。
鶏肉やらかまぼこやら、大根人参里芋やらなんからかんやら、揚げも入ってるし
ともかく具がすんげぇ多種入ってます。
これがまた全部ダシに味がでていて、複雑なんだけど芳醇なかおりのおダシ。

あぁうまい。なるほどうまい。
うまいしか書いてないけど、マジで美味い。

あっつうまに完食してしまう。このダシに米をぶち込んで雑炊にしたい。
そんなことしたら後が入らないのでしないけど。

既に外は夜なんだけど、ここで昼の部は終了。
ホテルにチェックインして、休憩してからロビーに集まって夜の部。
なんだけど。集合時間に寝坊してしまいましたごめんなさい。寝ちゃった。


夜の部
10杯目・五右衛門
寝ぼけ眼でハバネロカレーを注文する。
ハバネロカレーっていっても大したことなかったもんなー、と思って一口食べて
目が覚めた。

マジ辛い。

そか、思い出した。
この前おいしく食べたのは、ハバネロ“チーズ”カレーだった。
チーズが入っただけで辛さがまろやかさをまとうのだ。
チーズが入るか入らないかで、こんなにも違うのか。マジで辛い。


すっかり目が覚めました。
ついでに、食堂から胃にかけてものすごく熱いです。


11杯目・こんぴらうどん
五右衛門を出てライオン通りを左に曲がり、すぐにあるこんぴらうどん。
ココにはデフォルトでしっぽくがある、んですが、今回のルールを破ってしまった。
喰いきれないと判断して細切りざるうどんを食べた。

細切りでざる。マジ美味い。


初日から、思った以上によく食べました。
明日は、冒険。東讃の旅へと出発です。



スポンサーサイト

| うどん日記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inouemanbou.blog121.fc2.com/tb.php/2469-6f1dd844

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。