無料アクセス解析
紅の革命 まんぼう亭新漫画乱読日記

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紅の革命

奴はまた現れた。

奴は、漆黒のマントを悠然と旗めかせ、まるで当然という風体で僕らの前に現れた。




奴は前日にも現れていた。
寝苦しい夜に少しでも涼しい思いをしたくてか、昨日は褐色のマントを纏って。

僕は戦った。

奴らに怯えながら、奴らの足音に怯えながら眠りにつくなんて出来そうもなかった。
だから戦った。自由を求めてトリガーを弾いたのだ。

けれども、奴はそんなのをもろともせずに、右へ左へと避けてみせた。

戦いは一進一退の攻防だった。
退路を絶ったつもりが、平然とその退路を駆け巡り、進路を塞ごうとすれば
進まない。

僕は、次第に奴の強さに畏れを感じ始めた。
今、このトリガーが効かないとあれば、それは肉弾戦を意味する。
しかし、僕は肉弾戦には弱いのだ。

奴の驚異的な運動能力は知っている。しかも、よしんば戦いに勝ったとしても、僕には精神的ダメージが残るのだ。


ソレハデキレバサケタイ。


僕は再びトリガーを弾いた。
弾く力が、殺る力に比例しないことを知りつつも、必然、指に力が入った。


手に汗を感じ、辺りが硝煙で真っ白になった頃、コロンという音が聞こえた。

煙りが消えた、その先を見ると、奴がバタバタと音をたてて
のたうち回っていた。

やがて、静寂が訪れる。
僕は戦いに、勝った。


だが。


今日も奴は再び現れたのだ。


僕は驚愕した。

今まで、2日連続で奴に出くわしたことはあまり記憶にないからだ。
しかも、昨日の奴よりもガタイがデカい。強靱、という言葉が浮かぶ。

僕は再び武器を構え、昨日より強めにトリガーを弾いた。
早くこの悪夢が過ぎ去ってくれることをひたすらに祈りつつ。


漆黒のマントを纏った奴は、今日もまた右へ左へと華麗に飛び回った。
だが、奴は少し踊りすぎたらしい。すぐさま煙の餌食となり、バタバタと
けたたましい断末魔をあげて息絶えた。

戦いはあっけなく終わった。
しかし、今日の戦いで僕は固い決心をしたのだ。


世界を、革命する力を。(川上とも子風に)


そして僕は、木曜の朝に薬局に走った。
世界を革命する力を求めて。


バルサン。紅い処刑マシーン。。。
僕はこの紅い処刑マシーンで、奴らを一網打尽にする。
毒ガス、もとい殺虫剤を家中に置きまくって、焚きまくって、バンブー
ブレードよろしく家中を煙りまみれにして、奴ら黒羽茶羽赤羽どもを
一網打尽にしてくれるのだ!


ゴキブリなんて、だいっきらいなんだから!!



スポンサーサイト

| 今日の日記 | 19:44 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

・・・

おそろしすぎる・・・

| ハウステン | 2008/07/18 23:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inouemanbou.blog121.fc2.com/tb.php/2246-91fe11f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。