無料アクセス解析
『林檎も匂わない』/あすなひろし,ビームスコミックス文庫 まんぼう亭新漫画乱読日記

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『林檎も匂わない』/あすなひろし,ビームスコミックス文庫

せっかく書いたのに・・・
【公開する】ボタンを押したら、JCOMがメンテでネットに繋がらなくて
書いた文章全部ぶっ飛んだよ・・・
メンテのメールはちゃんと読もうね>俺


えーっと。
んで何書いてたんだっけなぁ。。。

まぁともかく、すごい1冊でした。圧倒されっぱなしの1冊でした。


社会風刺・SF・ファンタジー・ハードボイルド・カバー作品・戦争。
これだけ多岐にわたると、ともするとどれかがぼやけてしまいがちになるけれど、
これがまた、どれもがぼやけるどころか光り輝いてる。

特に、諸手を挙げて泣けたのが、SFの「300,000Km./sec.」。
一回読んだだけでは「?」だったんだけど、もう一度丁寧に読み直してみて「!」に
なった瞬間、涙が溢れてきた。
この手の話だとトップをねらえ!が思い出されるけど、少なくてもあの時よりも
泣けた。
この衝撃は、久しぶりだった。

カバー作品、O・ヘンリーの「さいごの一葉」。
短篇なんだけど、ただじゃカバーしないのがあすななのだと実感。


んで、何よりも衝撃的だったのが戦争をテーマにした漫画3編。
「山ゆかば」では、「戦争」と戦う兄弟がコミカルに、それでもどこかで見え隠れする
「悲惨さ」や「残酷さ」を、最後の最後、1発の原爆とともに描ききった作品。

「歌を消す者」も、繊細に詳細に、丁寧に丁寧に描かれた老夫婦の最期を、壮絶な最期を
戦争の残酷さを、無念さを最後の一線まで描いた作品。

表題作で遺作「林檎も匂わない」では、背筋が寒くなるほどに悲しく、猛烈な虚脱感に
襲われる作品。SFとも見事に融合されていて、より一層に悲壮感が増している。
最後の最後まで,ネームが線が悲しみに包まれている。


まぁともかくも、それまで読んでいた『青い空を~』や、『いつも~』とは明らかに
一線を画している作品群に度肝を抜かれまして。
読み方の順番としては最高だったなと思った次第です。

あー、読んでおいて良かった。
本当に、あの時書店で手にとって良かった。
そう思える、あすなひろし先生との出会いでした。

出来れば、ご存命のあいだに知りたかった作家でした。



スポンサーサイト

| 今日の日記 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inouemanbou.blog121.fc2.com/tb.php/2198-783c40bb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。