無料アクセス解析
『緑野原幻想』/星野架名,白泉社文庫 まんぼう亭新漫画乱読日記

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『緑野原幻想』/星野架名,白泉社文庫

「少年」にひどいめにあわされたので、この「幻想」も手痛い目にあうのではないかと
心配していたんです。が。

あら拍子抜け、意外と普通に読めた。

まだ煮詰まってない頃の初期の作品、だからなのか、それとも第1集ってことで
比較的わかりやすい作品が集まっていたからなのか、普通に読みやすかった。
途中からは平成にはいってからの作品もあって、いままでペンで陰やら何やらを
表現していた部分がいきなりトーンに変わっていたり、巻末の書き下ろしに至っては
ややこしそうな話が実にスッキリとまとまっていて、逆に好感すら覚えたんだから
緑野原少年は「どんだけー」だったかがよくわかります。

幻想みたいな話なら、よめるぞ!w


まぁそれにしても、SFはやっぱりそれなりにハッタリが効いてないと面白くないし
説得力がないんだよね。
ありえな理論をあたかも理論として整然と、ナニも悪いところなんてありませんよ的に
大見得をきって語りきらないとダメなんだろうなぁ。


まぁ、でも巻末に好感を覚えてしまったので良しとしますか。
(どんだけ上から目線なんだ笑)



スポンサーサイト

| 漫画文庫感想文 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inouemanbou.blog121.fc2.com/tb.php/2180-562c388c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。