無料アクセス解析
高松しっぽくの旅2007~しっぽく求めて三千里 まんぼう亭新漫画乱読日記

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高松しっぽくの旅2007~しっぽく求めて三千里

朝起きたら電王。
そろそろ最終回も近くて。


1軒目・マルタニ製麺
で、8時半にホテルをチェックアウトして、栗林トンネルから32号へ。
そのままパチンコロッキー(解体作業中。ええ、解体中でした。残念。
いい目印だったのに・・・)を左手にみながら、大きな交差点を左折。
そのまましばらくまっすぐ行くとガソリンスタンドが見えてきて、その裏がマルタニです。

店に入って、かけにしようか迷いましたがココはしっぽくの旅らしくかやくを選択。
ややあってでてきたうどん、かまぼこ2枚に厚揚げにネギと、なかなかしっぽく的な
できあがり。根菜類ないけどね(それじゃだめじゃん)。

いつも思うのは、やっぱり田村神社で食べるよりは断然美味い。
あっちいくまでにヘタレる分こっちだとまだ生き生きしているとでも言えばいいでしょうか。
ゴリゴリとしたコシではないけれど、朝イチに食べるにはさか枝的に優しくてつるっと食べられる
うどん。ごちそうさま。


2軒目・赤坂
マルタニの前の道を西へ進めば国道32号に戻る。
それをさらに西へ。

時刻が少し早かったため、松岡前に1軒、ということで赤坂に進路をとる。

32号の陶の交差点を手前に左折。
まっすぐ行けば「赤坂うどん ココだよ!」の看板が。
大きめの車だとキツい細い曲がり角も、今回みたいな小さな車(ちなみにホンダのフィットでした)
なら楽々曲がれる。

駐車場に車を止めると、ハチクロのリーダーくらいの大きさの白い犬がやっぱりいました。

そしをさんの命名で「お父さん」に決定。ソフトバンクのCFのお父さんにそっくりです。
あれより大きいけど。

お父さん、お客さん見ると暴れます、興奮してますw


ともあれ、とりあえずうどんを食べねば。
先に熱いの冷たいのを決めて、入店。お久しぶりですおばあちゃん。

まんぼう「熱いのと冷たいの2つずつ下さい」
おばあ「あ~いよ、あーついんとつめたーいんとふーたつーずつー」
そしを「あ、んで全部ダシでおねがいします」
おばあ「あ~いよ、ぜーんぶダーシ」

いつもの名調子、すぐさま冷たいんのは器にのってでてきまして、この時期には冷蔵庫に
入れて無くても十分冷えてるダシをだばだばとぶっかける。
これぶっかけちゃうんかいなw

ほいで、ぬくめたうどんにもすぐにかけだしがかかってでてきました。

おばあ「ネギーをちょんちょんとじーぶんできーってなー」

あいあい。切ってます。


さて。
ここでいつもと違う展開。


にらたま「あ、おばあちゃん、この前撮って貰った写真ありますよ」
そしを「ほんとだー」
おばあ「おおぅ、この前きてくれたんなー」

そう。
実は、ここでおみやげうどんを買うとおばあに写真を撮って貰えるシステムなるものが
ありまして、前回(今年の初回)に来たときにおみやげを購入していたにらたま君は、どこの
誰かが作った王冠を頭に乗せた写真を撮ってもらっていたんですな。あはは。


にらたま「ありがとうございますー」
おばあ「んなら、ホントはおみやげかってもらわな撮らんのやけど、せっかくだから外で撮ろかー」


やりました!
今年ついに、おばあといっしょに外の看板んところで一緒に写真を撮りました!

あたしのカメラでも撮ったんですけど、自分は写ってません。
けど、おばあのインスタントカメラにはあたし写ってますw

いずれ赤坂に行くことがあったら、是非写真を見てみて下さい。
男4人で看板の前で写ってる写真、日付が2007年12月9日だったら、僕らかもしれません。


あ。
ちなみに。

赤坂の大将は、今日は静かにうどんを踏んでました。
最近、行くとよく若い者やらとうどん談義に花咲かせていたからな。


外のお父さん(犬です、犬)に挨拶して、おばあにも手を振って店を後に。


そしを「んで、あそこのおとんはあの白い犬なんだよな」
まんぼう「し、しつれいなっ笑」
そしを「んで、みんなに『かわいー』って言われて『あ、そうですか』って照れて、
おばあちゃんに叱られるんだよな」
まんぼう「んじゃ大将はなんですか!」
そしを「・・・大将がペッ(以下略)」


3軒目・松岡
それでも時間がありまして。

陶の交差点からさらに西へ。
道の駅が見えてきたら、そこに入っちゃって車を止めちゃいました。
松岡開店までまだ30分もある、てことで、道の駅滝宮で時間を潰しつつ歩いて松岡に行くことに。

壺王さんが『揚げ鯛焼き』なるものを購入し、うまいうまい、でもこの後ツラいかも、
みたいな話をしながら松岡に移動。
開店時間直後にもかかわらず、店には客がいっぱい。すげw


ええ、もちろん。

しっぽくですよ、僕は。


まんぼう「しっぽくの小で」
女将さん「はいー」

すぐに出てきた、しっぽく小。見るからに美味そう。
みんなが席に着くのも待てず、とりあえずいただきます。


ダシをすする。
気が遠くなる。

うまい、うますぎる。


根菜の味が染み出して、まさに滋味そのものというそのダシ。
清んでいるのに深みがあって、めっさうまい。ああうまい。

うどんをすする。
気が遠くなる。

うまい、うますぎる。


ぬくめてあるのにしっかりとしたコシ。
宮武系のしっかりとしたうどん、なのにしっぽくをまとうと優しささえ感じられる。

ひいき目にみてますけど、みて無くてもこのうどんは美味い。

気がついたら無くなってた。
おかしい。もういっぱい、と言いたくなってきた。
我慢したけど。


ふと反対側の席をみれば、やはり魂が遠くへ飛んで行ってるにらたま君。
うまいよなー、うますぎるよなー。

みんなが気絶しそうな所をようやく退店。

大将、また来ます。


4軒目・谷川製麺所
国道32号を東に行く、と見せかけて西へ。

377号と合流するところで進路を南にとり、そのまま国道沿いにすすんで空港前に。
それも通り過ぎて空港通りに戻ったら北上、すぐ右手に見えてくる宮脇書店を右折。
まーーーっすぐ、大きなかき揚げでお馴染みのもり家も通り過ぎ、やがて県道を北に
向かいだしたら、ローソンの手前の信号のない交差点を右折。

まっすぐ行けばやがて見えてくる、橋と青い王冠風の屋根の店、谷川製麺所。


谷川製麺所には、しょっちゅう行ってます。
昔の日記を見て貰えばわかりますが、だいたいここに来てもり家で締める感じですね。

けど、この時期はあのずんどうから具を掬えばもれなくしっぽくになるのでは?しかも
午前中のまだ具がたくさん有る(であろう)時間に来れば掬い放題なのでは?
という浅はかな考えのもと、うどんナビの私の勝手なナビで来た次第。


結果は?
大当たり、と言っていいのではないでしょうか。

開店時間前なのに既に開店、しかもお客が帰ってるっていう状況でしたけど、寸胴には予想通り
何かの肉っぽいものすら入っている。こ、これはっっ
いつもはようやくすくえる程度の茄子とか大根のカケラとかだったのにもかかわらず、今日は
ふいっと掬えば具がお玉に入ってる!

当たり?じゃね?詳細はわからないけどw

ともあれ、たーっぷり(とすくったつもりでしたけど、別のお父さんはもっと山盛りの具になって
てプロにはまだまだ道が遠く険しいと悟ったりもしました)と具を乗せた谷製のうどんは初めて。
ためしに、すっかりダシ色に染まった大根を食べてみる。


うめー。

他よりちょいと濃いめのダシ。
そのダシがよーけ浸みてるお大根、これが美味いの美味くないの。美味いんだけど。
気がついたら食べ終わってました。

そしを「午前中の谷製は半端ないな!」
まんぼう「これは得した気分でしたねー」

午前中の谷製、あなどりがたし・・・


5軒目・金原
この旅行初めての新規店。
いや、新規いうてもこの店自体は昔からあったんだけど。
ついでに、昔1回見に来たこともありました。


谷製からだとだーっと北上して国道11号に戻り、フェリー通り?だったかな?を右折して北上、
マルナカだかが見えてきたらその手前の信号を左折したら黄色い建物が見えてきて、それが
金原、わかめうどんのお店です。


わかめうどん、と聞いて、普通思い浮かべるのは「わかめたっぷり入ったうどん」です。

が。

金原はもう一ひねりあります。

つまり、うどんを打つときにわかめを練り込んである、わかめうどん、なのです。

ですので、もちろん麺は緑色。つなぎはどうなってるんだかさっぱり分かりませんが、ともかく
みどりいろのうどんです。しかも細切り。

しかも!
今日は柚を練り込んだゆずうどんなるものも選べました。

ちなみに!
他にも紅芋うどんの日もあったりします。

もちろん!
ゆずうどんは若干黄色のうどん、紅芋うどんは紫色のうどんでしたよ。


さて。
ここにはわかめうどんなのに「しっぽく」があります。
ってことで、もちろんしっぽく注文。


ややまって出てきたうどん、見た目はしっぽく。しかも里芋ゴロゴロ。
いもを動かせば人参大根の根菜オンパレード。おあげも入ってるし、しっぽくだねぇ。

で。
肝心のうどんは、というと。
箸でもちあげてみました。

ぐはっ
緑だっ!

まさにわかめうどん。
みどりに耀くその麺。とりあえずひとすすりしてみました。

・・・わ、わかめや。
この麺は海のアロマテラピーやー!(意味不明)

おどろきました。
ダシをすすっていりこのかおりにたまげたことはあっても、まさか麺をすすって海の香りを
感じられるとはおもわなんだ。正直ビックリ。しかも美味くて(コシがしっかり)二度ビックリ。

ダシ。わかめのほのかな香りが移りつつも、根菜類のこれでもかっていう滋味がしみだして
いて、これまたたまらん。うまい。
根菜からだけでなくうどんからもダシがでて(訳分からんw)よくわからんハーモニーが奏で
られている。

むふぅ、不思議なうどんだ。美味いから何でも良いけど。


ややあって、にらたま君が注文したゆずめんが登場。かけ。
一本貰ってみた。

うほー!
この麺は冬至の風呂場のアロマテラピーやー!(支離滅裂)

うどんの器からほんのり芳るゆずのかおり、これは確実にうどんからのもの。
うどんをすする、強烈なゆずの香り、ぐはったまらんっしかもうまいっ!


もうなんだか、たまらんたまらんいうてますが、ホントにたまりません。
驚きと嬉しさがぐるぐるめぐって、結論、美味い。また来たい。
今度は・・・紅芋うどん喰いたいな。


6軒目・大円
さすがに駆けつけ何杯?だかで、ノックダウン。
とりあえず車内で話題になった中古ゲーム(なんだっけ、クロックタワーだっけ?)を探しに
国道11号沿いに進んだり戻ったりして、さらに屋島の近くのショッピングモールに行って
暇を潰す、つもりが、ゲーセンのスロット、そしをさんが大当たり。
そんなこんなで、結局店を出たのが2時半過ぎ。腹もちょうど良い具合に減ってきたので。

いざ。
ぶっかけの大円です。

店に入って目に入ったモノを注文。

まんぼう「すんません、しっぽくください」

・・・ぶっかけでお馴染みの大円でしっぽくを頼むオレ。あははははは。
でも、ぶっかけのゴリコシがしっぽくでヒタヒタしてると、僕にとってはちょうど良い
コシなんですよ、ホントに。

根菜類にしいたけ、他より気持ちしっかりした感じのダシ。
いつもはぶっかけでひぃひぃ言ってたうどんも、温められてダシも絡んでちょーいー
かんじー(おしりかじり虫風)

向かいに座ったにらたま君が注文したのがしっぽくカレーうどん。
これまた、香りが食欲をそそり、ちょいピリでさらに食欲をそそられ、一口食べれば
ずるずるる~っと言ってしまいそうな味。
き、危険だ・・・しっぽくにカレーは反則だ。


てなことで。
しっぽく何杯食べたかね、あたし。
なんか、すげぇ食べた気がする。ごちそうさまでした。


そのまま給油してから空港へ。
17時の便で帰りましたとさ。

来年は別の予定があって来られるかどうかわからんけど、でも冬は来たいなぁ。
しっぽく喰いに。



スポンサーサイト

| うどん日記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inouemanbou.blog121.fc2.com/tb.php/1995-dc5ddb15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。