無料アクセス解析
うどんぞめ2007・2日目(しょの1) まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

うどんぞめ2007・2日目(しょの1)

朝。
ケータイの目覚ましの音。
うむ、おいらのじゃない。

主はにらたま君、とそしをさん。

あ~、そういや中西に行くって言ってたなぁ。
行ってらっしゃい、ぼくは寝てます。。。zzz。


それから約2時間、7時。
あたしのケータイが「らきすた」を奏でて、すがすがしく(笑)お目覚め。

・・・あで?
なんで二人ともいるの?

なんでも、めんどくさくなったらしいw
ってことで、みんなで朝ご飯。そして今日は遠征です。


1軒目・さか枝
もうお馴染みですね。いまさら何を説明することがありましょうや。

7時には目が覚めていたので、8時前には出発。
車を駆って県庁をぐるっと回って、その先の薬局の前を右折、と、目の前に
「さか枝専用駐車場」の文字発見!出来たのか?もとからあったっけ?
ともあれ、いつもはコインパーキングにいつもいれてましたけど、
今朝はココに入れさせて貰いました。

入店&かけ小を注文。すぐに一玉出てくるので、これをカウンターでテボで温めて
ネギのせて揚げ玉のせてしょうがのせてタンクのコックをひねってダシかけて
イスに座っていただきますごちそうさま。瞬殺。


2軒目・宮武(僕はスルー)
時間はまだ8時ちょっと過ぎ。
いかな遠征とはいえ、道久の開店は9時半、早すぎです。

ということで、高松市内を東に、いつものセルフ式のガソリンスタンドで給油。
その後、南下して高松中央より高速にのって一路西へ。

あ。
雨が降ってきた。それもかな~~り強い雨。うわぁ、大丈夫か?

・・・てなのは坂出を過ぎたあたりで杞憂のものに。
丸亀に入ったら晴れました。狭い香川でこの天気の変わりようw


三豊鳥坂インターが果たして開所しているのかどうか分からなかったので、その手前の
善通寺インターから降りて、国道139号を南へ。
琴平の文字が見えてきたら左折してちょいと行けば宮武です。

とはいえ。
このあと新規店が控えてることを逆算したらば僕はスルー。
宮武を目の前でスルーですよ。僕も大人になったものです。そういうもんか?w


3軒目・道久製麺所
宮武を後に、もと来た道を戻り、国道11号をひたすら西へ。
やがて県道とぶつかったら右折して、ぐにゅぐにゅ山道をこえて詫間に到着。
線路をくぐった先を左折して、突き当たりまで行けば道久製麺所です。

ここは製麺所なので、器を持って行かないと食べられません。
てなことで、高速乗る前に仕入れていた器を持って入店。

冷たいのと温かいの2玉頼んだら、温かいのは今茹でてるのがあるよ~とのこと。
女将さん、ナイスアドバイスです!
ってことで、待つことしばし、かまあげうどんを貰っちゃいました笑

前回、ホテルの冷蔵庫に忘れてきて号泣したのも記憶にあたらしい、うどん棒のダシ醤油を
今回はちゃんと持ってきてまして。
紙の器に入れて貰ったツヤツヤのうどんに、うどん棒のダシ醤油をちゃちゃっとかけて
頂きます。

ちゅるっちゅるるる。。。

もきゃ=!!
これがまたうめぇのうまくないの、いや美味いんだけど。
道久のうどんは製麺所ならではのものごっつゴリゴリの力強い中太麺。
まぁゆがいてから各所に納品されるわけですから、食べる頃にはその強いコシが
ちょうど良い具合になるんでしょうけどね。
僕らはなにせ出来たてを食べるわけですから、すんげぇ強コシのものを頂いてるわけです。

それがね。
その釜揚げのは、力強さもさることながら、優しさを感じたわけですよ。
力強くて気は優しい、お前は戦隊モノのヒーローか!ってなうどんなわけですよ。

冷たくしめたうどんは、いつもの気も強いし力持ちみたいなうどん。これはこれで美味しい。
けど、今回のヒットはかまあげです。

次回の宿題。
器を持って行って、たまごをちゃっちゃしながら釜揚げ貰って、うどん棒のダシ醤油。
究極のメニューにのせてください、山岡さん。


4軒目・つるや
あまりの感動で放心状態の僕ら。
おもわず、次の新規店までの道のナビを忘れてましたw

せきざき「次どっち?」
まんぼう「・・・んあ、ああそうか、次でしたね」

てなわけで、県道を南下、ぐにぐに右に左に曲がって観音寺市街地を通り過ぎて、
予讃線を渡ってすぐを右折。ちょっと行くと到着です。ぼくらの新規店です。


お店に入るとそこそこな混み具合。
わりと開店時間から浅いのにこんなにこんでるのかぁ、期待値アップ。
奥の座敷に陣取って、僕はかけ、そしをさんはざる、せきざきさんとにらたま君が
黄金うどん。黄金うどんってつまりかまたまなわけですけど。

おばちゃんに注文を告げると、水持ってきてくれました。
んけど、いやにつっけんどんな対応。

ややあって、ざる登場。つづけてかけ。
おばちゃん、器の置き方が雑。ドンってなもんで置いていきます。
なんか嫌な感じ。。。

最後に釜揚げの黄金うどんが登場。
おばちゃん、今度は器を置くか置かないかであさっての方向を向いてます。
っていうか、別のお客さんの注文を聞こうとしています。
ほんとに嫌な感じ。。。


だぁがしかぁああし!!

この嫌な感じは次の一言で覆されました。
新しいお客さん、親子連れだったんですが、これが入ってきて座敷に座り、
まぁおばちゃんはそっちの方を向いていたわけですが。

おばちゃん@にこやかに「いらっしゃ~い、今日は何にするん?いつものか?」


食べ終わってお勘定払うにも、おばちゃんは素っ気ない態度。
しかし駐車場に着いてみんなが発した言葉。


4人「ツンデレキタ======!!!」


これをツンデレと言わずして何をツンデレと言いましょうや。
つまり、一見さんの、なんだかみんなバラバラに適当に注文するような素人の
うどん食べ歩きするような客にはツンとした態度。
これが常連さんになるととたんに柔らかな態度。うっは=!!ツンデレだ==!!

リアルツンデレを堪能しました。


あ、ちなみに。
っていうか、ちなみにもなにも、うどんは激ウマ!
特に、かまたまを黄金うどんなんて言うだけあってかまたまは最高でした。

せきざきさんとにらたま君曰く、山越を超えた、と。

うどんは中太~中細くらいの、まぁ中くらいの太さ。
ただコシはゴリゴリよりもプリプリで、これがかまたまになるとよりいっそう
ぷりんぷりんな食感に発展。
かけも柔らかいかなぁ~と思いきやしっかりコシがあって、うめぇうどんです。
ダシは、いりこよりは削り節が効いてる気がしました。


まぁなんにしても、おばちゃんのツンデレっぷりに当てられてしまい、いろんな意味で
大満足でした。
ここはあれだ、また来よう。


5軒目・橙家
いろんな意味でおなか一杯になって、またナビを忘れました。
観音寺市街地かるく一周しちゃいましたすみませんw

財田川沿いに北上してさっき来た道をそのまま戻り、再び詫間へ。
瀬戸内海にぶち当たったら左折して、右手に「はすい亭」が見えてきたら、その1つ手前に
「橙家」、到着(他のうどん屋を目印にすんなって話ですが)。

前回は開店と同時に入ったここですが、今回は開店後やや時間がたっていたので、混んだり
しないかなぁとちょっと心配・・・したけど、その2軒隣の焼肉屋だか定食屋だかの
ほうが混んでました。ある意味よかった。

あたしはかけ小、各々釜玉やらなにやらを頼み、入口でつい目に入ってしまった大根の
おでんをそそと取りに行く。
大根を4分割して食べている間にうどんが揃い、一緒に頼んだちくわの天ぷらも登場。

ちゅるっ

ほわぁあぁ。うめぇえ。

海沿いのうどん屋さんは、なんでこうのび~るコシなんでしょう。
海の潮風がうどんを美味しくしているんでしょうか。

・・・いや、まぁぶっちゃけ加水率とか塩分濃度とか変わってくるんでしょうが。
それじゃ夢がないよね。

母なる海がうどんを美味しくしてくれてると考えることにします。(どうでもいい)


あっというまにうどんを食べきり、ひとくちもらったちくわの香ばしさにやられつつ
ごちそうさま。
そこそこのボリュームで、やや満腹気味。


6軒目・松井
話は、つるやにいく道すがらに戻ります。
この通り沿いに、以前カレーうどん専門店といっても過言ではない松井うどんってのが
ありまして。
今回も行くつもりでした。

そも、今回の店選びの段階で参加者(といってもあたし含め4人だけど)に行きたい店の
リクエストを出して貰い、にらたま君のリクエストでここが入っていたのでルートに
組んでいたんです。

いたんです、が。

つるやへの道すがら、松井が入っていた建物がテナント募集物件になっていました。
つ、つぶれたの!?

とおもいきや。
朝2番の道久で「貰ってって」いわれて貰っていたUDONロケ地スタンプラリーの
MAPには松井がしっかり載っていました。
しかも移転したて、だとか。よかった、引っ越していただけなのね。ふぅ。
車内でそれをにらたま君が発見して、今のルートからはちょっと離れていましたけど
せっかくなので行くことにしました。


国道11号を通り抜けて、高速道路もくぐり、県道をひた走る。。。と。
あれ、通り沿いにあると思ったのに、無いぞ?

ごめんなさい通り過ぎたかもとそしをさんに告げて、戻って貰ったところではたと
気がついた、違う、行き過ぎてない、まだ届いてないw
ぐるっとまわって再び同じ道を進んで貰う。新規店慣れて無くてよく迷います。
すみませんすみません。


ややあって、左手に高瀬川が見えてきたら・・・ありました。
ありましたけど・・・あれ?「谷川うどん」の文字。
あ、でもしっかり「松井うどん」の木の看板がぶらさがっています。
まぎらわしいんじゃw

道の反対側の駐車場に停めて、いざ入店。
にらたま君はすっかりカレーうどんにサフランライスを決め込んで、勢い勇んで
入っていきます。

が。

一向にカレーの香りがしません。あれ?


メニューを見ても、カレーの「か」の字もない。
そも、普通のうどん屋さんですが。。。あれぇ?

そうなんです。
どうやら、普通のうどん屋さんになったみたいですw
普通じゃないのは、メニューにびっくりうどんってのがあって4玉だそうで、まぁそのくらい。

意気消沈のにらたま君、まぁでもそこはそこ、1玉注文して頂きます。

おろ。。。隣に座ってるおっちゃんのその器、それがびっくりうどんだね。
洗面器くらいの器にうどんが入ってるよ・・・その量は尋常じゃないよね。。。げぇっぷ。


人のうどん見てげんなりしつつも自分のかけうどんを頂きます。

ちゅるっ

あ。うまい。普通に普通のうどんだ。

中太めの、どちらかといえばごりっと系のもちもちうどん。
すんげぇうめ~!って訳じゃないけど、安心して食べられるうんまい麺。
前回のカレーうどんの時とうどんはたぶん同じはずですが、カレーじゃ無くなった分
ちょっとがっかり?がっかりって言うなw

もっとがっかりしてたのはにらたま君。
カレーうどんにサフランライス脳になってたからねw
まぁ、カレーうどんは夜に鶴丸で食べればいいじゃない。

あ。
ここすごい牧歌的景色がいいです。(フォローになってねぇw)

(しょの2に続く)



スポンサーサイト



| うどん日記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inouemanbou.blog121.fc2.com/tb.php/1775-b1b8fdf3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT