無料アクセス解析
『銀の花びら』/水野英子,講談社漫画文庫 まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『銀の花びら』/水野英子,講談社漫画文庫

水野英子月間・その2です。

これが水野氏の初めての連載ということ、更には連載当時としてはあの
リボンの騎士の後作品ということもふまえて、相当気合いの入った作品
になってます。

まず展開が早い!めったくそはやい!
今の、もったいぶった週間連載漫画と違って、とにかく一話に一つは
何かしらイベントがあって大変!

でも、登場人物がこれでもかっていうほど単純明快で、主人公・ナイト
様・悪い人・天然・おやっさん等々、ザ・キャラクターズ達が勢揃い。
ちょいとひねったキャラクター無し。見たまま。

んでも、決して適当って訳じゃなくて、一人一人すごく丁寧に書き込ま
れていて、まぁそこもキャラがしっかりと立っている要因の一つです。


しかしまぁ今回も沢山の「水野英子の子供たち」からの公開ファンレタ
ーがのっていますが、またしかしすごいメンツだらけ。
一条ゆかりも載っていたしなぁ・・・すごいなぁ・・・

こういっちゃ何ですが、いくら女性作家による少女漫画がなかった時代
だったからって、こうもたくさんのの漫画家に影響を与えたってのは、
やっぱりトキワ荘世代はすごいんだなぁと思ってしまうわけで。

リボンの騎士も読みましたが、それよりも確実に「少女漫画」だったし
コマの割り方とかもキャラクターの動かし方も心の動きも「少女漫画」
だったし、たぶんこれ今でも十分少女が読んで楽しめる漫画だよなぁと
再認識させてくれる作品でした。

えぇと、なになに?
初出が1957年・・・か。がぁ~!!


スポンサーサイト



| 漫画文庫感想文 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inouemanbou.blog121.fc2.com/tb.php/107-ffd2d677

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT