無料アクセス解析
『イマジン』/槇村さとる,集英社文庫(コミック版) まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『イマジン』/槇村さとる,集英社文庫(コミック版)

ちゃんねる掲示板は嫌いですが、ついついそこのフレーズを使いたくなる
様な気分になりました。失礼して。

キッタ~!!

ついにきました。イマジンです。


読みたかったんだぁ。でもコミック版は場所をとるので我慢してきました。
でも読みたかったんだぁ。

そして、今月はじめに職場の近所のコミックステーションでみた新刊案内で
思わずガッツポーズ。お待ちしておりましたよ、集英社様。


有羽は集英不動産にお勤めの、平々凡々のOL。
母は超のつく一流設計士にして自分の会社の社長さん。
父はいません母子家庭。

めちゃめちゃわがままなママのお世話をしながら、大人の恋愛を楽しむ
こともなく過ごしてきたOL生活。そんなある日、仙台から出向に来た田中洋平。
ちょっとしたきっかけから始まった二人の恋愛。。。

と同時に、母・美津子さんにも春が。敏腕ディレクターの本能寺。
こっちは恋愛というよりも、ハチミツにジャムにグラニュー糖をまぜまぜして
バターたっぷりのトーストに塗りたくって食べてるようなあま~いあま~い
「オトナの恋愛」を楽しんでおります。

「普通(?)の」恋愛と「とろっとろの」ゲーム。
このふたつの愛のかたち(臭っ)の今後は如何に。


有羽さんが「昔の」作者で、美津子さんが「今の」作者?かな。
そんな読み方じゃ怒られっちゃうかしら。

若い頃は、SEXってのは大切な儀式みたいなもので、綺麗であるべきだ、
神聖であるべきだみたいな価値観だけど(最近はそうでもないか?
若い頃から大盤振る舞いですか)年齢を重ねていくと、その楽しみ方とか
感じ方がかわって、よりオープンに分かち合っていこう、パートナーと
楽しんでいこうという感じになる、らしいですね。
私はまだちいと経験が浅いので、まだ前者の境地です。

前に読んだ槇村作品のあとがきで、性について他人とオープンに話し合える
っていいというようなくだりを読んだことがあるので、作者もその境地に
なったのかなぁと感じました。


ところで、槇村漫画でダンスとか料理とかのネタを絡めずに、真っ正面から
恋愛にがっぷり四つに組んでいる作品て、あんまりというかほとんどなかった
んじゃないかな。読み始めて何かとても新鮮でした。


あと、久しぶりに電車の中で読むのに困った漫画でした。
少女漫画?というか女性向けの漫画を読むのには何の抵抗もないのですが、
SEXシーンが細かく気持ちよく描かれていると、ちょっと赤面します。


これはでも、同年代か30代の女性向けの作品だなぁ。
別に私が男だから、恋愛経験不足だからということをさっぴいも、やはり
この作品は女性が読んで共感できる作品かなと思います。


スポンサーサイト



| 漫画文庫感想文 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://inouemanbou.blog121.fc2.com/tb.php/104-30b8ce95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT