無料アクセス解析
アーカイブ :2013年12月 まんぼう亭新漫画乱読日記

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

めりーくりすます!

どうぞステキなクリスマスをお過ごし下さい!

めりくりモザイク2013
スポンサーサイト

| 今日の日記 | 12:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しっぽくモザイク2013 #3 どんなウドンができるかな

1軒目・大平製麺

前回のうどん旅行で

たまげた!

のひとことに尽きた大平うどん。

もう一度、どうしても年内のうちに食べておきたくて、
しゅんぺいにーやんと朝6時ロビー待ち合わせして出発して行きました。

高速使ったけど、さすがにそこまで頑張らなくても良かったかもw
いちおうめやすの開店時間の7時ずいぶん前に善通寺に着いてしまい、
近所のローソンでぼやぼやと時間をつぶしたあと、
前回は迷いにまよった1軒の民家の玄関を叩いて入店。


「食べられますか?」「おはようさん、いまなら釜揚げできるけど?」「・・・頂きます」

神だ。この製麺所には神様がおられる。

まさかここで釜揚げたべられるとはなぁ。

釜揚げ、揚げ立てなのにすっげーしっかりとしたコシ。
初日の1軒目がかまたまで、最終日ここでかまあげ〆とは。
うどんの女神さま、本当にありがとう。広瀬香美風に歌います。

(民家なので写真は無いです、てかあんまり教えたくないwww)


2軒目・マルタニ開店前だったので→中西うどん
マルタニに行こうかなと思ってたんですけど、製麺所自体ははやくからやってたんですが
マルタニに到着したのが7時半過ぎで、まだ食べられる時間ではなかったので、
中西うどんに突入。

しっぽく、ございますです。

中西のしっぽく

これで高松を離れるかと思うと、心なしかダシに塩味が効いてきて・・・
んなことないですけど、安定の美味しさでこの旅、終了!

いつものガソリンスタンドでたっぷり給油し、レンタカーを返して9時には空港に。

こうして、2013年も美味しいうどん旅を終えたのでした。

| 漫画文庫感想文 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しっぽくモザイク2013 #2 美味しくたって

前日うっかり熱燗呑んでハッスルしてしまい(別に何もしてないけど)、
朝起きるまで何度も目が覚めてはトイレに行ったり水飲んだりして
ちっとも休まらなかったんですけど、起きたらみごとに風邪がひどくなってました。

これじゃうどんのダシの香りあんまよくわかんないじゃんぶー。


1軒目・清水屋
そんななか、明日の朝はめっちゃ早起きやで、ってことで今日はのんびり始動。
8時開店の清水屋に、前回8時に行ったらしっぽくたしかあがってなかったなぁと
思って9時過ぎて行ってみました。

そしたら。

清水屋のしっぽく、朝一番なのにこの具だくさん!

どーですかこの具だくさんなしっぽくは!
どーなっちゃってるんだよホントに、めちゃくちゃ美味しいですよおくさん。

朝食がコレって、高松の方はホントに良いなぁ。


2軒目・麦香
ウキウキ気分そのままに、今日も国道32号をだーっと西に行ってがーっと曲がって
到着したのが麦香。

これまたGajAに載っていて、しかもアンケート結果もうなぎのぼりなお店。
期待一杯で入店。するってぇと「しっぽく」の文字!

そりゃもう、食べるしか無いでしょ!

そしてこのしょうがこしょうがきくぅ==

あおとうがらしなんて谷川米穀店と橋村製麺所でしかみたことないなぁと
思いつつも、僕はコイツの辛さを存分に味わったことあるので、しょうがこしょうの方を
しっぽくにいれて食べようと心に決めた、あたりで登場。

こちらは麦香のしっぽく

これまた。
なんとも。
美味しそうな。

細くていまにも切れそうだけどしっかりしたコシのある麺

見た感じ、頼りなさそうなうどんじゃないですか。
ところがどっこい。これがすっごくのびーるコシの、噛めば跳ね返ってくるような
コシのおうどんなんですね。

またんでもってダシが美味い!
しっぽくだからってのもあるんでしょうけど、根菜の甘味がたっぷりで、
んでもって僕が大好きなだくだくネギの香り!おあげも厚めでしっかりダシを吸って
もう幸せでございますがな。

なに!?鍋焼きうどんがある!?
来年はそれにしようかな。鍋焼きうどん。


3軒目・根ッ子

おひさしぶーりーねー。の根ッ子。
いつも、来たいなと思いつつも、なかなか来れないで居たコチラ。
今日も目印の「根ッ子」の旗がはためていたのでそそくさと入店。

こちらではかけを1杯。

根ッ子のかけ、ちくわがかわいい
あいかわらずこのおまけ感たっぷりのちくわが良いですね!

そして、根ッ子と言えばコレ。
あいかわらずこの温室で食べるスタイルは変わらず
あいかわらずこの熱帯植物園的なところでおうどんを頂くスタイルは健在でした。

この根ッ子で、切れそうで切れない、やわらかそうでちっともそんなことない
すげーコシがあるうどんってのを初めて経験した気がします。10年前。


寄り道・善通寺詣で


4軒目・亀屋
今日のメインと心に決めていたのが、宇多津の駅の近くにある亀屋さんの
味噌しっぽくうどん。

が。

「味噌しっぽく、来週からなんです」
という悲しい宣告をキレイなお姉さんに受けて、満濃池満水にしそうな量の涙を流しつつ
いたってふつうのぶっかけうどんを頂きました。

っていうか、ここさか枝製麺所が経営するおうどん屋さんだったのね。
てことは、さか枝製麺所でしっぽくうどん食べればいいのかな。


5軒目・聖風うどん
高松までびゅーんと戻って来て、県庁のちょっと先の所にある聖風うどんへ。

こちらの大将は、円座にできた宮武うどん、んまぁつまり琴平にあった宮武うどんの
大将が監修した、高松の円座の宮武うどんで修行したっていう、宮武さんちのすっげー孫
が生み出しているおうどん、ですね。あ、孫弟子っていうのね。なるほど。

男前なうどんが出てくる聖風うどん

ほほぅなるほど。
なるほどなるほど。

ごっついわ。こんにちは宮武さんってかんじのごっついおうどんですな。
食べてみてもやっぱり納得の、ごりっごりの男麺。メニューもひやひややらひやあつやら
宮武系のメニューを継承されています。

こんな美味しいうどんが食べられる県庁職員が羨ましい!


6軒目・うどん番長
こちらは今度は、昨日の夜食べた『五右衛門』でうどんを打っていらした大将のお店。
まさか、昼間に五右衛門のカレーうどんを食べられるとは思ってなかったー(笑

うどん番長のカレーうどん、昼に食べることが出来る五右衛門

あ、もちろんあれですよ、カレーうどんがメインのお店じゃないですよ。
なんでもあります。食べたいものを召し上がって下さい。
僕はカレーうどんにしましたけどね。

ちなみに、こちらも最近出来たお店。この旅何軒目かの新規店。
そりゃ、間違いなく美味しいうどんです。


ここで午前の部は終了。
このあと、しゅんぺいにーやんのリクエスト・三嶋製麺所まで車をびゅーんと飛ばして
みましたけど、僕は結局三嶋では食べず、そのまま県境の『道の駅ことなみ』で温泉に入り、
悪化している風邪を少しでもよくしよう良くしようとしてみましたけれど
あんま良くなった気がしないままホテルに帰投。

夜の部スタートです。


7軒目・うどん棒本店
まぁいつものうどん棒です。
年がら年中ここではしっぽく出してくれます。ホントにありがたいです。
けど、冬に食べるしっぽくは、夏に食べるしっぽくよりも、根菜の滋味が出ていて
美味しい気がします。いや、そんなんなくてもすっげー美味しいです。

うどん棒のしっぽく、安定感ハンパない


すぐに次のお店ってのはちょっとハードだったので、クールダウンとお土産購入もかねて
高松駅に。
道すがら通ったうどん市場では・・・

うどん市場ではもち・しっぽくがあるのか!

この夏すだちひやひやで食べたあのすだちスライスうどんが!
しかも、しっぽくには餅が入っているらしい!
インスパイアされてる!リスペクトされてる! けっしてパクリじゃない!(笑)


のんびりたっぷり買い物をして、琴電に乗って一駅ゆられて・・・


8軒目・上谷製麺所
これまた新しく出来たお店。
こちらの大将は、あの「ねんがらねんじゅう引っ越して、行くたびに迷わされる」
でおなじみの、『名も無いうどん屋』で修行されたらしいです。
そのうどん、覚えてませんがな笑

注文したのはカレーうどん。
となりにカレーうどんの名店・五右衛門があるのに、この強気はなんだw

上谷製麺所ででてくる、ちく天温玉カレーうどん

ちく天温玉カレーうどん、かれーそのまま、というメニューです。
カレーそのままってのは、んじゃ他に何があるんだ?ってことですが、
隣に見えるのがカレーダシわりってやつです。

そのままはカレーをのばさずそのままかけてありまして、ダシわりだとすこしダシでのばして
あります。
どっちもうまし。これは人好き好きだと思います。

ちく天も揚げ立てで、口んなかヤケドするから気を付けて!


今日は、昨日みたいに熱燗つけたりせず、明日の朝早いのでさっさと寝ました。。
てか、明日は9時の飛行機なんだよねぇ。。。

| 漫画文庫感想文 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しっぽくモザイク2013 #1 うどんの国の

今年も半月を残すところとなりました。
日に日に寒さが増してきてきましたね。

ということは・・・そうですね、しっぽくの季節です。

今回、二転三転・・・正しくは七転八倒くらいですけといろいろありまして、
そしをさんせきざきさんY方さんの6日から組と、
おいら・駿平にーやんの13日組に別れての食べ歩きになりまして。

こっちは2人旅、いつにも増してお気楽旅。
お気楽すぎてノープラン甚だしく。
とりあえずにーやんにリクエストを聞いたら、山越が上がってきたのでまずはここに。


1軒目・山越
羽田でにーやん、まさかの
「キーホルダーが十徳になっててナイフが検査で引っかかり手荷物検査場でUターン事件」(長え!)
(荷物預けにしてなんとか捨てずに済みました)
が発生したものの、早めに空港着いてたから間に合って良かったね、などという
ステキな旅のハジマリでしたが、無事に「大雨の」高松空港に到着。

ステキの十倍返しだ!

2人なので軽のワゴンRをレンタカーして、空港の南から回り込んでぎゅぎゅーんと行けば、山越到着。

開店直後・平日金曜日・そこそこの雨。
この悪条件ではそうそう観光客もおらず、ノー待ち時間で釜玉れました。

山越の釜玉
朝食釜玉、なんてすばらしい香川ライフ。


2軒目・松岡
しっぽくの旅ですからしっぽく食べます。
しっぽく1軒目ですから松岡にします。

山越の前にローソンで買った傘はもう用済みになりつつある空模様のなか到着。
傘を買う=雨が止む、というのが高松での法則になりつつあるなぁ。

開店直後でしたけど、既にお客さま2組。
そして開店直後なのに注文して当たり前のように出てくるしっぽく。

コレが香川のお・も・て・な・し

松岡のしっぽく
ありがたいありがたい。ああうまいああうまい。

年末のご挨拶をして店をあとにしました。


3軒目・本場かなくま餅福田
しっぽくもいいけど白味噌仕立てのかなくま餅もね、てことでかなくま餅福田へ。
運転したい!というにーやんに任せて観音寺まで、国道32号をずーっと南下して、
そのまま国道377号をつーっといってきゅっと曲がってすすいと行って、
国道11号を超えてまっすぐ行けば到着。

11時過ぎという『うどんゴールデンタイム』、もちろんまだ白味噌もあん入り餅もあり、
注文して待つこと5分、いつものちょっと焦げ目のついたあん入り餅がはいった
白味噌仕立ての甘い香りのおうどんが登場。

本場かなくま餅福田の白味噌あん入り
夏に食べた時は、しょう油ダシの甘しょっぱさと餡餅の甘さで、
甘いしょっぱい甘いしょっぱいの無限回路が働くのですが、

ほらねあんこ入ってる
意外と白味噌ダシは甘めで、甘いあまいの優しさフルバーストで幸せになれます。

ごちそうさんでした。


4軒目・カマ喜ri
前回9月のうどん旅の際に、そのダシの美味しさにすっかり惚れ込んでしまい、
あまつさえ 「冬はしっぽくありますか?」『ええ、11月くらいからはじめます』
というマスターのお返事に「またきます!」と喰い気味に返事してから4ヶ月。

約束の地へ。

かなくま餅たべた直後だったので、さすがに食休みしようかとも思ったのですが、
そうするとしっぽく売り切れちゃうかも?と思って突入。したら大正解。

平日10食限定です
先週組のそしをさん情報で、しっぽくは平日しか提供しないということだったんですが
さらに10食限定だったんですよ奥さん、まぁおそろしいあぶないあぶない。

注文して出てきたしっぽくは
なんということでしょう。

カマ喜riのしっぽく
こちらのおダシはただでさえ香りといい風味といい最高なのに、
これに根菜のふくよかな薫りがあわさって、ますます甘いあまい風味になっております。

このねじれ、そして写真じゃ伝わらないダシの美味しさ
んでもってこのおうどん!
ねじねじでごっつそうに見えて実はそんなにゴリゴリしてない。
若い大将・・・というかマスターって呼んだ方がいい雰囲気の旦那さんが生み出す
そのうどんは、ともかく美味しいのです。
また、来年が楽しみだぁ。


さーすーがーにお腹いっぱいになって、時間空けようということになり、
しゅんぺいにーやんが行ったこと無いっていう琴弾公園の銭形砂絵を見に行きました。

ところがまあ、ともかく風が強い強い。海からの風がやむことがありませんでした。
寒かったなぁ。
琴弾公園の砂絵
寛永通宝の砂絵になってます

初めて下からみたけど、ただの砂山にしか笑
とはいえ、下からみるとなにがなにやら笑

そして瀬戸内の海は寒かった!
瀬戸内の海は、この日は極寒だったあ



5軒目・三好うどん
前回の旅行の道すがら買った雑事GajA。
ここにも取り上げられていましたが、それ以前にインタレストの
アンケートでもいきなりの上位にくいこんできたのがこちらのお店。
ごりっごりの力強いうどんが食べられる、しかも若いご夫婦が切り盛りしている、しかもしかもお店が古民家風。
そりゃ行くしかないと、ちょっと時間がおせおせでしたけど、行ってきました。

こんなところにあるんかいな?的な、住宅街の狭い路地の真ん中にお店発見。
なるほど、平屋の木造を改築してキレイにした感じの良い雰囲気のおみせですわぁ。

時間ぎりぎりだったのでおそるおそる入店、「まだ大丈夫です?」と一声かけると
「どうぞどうぞ」と温かく迎入れてくれました。

しっぽくがあったんですけど、さすがに売り切れていたのでふつうのかけ。
でも『今日のメニュー』的なところにれんこん天があったので、確認して注文。

三好うどん、久しぶりに出会いましたごっつい麺
おもわず

じぇじぇじぇ!

と声を上げてしまった、久しぶりにきたこの太くてごっつりとしたおうどん。
わかりやすく言うと、初めて上戸に行った時に食べたあの、金属バットでスカーンと
あたまを打ち抜かれたような衝撃走るごっついうどん。
(僕にしかわからないたとえでしたスミマセン)

これきっと何年かすると進化するうどんだなー、その進化ってどうなるんだろうなー。
って楽しみにさせてくれる、がっつり系なんだけどほっこりしたおうどんでした。


こちらでおいらは午前の部終了。
しゅんぺいにーやんはこのあと小浜食堂で中華そば食ってました。


三好~小浜~三好の前通って丸亀ぽかぽか温泉。
地元のおばちゃんとすんげぇ仲良くしゃべり倒してから、高松市内のパスポートで
かるくお買い物してホテルへ帰投。

夜の部スタートです。


6軒目・五右衛門
まぁいつもの、いつでも美味しいカレーうどんです。

五右衛門のいつもの黒カレー


7軒目・麺匠豊三
なんか知らんのですが、夜の高松のうどんって数件って決まっていたんですよ。
なんですけどここに来て出店ラッシュ?がやってきまして、今日はそのうちの
新規の1店・豊三です。

かな泉で修行されたご主人。
おか泉じゃなくて、かな泉だったんですね。誰だおか泉いうてたの(笑)

すんごく狭いお店なんですけど、開店直後だったので奥のテーブル席へ。
粉雪舞う寒い日だったので、風邪っぴきだったんですけど熱燗を所望。

熱燗いつ飲むの? 今でしょ!

寒くて豊三で熱燗つけてしまいまして

阿波尾鶏の焼きとり的な物も酒のアテにして明日の予定をさくっとたて、
注文したのはざるうどん。

こちらがゴリゴリのざるうどんです

おひょー!
これまたごりっとしたちっからづえーうどんだわぁ。

おいらここまで力強いうどんは打てないんだよなぁ。
どうやったらここまでコシがごりごりだせるんだろうなぁ。
やっぱ良くこねて良く踏んづけるんだろうなぁ。

おなかいっぱいいっぱいでしたけど、つるっと食べられてしまって完食。
熱燗で温まったはずだったんですけど、外に出たらガクブルしてこりゃあかんなぁと
思いつつもホテル帰ってソッコーで寝たのでした。


まぁ、案の定、2日目、風邪ひいてましたけどね。
ちなみに今日の日記の太文字で、ひとつ今年の流行語じゃないものが入ってます。
さてどーれだ(すぐ分かるってね)

| うどん日記 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。