無料アクセス解析
アーカイブ :2007年12月08日 まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

≫ EDIT

高松しっぽくの旅2007~朝食はしっぽくで

昨日の夜はなんか眠れんかった。
新幹線で30分くらい「ぐぅ」と寝てしまったのが悪かったのか。
ともかく、布団に入ってもちっともさっぱり眠れなかったので、
まぁとりあえず転がってりゃどうにかなるかと思って転がってて
気がついたら朝。そこそこ寝られたんだろうか。はて。


ともあれ。

朝8時にホテルのロビーで集合。
そのまま中西へ。あの元巨人の條辺が働いていたうどん屋です。


1軒目・中西
駅前大通を南下して、国道11号を越えてしばらくいった先の鹿角
交差点を右折。ちょっといけば中西。
朝は「さか枝」か「中西」になってきたな。もう定番。

いつものように1玉器をもって並んで、うどん入れて貰ってお金を
払ってさぁてぬくめようかどうしようか、と目線の先に。

「しっぽくあります」

ぐはっ
まさか中西にしっぽくがあるとはっっ

てことで、並び直す。

まんぼう「すんません、しっぽくにしてください」
お姉さん「しっぽくな?ぬくめる?このまま(冷たいまま)でええ?」
まんぼう「そのままでいいです」

はたしてお姉さんは巨大な鍋から一かけ。
みれば、大根・人参はたくさん、鶏肉におあげにキノコまで入ってる。
こりゃー、最高の朝ご飯だぎゃ。

さっそくそしをさんやらにらたまくんやらに小自慢して食す。

うぐぐっうめぇっ!

おあげからと鶏肉からいいアブラが染み出していて、しかも大根や
人参の根菜類からも甘みが蕩けだしている。うめぇ!
朝から優しいおうどんでした。

まさか中西からしっぽくとはな。


2軒目・かすが町市場
初回じゃないかな、ここに来たのは。
昨日、新幹線の中でリサーチしてたら、冬季限定でココにはしっぽくが
あることが判明。てことで、必然的にルートに組み込まれてました。

とはいえ、朝イチ中西8時半に食べ終わって、かすが町市場までたかだか
20分くらい、当然早く着きすぎてしまいました。
てことで、となりのファミマだかローソンで時間を潰しつつ、9時を
ちょっと過ぎたあたりで入店。

中はますます混沌としてましたw
そういえばおしぼりマシーンがなかったな。
ちなみに、もともとはおしぼり工場だったんです、ココ。


さすがにお客さんはまだ数えるほど。
とりあえずしっぽくを注文、待つことホントしばし。
でてきました。なんじゃこりゃー!なんのかたまりだこりゃー!

しっぽくですから、当然滋味のもの沢山、にしても、すげぇでっかい
里芋がボッコーと入っていたのでたまげましたw

ああでもうめぇ。
中西と違って、こっちは根菜類中心で、見た感じ肉とか入っておらず。
おあげはありましたけど、肉そのものはなかったのでさっきよりも
ずっと優しいお味。
大根も人参もほっくりしていて、おダシにも十分味がしみだしてます。

あー、うめー。

でも、この調子でしっぽくばっか喰ってたら、死ぬな。。。


3軒目・上戸
最近の傾向として、2日目は遠征となっておりまして。
ということで、かすが町市場から西に戻って左折して、そのまま
高速道路にオンザロード。
ずーっと西に西に、大野原で降りてさらに西に。
箕浦の駅が見えてきたらそこが上戸うどん。

はいったら、今日は大将と女将さん?お姉さんが2人できりもり。
忙しそうに働いてます。

さっそくかけの小を注文、と、僕のところで「ちょっと待ってな」
コールが!
へいへーい、わーい!
あげたてのうどんタイムです。

ほんとにちょっと待ったところで揚げたてのうどんが出てきました。

不味いわけはない。

ホントに、昔に比べて細くなってきてますが、でもあのゴリッとした
コシは変わらず、油断させて美味いっていうお手上げなことに
なってます。

うまい。

あっつうまに食べきってごちそうさま。

箕浦の駅を眺めつつ、進路を北へ。


4軒目・柳川
国道11号を北上して、県道が見えてきたら左折。
観音寺市内に入って、左目の前に「まり」が見えてきた交差点を左折。
あとは勘を頼りに右折右折を繰り返せば、見えてきた柳川。

車を停めるのにやや苦労するものの、あの製麺所を奥にみながら入店。
さーて、なにたべようかなぁ・・・と。

そしをさんが卵とじを注文。それをみてあたしはざるを注文。
ちょっとまって来たらざる、細めのシルエットのくせにすごいコシ。
んでも、やっぱり、ここは卵とじうどんですね。。。
先に来ていたそしをさんの卵とじをちょびっと味見させて貰ったら、
たまごが効いた優しいおダシに細めのうどんが組んずほぐれつ。
ウマウマでした、ざるより。

ざるのつけダシも、西讃はとにかく甘め。
だからといって東より他のうどんよりうまくないとかいうことは全然ない
んですが、やっぱりちょっとここらのダシはちょっと違う。

ともあれ、その甘めのダシは卵とじとかのかけダシにも反映されていて
やっぱり甘い。で、タマゴとあいまってさらにあま~い!
ふわふわぽよよーんって感じでともかくうまーい。

いやはや。
やっぱココはたまごとじだよ。むぅ。


再確認しつつ退店。ごちそうさまでした。


6軒目・つるや(スルー)
初めて来た壺王さんと、前回もそのツンデレの餌食になったにらたま君が
挑戦。

今日はすごいっす、こんちわーって入っていったにもかかわらず、おばちゃん
シカトだそうです笑
しかも、お会計の時に目の前にいるにもかかわらずちょっとはなれたところの
おばちゃんが対応したらしいっすよ。
どこまでもツンデレ・・・はやくでれフラグ立たないかしらw


そんななか僕とそしをさんはスルー。
次に備えます。


7軒目・かなくま餅福田
もち、ひさしぶり。
壺王さんが未経験てことで、きちゃった、もち。

当然、あん入りです。僕しょうゆ、そしをさんと壺王さんは白味噌。
にらたま君は・・・お、おでん?おでん。漢(おとこ)から男になった瞬間。

さて。
注文してから来たうどん、あれ、僕の中には餅入ってないよ?
かけだったのかしら?と思った僕はすぐさま訂正、間違っておりました。
ちょいとうどんをもちあげたら、底から出てきました、もち。
うーん、もちもち。

とりあえず一口食べてみる。うまい、そして甘い。
すぐさまダシをすすってみる。しょっぱい、でもうまい。


ココの妙は、言葉で少し表現できます。

餅の焦げたのって、香ばしくておいしい、と思う。僕は。
で、それがしょうゆのおダシとハーモニーを奏でる、つまり磯辺餅な感じ。
中にあんが入っているとはいえ、この香ばしさの妙はつまり磯辺な感じだと
思うわけです。

まぁそれはともあれ、うまい。理屈抜きで、なぜか美味い。
絶対美味そうに見えないという潜在意識に、それに反して実はすげぇ美味いっ
ていう逆ベクトルに脳みそが混乱しているに違いない。

まぁいいや、美味かった。ごちそうさま。
ちなみに、僕は白味噌バージョンよりもやっぱりしょうゆの方が好きかも。


さすがにちょっとハラが満ちてきました。
でもまだ時間は11時半ぐらい、てことで、少しインターバルを置くべく
寛永通宝を眺めに行きました。近所ですけど。

道の駅のちょっと先に駐車場があって、そこに車を止めて小山登り。
登ったところで、おや、野良猫が近づいてきました。
さっそく猫ゲージたまりまくってるそしをさんがかまう、すると当然なつく。

まぁそこからが大変w
エサらしいエサを持ち合わせてない僕らは、にゃーにゃー鳴く猫を引き離し
てみても結局近づいてくるその野良に結局途中で売ってたアイスのコーンを
喰わせてやるくらいしか出来ず。
しかもアイスを買った壺王さんにはなかなか懐かず。
人の心猫知らず。

まぁともかく、寛永通宝を眺めた後にもついてくる野良をどうにか振り切り
下山。いざうどん。


7軒目・かじまや
公園を後にして北へ。
サムソンが見えたらその先にあるのがかじまや。

いつもスルーしてる僕ですが、このためにツンデレつるやをスルーしたわけ
ですから、喰わずにはいらいでか。
釜揚げ一玉ですけど、うずらのたまご2個も使ってガッツリ頂きました。

やっぱり、つけダシは甘い。けどやっぱりうずらにうどんを絡めてまた
うめぇんだ、すげぇうめぇんだ(2度言うな)。
釜揚げ、ですから揚げたてですけどうどんのコシはゴリゴリ。
長田in香の香みたいな、ダシで味わうってよりもうどんの香りを愉しむって
いうかんじですかね。まぁ美味いんだ、ともかく。

いい余韻を残しつつ、でももう入らんとも思いつつw
昼間の部ラストの店に向かう。


8軒目・百こ萬
国道11号に戻って東へ。
高速をくぐってちょいと行ったところに、右手に見えてくるのが百こ萬。
さすがに壺王さんはダウン、なので3人で入店。

前回の反省を生かして「とりあえずしこめんを頼んで下さい」と申し合わせ。
しこめんは注文を受けてから茹でるんですが、その時間はわずか4分ほど。

ええ、待ちますとも待ちますとも。

残念ながらこの前食べてた揚げピッピ(うどんのかりんとう)は無かった。
ので、ぼーっと待つこと4分。出来ました。


みためはすげぇ少ない。
んだけど、そのつや、そして細さに見合わぬすごいコシ。

こんなにも満腹なのに、あっというまに平らげました。


これはー、ともかーく、食べてみて下さい。
食べてみないと何とも言えん。

かなくま餅と一緒で、見た目にだまされてあのコシを表現されるとギャップで
二乗にも三乗にもなってうまさのベクトルが伸びます。
たまげます。


ここで昼間の部終了。
国道11号を東へ、丸亀に入ったら県道に左折、その先をさらに左折して、はい
いつもの丸亀ぽかぽか温泉到着。

ぽかぽかしてから県道33号を東へ。
坂出に入ったところで右手に見えてきたのがパスポート。
そこで買い物をしつつ高松へ戻り、ホテルに帰ってきました。


散歩がてらアーケードと天満屋を散策。
欲しかったものがあったんですが、それは見つからず。
しかたないので天満屋の郷屋敷を眺めて、夜の部突入。


9軒目・うどん棒
もちろんそうよ、しっぽくよ。
まだまだおなかは満ちていたけど、それでもあっつうまに胃袋へ収納。
ゆずの香りが効いていたので、これはと思い焼酎飲んでいたそしをさんと
にらたま君に「焼酎のダシ割り」を勧めてみた。

・・・うまいらしいです、焼酎のしっぽくだし割りw
おためしあれ。


ホテルに戻り、お金の精算を済ませてから各部屋へ。
今回はPSU持ってきてないので日記書けてますw
明日は最終日かぁ。そんか感じまるでないんだけどなぁ。



スポンサーサイト



| うどん日記 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月