無料アクセス解析
アーカイブ :2007年10月15日 まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月

≫ EDIT

『君しかいらない』/吉住渉,集英社文庫〈コミック版〉

久しぶりの感想文は吉住渉。
ママレードボーイ懐かしいな、いろんな意味で。
あれは予備校時代、今はタワーレコードになっている建物が、おもちゃビル・パオだった頃に
屋上でママレードボーイのイベントがあって、予備校時代にもかかわらず遊びに来たっけ。

あはあはあはは。。。(遠い目)

抽選会でなぜか当選して、國府田マリ子と山崎和佳奈のサイン入り色紙を貰い、あと
握手会にも参加出来たっけ。
マリねぇは冷え性なのか、手がものごっつ冷たくて、逆に和佳奈穣はあったかかったな。

あはあはあはは。。。(再び遠い目)

マリねぇ元気かな。
和佳奈穣は、コナン君でしゃべってるもんね。

吉住渉先生にもそのイベントでお見かけしましたよ。
吉住先生の回もあって、それにも参加してたんですけどね笑
それじゃダメじゃん予備校生。


・・・あ、どうでもいい話でした。


えーと、君しかいらない、でしたね。

転校してきた女の子に、はじめて「恋」を感じた十時(ととき)集、高校2年生。
彼女・栗原朱音に意を決して告白!の瞬間、彼女の重大な秘密を知ってしまうのです。
そう、彼女は離婚歴がある、バツイチの高校2年生だったのです。

元カレ、というか元ダンナの橘川とのごたごた、離婚をして男性不信気味の朱音、そんな
ややこしいなかでも、十時君は自分の気持ちを朱音にぶつけていく。
はたして、十時くんは朱音と恋人になれるのか。お友だちで終わってしまうのか?


長く続きそうで意外とあっさり終わった本編。
も少し長く書き込めそうなんだけどな、なんだろう、飽きちゃったのかしら。
それとも人気がなかったのかな?w

もとがりぼんですけど、一条先生がりぼんで一線はってた頃とは違いライトな恋愛模様が
描かれています。バツイチとかだけどドロドロでどよーんとした重さはほっとんどありません。
気楽に読めていいかも、です。

ええと、まぁ物足りないのはしようがないですねw



スポンサーサイト



| 漫画文庫感想文 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月