無料アクセス解析
アーカイブ :2007年07月09日 まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

≫ EDIT

げんなり・・・

いつもの所に納品して、さて昼はドコで食べようかなぁと思いめぐらす。
とりあえず空いている方へ空いている方へと移動してたら、目の前に生協があったので
そういえば会社に置いてる非常食(主に給料日前とかに発動)が切れてたなぁと
思い出して袋めん購入。生協価格168円。おやすい。

ほくほくで店を出たら都バスが来たので乗ってみた。そしたら池袋に着いた。

ここでまた思い出した。
西武百貨店の屋上には讃岐うどん屋があるらしい、という噂。


エレベーターに乗り込んで8階へ、そこから階段で屋上に上がる。
既に13時をまわっていたけど、昼休みっぽい社員とか従業員とか、近所のサラリーマン
とかベビーカー押してるお母さんとかそこそこ人が居てびっくり。

それでも休日の百貨店の屋上といえば、沸き上がる子どもの群というのが定番なので
それを考えると静かなのかもしれない。


屋台というかお店が並んでて、目的のうどん屋さんはすぐに見つかった。
ちっさい。4~5畳くらいのボックスになってて、いわゆるクレープやさんみたいに
カウンタで注文して出てくる感じ。これ雨降ったら注文してる客はずぶ濡れだなw

けっこう評判だったこの店、あたしもワクテカしながら待ってました。
注文したのがおろしうどん、のあったかいやつ。


ふとみると、鍋にうどんをとうにゅうしてるおっちゃん。
ううむ、なんか、てきとうな、ゆでかたしてないか?
投入しているうどん。あれ、なんか、ふとさが、ばらばら?ってことは手切りか。

しばらくしたらおばちゃん再確認。
「おろしですよね?」「はい」「あったかいの、ですよね」「・・・はい」
なんだ?あったかいおろしうどんって、そんなに珍しいのか?

ややあって出てきました。350円払って、店の前に、というか屋上にたくさん並んで
いるイスにすわってつくえにうどんを置いて。いただきま・・・・・・むぅ。

たしかに包丁切りっぽいうどん。
んただ、角が透明で芯が白くて。むぅ。既に期待度暴落。

いただきます。。。じゅるじゅる。。。むぅ。

そろそろ東京でさぬきうどんと銘打っているいくつかの店を打ち壊していかないと
いけないなぁと思う今日この頃。どうなのよこれ。美味しくない。むぅ。

まぁ、我慢して全部食べましたけど。むぅ。


あ~。野らぼー行きたい。
あ~。高松に永住したい。



スポンサーサイト



| うどん日記 | 17:28 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『孤独のグルメ』/久住昌之(原作).谷口ジロー(作画),扶桑社文庫

屋上うどんまずい、みたいな話を書いたのが月曜日のこと。


『蒼のマハラジャ』/神坂智子,ホーム社(集英社)文庫、を現行2巻読み終えてしまい、
新刊発売の今週末までホントに読む物がないなぁと思って文教堂に行くも、そういえば
漫画買うお金もないなぁと思いだして、多巻モノを敬遠しつつ本棚を漁っていたらば
男の子向け棚にありました、これ。

扶桑社文庫、しかも谷口ジロー作画ってあたりで、だいぶ男の子漫画だなぁと思って
前回は回避したんですけど、未だ平積みしてあるし手頃な価格だしということで
今回は購入してみました。


やっぱり、すごいなぁ、谷口漫画。もとい谷口作画。
白いところは吹き出しの中と枠線の外だけってかんじで、ともかく緻密で繊細で
細かいところ、線の一本一本が丁寧に描かれている。
おいらこの一コマだけでも描けっていわれたら発狂するぞたぶん。


あらすじ、というか内容。
個人経営の輸入雑貨の貿易商を営む主人公が、仕事先やら出張先やらでともかく腹が減って
飯を食う、という話。

どこがあらすじやねん。


いわゆる美味しんぼみたいなグルメ漫画じゃなくて、どっちかというとぶらり途中下車の旅
というか、行き当たりばったりで入った定食屋がうまかったとか、昔彼女とデートで行った
時のあのお店をもう一度訪ねてみようとか、そういった感じ。

せっかく金だして飯くってるのにその目の前でアルバイト定員を怒鳴りつけて飯をまずく
してコノヤローと店主とケンカしたりとか、ご飯食べるのもそうそうに昔の思い出に
耽ったりと、美味いモノをガッツリ描く!わけではないんですが、それでもところどころに
出てくる定食の詳細なコマは、やべマジ美味そう。


ところで。
冒頭の一行。

屋上うどんまずい、と書いたそばから、実はそのうどん屋がこの作中に登場しました笑
しかも食べてるものが全く同じモノ。帰りの電車の中で読んでたんですが、おもわず
吹き出してしまってまわりから白い目で見られたり見られなかったり。

そうか、あのうどんは美味しいのか。。。
おいらが食べたあの瞬間が不味かったのか、瞬間風速的に不味かったのか、それとも
おいらの舌が腐っているのか。後者だとしたらいやだな。。。


まあそんなわけで、楽しく読ませて頂きました、が、そこだけ凹んでましたw



| 漫画文庫感想文 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月