無料アクセス解析
アーカイブ :2006年11月30日 まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年12月

≫ EDIT

はじめてのおつかい(空飛ぶ編)

はじめはそんな軽い一言でした。


「まんぼう、俺の代わりに出張頼むよ…」
はぁ、そうですか。出張っすか。別にかまいませんが。
「…北京に」


・・・ええと。
ずいぶんとグローバルな会社になりましたねウチもw

いえ、別に北京というのは今さっき始まったことじゃなく、
うちのシャチョさんが昔から力を入れている拠点なのです。
ですので、シャチョさんが自ら中国に入っていろいろがちゃがちゃ
やっては成功したりコケたり(ナイショ)、しているのですね。

今回も、ホントは自分で全日程を過ごすはずだったんですが、
シャチョさんの仕事の片棒を担いでいる(主に書類打ちみたいな
秘書業務)をやっている僕が「あれ、バッティングしてるなぁ」
(もちろんバッティングセンターでカッキンカッキン打ってるの
バッティングじゃないよ)と思っていたんですが。

そう、どうやらこの北京出張の日程は当初はもっと後、12月の
末頃に予定されていたらしいんですが、北京の予定で繰り上がった
らしく、わざわざそれをはずしてセッティングしていた国内の重要な
パーティと「予想外」のかちあわせをおこしたとか。

けど、北京のほうを無視するわけにもいかず、しかたなく人柱を
立てよう、手頃な人柱といえば…この目の前で暇そうにパソコンを
叩いてる若造がもってこいだな、ということで、白羽の矢が脳天に
突き刺さったという次第です。


長い前振りですみません。

そんなこんなで、昨日。
飛行機が落っこちてひょっとして帰らぬ人になるやもしれないので
PSUにつないで「今生のお別れです、オンでもオフでも」とお別れを
伝えて(ホントになったらいやだけどw)、ひと潜りしました。

途中、寝てたけどな。(スミマセンホントにスミマセン)

出張の準備も結局何もせずに寝てしまい、朝。
飛行機は夜なのですが、一仕事会社に残してきてしまっているので、
あんまりのんびりしてられず、かといっておっきなトランク抱えて
満員電車に乗るわけにはいかないので10:30出勤。

逆算して、いつも通り起きて、公式行事もあるのでスーツを一式と
ワイシャツを3~4枚、あと観光もあるので普段着も詰め込んで
スーツケースパンパン・・・スーツが「予想外」だ。
スーツケースといっても大きいものじゃないので、あんまり入らない。
でもなぁ、おっきいのいらないしな。。。う~ん。

あとはパソコン、まぁたぶん繋げられないだろうと思いつつも
日記くらいは書けるかなぁと持参することに。
あと、わすれちゃならねぇアダプターと変圧器とコンセント。
変圧器ないと意味ない。

それと、自分の銀塩カメラと、親父さんにかりたファインピクス、
あとあと外国じゃつながらないケータイ電話とそのアダプターと
ネットワークウォークマン、とそのアダプター。
飛行機漫画で紅茶王子(文庫)3・4巻、二宮知子のOUT、タッジー
マッジーの3巻、わかつきめぐみの夏藤さんち。

地球の歩き方北京編、ゆびさし北京語会話帳。
忘れたら行くこともできないパスポート。
その他もろもろ。


やべ・・・すげえ荷物だ。


めんどくさいので駅まで自転車で行くも、自転車の前かごが軋み、
いまにも壊れそうでしたw


まぁなんとか渋谷まで着いて、スーツケースは駅のコインロッカーに
放り込み出社、いつもの先様に荷物を納品しつつ「すみません、今日
午後から出張なので、何かあったらウチのブチョに連絡下さい」と
勝手にふりつつ帰社。

実は名刺が切れていたので、帰りがけ慌ててビックカメラで名刺を
購入、緊急事態なのでパソコンで模造して印刷、遜色ないものが
出来上がって一安心。

前日とっておいた、人生初「成田エクスプレス」が品川発で14:20。
飯くう時間が結局なくなったので会社を出ました。


荷物を拾って品川駅へ。
昼ご飯を買って持ち込み、成田に着く1時間半の間にもしゃもしゃと
食べる。

成田発18:10の北京行きまではまだまだ時間がある、15時半過ぎには
成田空港第2ターミナルに到着。
集合時間までも30分あったので、売店で物色。

そう、そういえば前回(といっても3年前??もっと前か)ベトナム
に社員研修旅行で行った時(あの頃はよかった…)に、同じスーツ
ケースにベルトを付け忘れて荷物がわかりづらかったことを思い出し
ベルトを購入。
あと衛生面が心配だと地球の歩き方に書いてあったのでアルコールの
ウェットティシュ、それと忘れてきたシェーバーを購入。この期に
およんで忘れてた。

ぼやぼやしてたら集合時間の10分前になったので行ってみると、
ツアコンのKさんがいました。
実は、今回のメンバーは知ってるメンツがあんまりいない。
ということで、ずいぶん前から待ってらっしゃったご婦人がメンバー
だと気づいたのがしばらくしてから(笑)
時間通りに、他のメンツも揃っていざ出国カウンターへ。

団体用カウンターでチェックインを済ませ、羽田じゃ無い厳重な
ゲートをくぐり、これまた羽田じゃない出国カウンターを通過して
「出国、めんどくさい」とつくづく思いつつロビーへ。

これまた羽田じゃ無い免税店を覗きつつ、そういやこんなん買う
小遣いもってきてねぇなとガッカリしながら(もともと買い物をする
つもりがまるでなかったけど)、さっさと搭乗口へ。

しばらく待ってたけど、どうやら到着機材が遅れたので出発が遅れる
とのこと。たかだか10分かそこいらですが。
まぁそれが20分になったけど。


座席を取るとき、一人一人で勝手に取ってしまったので、わりと席が
適当なことになりまして。
僕だけどうやら後ろの方にひとりポツンといることに。
しかもまわりは帰国する中国人ばかり。

…え?何?
あ、そうなの、窓側でとったけど一人一人になっちゃったから座席
替わってほしいって?はいはい、いいですよ。
中国語だからよくわかんないけど、たぶんそういうことだと理解して
席を替わる。なんだかなwでもおかげで窓側。


いや、でも。
もう既に外はまっくらですが。


暗闇の中、夜間照明に切り替えられた飛行機は闇を引き裂いて飛び立ち
満天の星空と見まごうばかりの眼下の大東京を過ぎ、さらに高度をあげ
やがて漆黒の中へ。海の上空らしい。

お茶お菓子が出て、これまた羽田発じゃない(もういいかw)機内食を
食す。ビーフオアフィッシュですき焼きプリーズ。あ、JALだから
英語じゃないのねw

さっさと食事を終えてもまだ着かない、片道4時間のフライト。
まあでも、4時間くらいなら耐えられるな。さっき書いたベトナムは
たしか片道7時間だったかな、あん時は辛かったもんなぁ。ホントに。
そりゃエコノミー症候群にもなるってもんですよ。

タッジーマッジーが読み終わり、いつもと違う環境の中で読んだせいで
隣のおじさんにのぞき込まれるほど涙を流して(今思うとめちゃめちゃ
はずかしいなw)泣いて泣いて、それでも時間があったのでヨツジロ
さん漫画@わかつきめぐみを開きだしたら、いつの間にか眼下には
オレンジ色のまっすぐな直線が。

そうです。北京の上空に入りました。
オレンジのスジは、道路の街頭。地図で見たとおり、まっすぐに延びる
道路がさながら光の方眼紙のように見えて実にキレイ。
旋回しながら徐々に高度を落としていき、暗闇の中無事に北京首都空港
到着、日本時間だと23時過ぎですが、時差1時間あって22時到着。

飛行機の中で書いた検疫カードを提出、入国手続き、最後に税関を
通り過ぎて無事に入国を果たす。


北京のガイドさんと合流してバスへ。
真っ暗なんだけど道路の街頭はひたすら明るい北京の片田舎を30分ほど
激走。なんでも、道路事情がいい、のか悪いのか、道路はほぼ高速道路、
しかも信号がないからスイスイなんだけど、歩行者も自転車も普通に
わたってくるから怖いんだそうで。
さすがに夜中だったので人はいなかったけど、タクシーも乗用車も
およそ車線がないような走り方をしていて、あたしゃ中国じゃぜったい
運転はできないなと思いつつホテル到着。

ちなみに、中国は左ハンドル右側通行です。日本と逆。


ホテル、実は宿舎だと思っていたんですが、ホテルでした。
今回の主催者がまとめておさえてるホテルだったので、行程表には
そういう表示があったわけで、実はホテル。

あとで調べたらなるほど納得の2つ星ホテル。


部屋はカード型のタッチキー。ドアにカードを触れさすと開くキー。
これがまず、夜中に到着したもんだからセッティングできる従業員が
いなかったらしくカードで開かない。
しかたなくマスターキーで部屋に入る。

部屋はツインの一人使い。いいのこんな贅沢?w

見回すとやっぱりLANはなく、さっそくネットサーフィンを諦めてw
とりあえず電源にアダプターをセット、圏外だけどないと目覚ましと
しても使えないケータイを充電。

シャワーのチェック。
ちょっと予想してましたが、お湯が出ない。。。
おまけに出てくる水がほこりくさい。。。。
う~ん、これは慣れるまでしばらく大変そうだ。

ちなみに、水道水は絶対飲めません。危ないです。
ガイドさんに買ってきてもらったミネラルウォーターで歯磨きして
ほこりくさいけど体拭くだけだからいいやと、備え付けのタオルを
濡らして体を拭くだけ拭いてみた。

ちなみに、部屋のエアコンは効きは悪いがそこそこ暖かいので
大丈夫そう。

昼間仕事してたのと、飛行機の中でがんばって一睡もしなかったのと
で、ツインの布団1台分をひっぺがして毛布2枚重ねにして、あとは
忘れちゃならねぇ時差を計算しつつケータイの目覚ましをセットして
さっさと寝ました。

っていうか、波瀾万丈?(モアちゃん風)



スポンサーサイト



| 今日の日記 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年12月