無料アクセス解析
アーカイブ :2006年08月 まんぼう亭新漫画乱読日記

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

終わる夏休み

8月も晦日ですね~。
今頃悲鳴を上げている磯野家のようなご家庭がそこそこあるに違いない。。。


昨日のパソコン復旧大作戦が功を奏して、夜は3時まで眠れず。
いつもどおり7時に起きたけど眠いの眠くないの眠いんだけど。

会社着いて普通にパソコンが動いて一安心。帰りたい気分w


Pen4君の世話をしたいけど眠いの眠くないの眠いんだってば。
画面見てるだけで目が閉じてくるので今日のところは大目に見てやる。
目が閉じかかってるから小目だけどなっ!


明日から新学期ですので、いろいろ連絡事項を伝えに先様へご挨拶。
まだ静かでした。あたりまえか。


朝晩は涼しいのに、昼間はまだ暑い。
んでもって、こんなことしか日記のネタがないんだなぁとおもったんだけど、
一つ漫画文庫読み終わってることにコレ書きながら思い出したのでおしまい。


スポンサーサイト

| 今日の日記 | 17:08 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『いちご時代』/川崎苑子,ソノラマコミック文庫(朝日ソノラマ)

『ポテト時代』はこの前読みました。
今度はそよ子さんの妹、一番下の末っ子・ふう子ちゃんのお話・上下巻。


あいかわらず小粒でピリリな8ページが世界を構築していきます。
ちっさなふう子さんの壮大な宇宙が出来上がっていく世界観。楽しい。


あとこの『木苺さがし』と『天使さがし』の2編も、短編に納めるにしては
もったいない感じ。かなり美味しいです。

っていうか、感想文になってないな。


| 漫画文庫感想文 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リンクスというとヘリコプターを思い出す人

楽天リンクスに誘っていただいて入りました。
何か良いことあるに違いない。たぶん。

mixiみたく、SNSなわけでコミュニティとかにも参加すりゃいいんでしょうけど、
見るだにめんどくさそうで、コミュニティって。
まぁだから眺められればいいや(SNSを使いこなせない人)。


さっき、ファイルサーバのアカウントをリセットしちゃいました。
アドミンからログインして修復しようとしてますけど、そのアカウントをこの
パソから消してしまっていたような気がして気が気でありません。
そうすると再インストールとかになるのか?オレ死ぬのか?

アカウントリセットをなんでしてしまったんでしょう。うぅぅ。


それとは別に、1台XPがドメインにログイン出来ません。
これは前からこうなので、なんでログイン出来ないのか謎。


| 今日の日記 | 17:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

反省文

そも、事の発端は1台のパソコンの不調によるものでした。
会社のネットワークはそれなりにあたしが管理しているわけですが、残念なことに
Win2kのサーバの操作がよく分かっていません(管理者じゃないやw)。

で、その不調の1台というのが、サーバのドメインに参加できないというもの。
一番あたらしい「中古品」(新品じゃないところがウチの会社の良いところ!)でして、
なんとPen4が載っているんですよ、最新機種ですよ!(ウチの会社では)。

この子(以後Pen4君)のメインのお仕事は、通常の入力業務の他にタグを印字する
プリンタを繋いでバシバシ印字すること。
バシバシ印字するのはプリンタか。まぁともかく、その命令を出すこと。
OSはもちろん、XPです。新しくて目がくらみそうです。


さて。
この近所(っていうかすぐ上)に、普段ファイルサーバとして利用しているIBMの
いぶし銀パソコン(以降銀さん)がいるんですな。
Pen2(だったかな)でメモリもそこそこ、でもRAIDを組んで万全の体制でもってファイルの
一括管理をお願いしています。
まぁ銀さんが死んだときは、この会社が死ぬ時ですね。
本家のサーバが死んでも、ネットにはサーバ噛まさず繋げばいいし、プリンタにはUSB接続して
印刷しちゃえば良いだけですから。
でも銀さんはそうはいかない。今までの蓄積をすべてお任せしているわけですから、銀さんが
一人ひっそりと息を引き取った(バックアップ取らないで逝った)瞬間、この会社のデータが
すべて灰燼に帰す瞬間
なわけです。


んでもって今日。
諸般の事情により、延び延びにしていたタグ印字業務をいよいよPen4君にしてもらう時が
きました。ノビノビにしていた理由は、データの移行が【超】めんどくさくてやってなかった。
なにせ印字フォーム、移行元データはMS-DOSですからねw
移行できません。

しゃあない、フォームを作るかねぇと思ってPen4君を起動、したはいいけど。

「そうだった、この子ウチの会社の仲間はずれだったんだ」
ドメイン参加がどういう訳だか出来ないんです。サーバ(ウチの会社のサーバ、銀さんじゃない
方のね。以下棟梁ということで)に参加させて貰えないんです。
新築現場に来たけど、道具はおろかゴミ集めすらさせて貰えない新人君みたいなもの。
当然、銀さんのファイルは見られないし(ドメイン参加してないからね)、僕の愛機へ繋ぐ
ことも僕が繋げることも出来ない始末。

ここはいっちょう新人に発破かけて奮起して貰いますか!と、棟梁にご相談。
でも寡黙な棟梁は、解決の仕方を教えてくれません。それどころか気難しいところがあって、
下手にお願いすると逆に叱られるんで、注意が必要です。


あれは2年だか3年前でした。
そう、この日記にも書きましたけど、棟梁のIPアドレスをちょっと覗かせて貰った時でした。
うっかり変なボタンをポチッと押したばかりに、会社のネットワークを完全にストップさせて
技術屋さんをスポットで呼んで5万円払ったという、苦いにが~い思い出があります。

棟梁に相談するときには気をつけろ。

この教訓をしかし、今日の僕は忘れていたのでしょうか。魔が差していたんでしょうか。


新入りのPen4を何とかドメイン参加させてやって下さいと、メニューから選択して
ポチッと押したんですね。
「銀さん」が選択されているのを確認せずに。。。


棟梁、突然、現場監督の銀さんを首にしてくれました。

っていうか、実に正確に言うと、管理人の僕が棟梁を介して銀さんを首にしてしまいました。


そりゃもう、謝りましたよ。棟梁にも銀さんにも。
でも、相手は擬人化してても所詮はパソコンです。
一度下した命令は「リセット」でもしない限り取り消してはくれませんでした。

しゃあない。銀さんに現場復帰して頂くべく、ドメインを再設定しようとしました。

が。

そう。
銀さんには、選択の余地を残していなかったことを思い出したのです。
今思えば余計なことだったんです。


ふつうは初期設定の段階でadminのアカウントを作るんですよね。
でも、銀さんの設定で、僕はこのadiminの設定をわざわざ消した、記憶があるんです。
なんでわざわざ消したのか。まぁたぶんこんな事態にNARUTOは・・・なるとは思いも
しなかったんです。で、余計なアカウントは消しちゃえ~みたいな?

ホントにアホですね。出来心です。

ちゅことで。
銀さんは見事に生ける屍、起動できてもログイン出来ないという素晴らしい状態になりました。


さて、困った。どうしよう。時刻は終業まであと2時間くらいの16時。
とりあえず、思いつくだけのアカウントとパスワードでログインを試みるも、やっぱり
アカウントはキレイさっぱり消したあとで、そんなアカウントはネェ!と怒られっぱなし。
これはもう諦めて、上書きインストールしようと決めました。

HDDの中身が気になるのでその前にバックアップを、と思い、近ごろよく売ってるHDDをケースに
入れて外付けにするあれの基盤部分をむき出しにして、HDDに繋げてUSB経由で愛機にデータの
バックアップを・・・取ろうと思ったら認識されず。
何?RAIDにしてるとUSB外付けケースには認識されませんか?そうなの?
試しにマスタにしたりスレブにしたりしたけど、全然ダメ。うぅぅ。

仕方なく、ケースからHDD外して、愛機に繋げる・・・のがめんどくさいので、近くにあった
開けやすい新型パソコン(仮名・若頭君)に内蔵してデータ移動。
さすが内蔵。何年分かのデータで、テキスト系とはいえ結構な容量があるのに移動が早い。


しかし、この時点で既に就業時間はとっくに過ぎて、只今サービス残業中です。自業自得とも言う。


データ移動を終えて、再び銀さんにHDDを内蔵。
OS上書きするべぇと思ってブート用に作っていたFDDを入れて起動したら、ディスクエラー。
何でやねん。。。

仕方なくCD-ROM入れて起動したら、HDD読みに行きやがった。
そか、CD-ROMにしないとダメだったと再起動して、BIOSにいってからブート先を変更。
一回エンターキーを押し損ねて再びHDD読みに行ってを繰り返し(笑)、どうにかCD-ROMを
読みに行ってくれた。

修復という素敵な機能があったんですが、1回試して変わらず、めんどくさいのでデータの
バックアップも取ったし、クリーンインストールしようとしてハタ気がつきました。
RAIDはOSインストールと一緒にやるんだったそうだった。

ちゅことで、なんかあると困ると思って外しておいたRAIDボードを挿し直し、再びCD-ROM
読みに行かせ損ねてHDD読んでしまい再起動などをしながら、ようやくOS入れ直し成功。


さぁ、ここからですよ。
再びドメイン設定をしたらば。


「おめぇに使わせるドメインはネェ!」


棟梁のつれないお言葉。いけずぅ。
なんでも、ドメインに参加できるPCの数は10台と決まっているそうです。
で、ドメイン参加数がオーバーしているのでお前ぇは参加させねぇぞ、とのこと。


そか!
つまり、Pen4君こと新人さんがこのドメインに参加できなかった理由もこれなのか!
なるほど!!

なるほど、は良いけど、とりあえず参加して貰わなきゃ困ります。
ドメインを新たに設定して云々なんてめんどくさいし終電出ちゃうし、何よりもそんなこと
したことないのに今から一からやるなんて出来ません。

ちゅことで、棟梁にご相談。接続パソコンの中から、かつての銀さんの設定を削除して、
あと今は繋いでないあたしのリブレットの設定も残っていたので削除。
んでもって、新生銀さんからドメイン請求をしたらば。。。


「銀、すまなかったな。馬鹿な上のせいでおめぇを首にしちまったが、現場に戻ってきて
くんねぇか?」
「おもてをあげてくだせぇ棟梁、悪いのは棟梁じゃねぇ、馬鹿な上でさぁ。」


そんな会話が聞こえたような聞こえないような、銀さんは無事にドメイン復帰してくれました。
もちろん、愛機からも銀さんの中身が見えます。よかった。。。
ついでに、終電にも間に合いました。ホントに良かった。。。


Pen4君の復旧は明日にでもやろう。


| 今日の日記 | 00:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『UDON』/監督・本広克行,配給・東宝

こんだけ「うどんうどん」言うてて、そろそろ「そういえばうどんの映画を
やってるみたいだけど、当然もう見たんだよね」的質問もちらほら聞かれたり
聞かれなかったりする昨今ですので、見に行きました。

っていうか、人生でこれだけの短時間にこんなに映画を見に行ったことって
そうそうない、いや、初めてのことですね。

なぜ学割がある学生時代にソレをしなかったのだ、おいらは。


さて。

ええと、ネタバレになるのかな。
一応伏せ字にしておきますか。
んでも、たいしたネタバレも今さらないので薄くしておきますかw



あらすじ。
夢を求めてNYに行ったユースケことコースケ。
人を笑わせるのなんて簡単だ!と豪語して家を飛び出していったものの、あっさりと
その夢が破れ故郷の香川にもどってくる。実家は製麺所。

もうひとり。
自分の本を出したいと出版社に入った小西こと恭子ちゃん。
リアル方向音痴は人生も方向音痴で、どういうわけかタウン誌の原稿書きという
自分の目的地とは違うルートで迷うお姉さん。


夢破れて実家に転がり込んだコースケですが、借金だけは人並み以上にある始末。
しかたなく職を探すと、広告代理店に勤めているトータスことショースケに取引先の
タウン誌のアルバイトを紹介される。そこには恭子ちゃんが物書きの仕事をしていた。

まんまと編集長の口車にのせられ就職するも、タウン誌は思った以上に売れてないことに
気がつくコースケ。ところが、『本なら何でもそろう』宮脇書店で、旅行オタクの3人組が
香川のうどん屋情報を求めてタウン誌を漁り、情報が無いことに嘆いているのを見つける。

「うどん、か?」

香川において「日常」で「文化」であるさぬきうどん。
あたりまえにソコにあるモノが実は県外客からしたら『非日常』であることに目を付けた
コースケは、ショースケ・恭子ちゃんと3人でうどん屋探しを始める。


「日常」で「文化」のうどん屋は、地元住民にとってはあたりまえの存在であっても
隣町の人間にしたらたどりつくのもやっとの難解な場所にあり、まるで宝探しのような感覚。

宝物を見つけた感動と、たどり着いたさきの旨いうどん。
コレは確実に『何か』になると革新したメンバーは『麺通団』を結成。
「日常」で「文化」のうどんは、こうして香川内でムーブメントをよび、やがてそれは
全国レベルの「ブーム」となったのだった。

しかし。
ブームは「その瞬間が頂点であり、あとは右肩下がりになるだけ」のもの。
はたして、このブームの火付け人たちはこのあとどうなっていくのか・・・


あらすじ書き出したらどえりゃあ長ぇことになったのでばっさり切ったんだけど、
やっぱり長かった。ごめんなさい。


この映画の楽しみ方は、たぶん3つあると思う。

その1
一度でも香川でうどんを食べたことがある人間にとっては、コースケたちのうどん屋探しが
まるで自分が旅しているような気にさせてくれる(もしくは思い出す)。
そして行った先のうどん屋が、知っている店だったりして思わずほくそ笑む。

その2
一度も行ったことないけど、「恐るべきさぬきうどん」シリーズを熟読した人が、バーチャル
香川体験をするのにはもってこいの作品。
まるで自分がゲリ通(ゲリラ麺通団ごっこの略)の一員になって、一緒にうどん屋を探し
歩いている気分になれる。

その3
香川に行ったことないし、「恐るべき~」も知らない人間が見ると、たぶん僕らが一番最初に
「恐るべき~」を読んだ時の気分になれる、のかも知れない。たぶんね。
というのも、「恐るべき~」はあのT尾さんもとい田尾団長のあの会話文形式文章が面白い
わけで、それが全部映画に反映されていたかというと定かではない(適当な)。

ということで、その3はもはやあの世界にどっぷりはまっている僕には分からないので
ご自身でお確かめ下さいw


映画全体のストーリーとしては、どちらかというと感動巨編なのかもしれません。
こっからホントにネタバレですよ。

製麺所が嫌いで、製麺所の子どもといじめられた過去に別れを告げるべくNYに飛んだ
コースケが、嫌で嫌で仕方なかったうどん屋の、オヤジのあとを継ごうと決心するも、
オヤジはあっけなく他界。それでも、オヤジの打っていたうどんに人が集まってきて、
それを見てオヤジのうどんを再現したる!と一念発起したコースケが、見事にオヤジに
追いついてめでたしめでたしという感じですので、そのあたりが泣けます。

いや、オイラは泣かなかったけど。


あたしはそれよりも、行ったことあるうどん屋の大将やおばちゃんが普通に出てきて
しゃべってて、あの大将あんな声だったんかい!とか、赤坂のおばちゃんはやっぱり映画
でも「ネギははさみでちょんちょんね~」なんかいっ!とか、そっちの方ばかりに
気を取られてました。っていうかニヤニヤしてましたw


とまぁ、そんな感じです。
ここ最近では一番時間が長い映画だけど、時間の長さは全く感じなかった作品でした。
楽しかった!素直に!


| 漫画以外のメディア感想文 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニンニクの力、ゲームの力

テレビのCMとかでも流れまくっている「ニンニクの力」。
たまたまウチの会社の人から貰いまして、どんなもんかと飲んでみました。


・・・うーん、別に(爆)。


この前、池袋で玉突きしたときに、その下層のゲーセンのキャッチャーでプライズを
ゲットしてました。プレステ風コントローラーに25種類のゲームが入ったやつ。
コントローラーから直接黄色と白の線がでていて、テレビの端子に入れてコントローラー
の電源を入れるとその場でゲームが出来るという優れもの。中のゲームはパッチモノw

取ってからウチでそこそこプレイしていて気がついたこと。
やっぱり僕は80年代を生きていなかったらしい。

難しい。


ソンソン風ゲーム。全然進めない。
マッピー風ゲーム。操作ができない。
ボンバーマン風ゲーム。出口のトビラを爆破したら大変な目にあった。
マクロス風ゲーム。変型ができない。
ツインビー風ゲーム。ベルが取れない。

ハイパーオリンピック風ゲームのクレー射撃があったんですが、これはなんとかタイミング
だけでどうにか遊べるゲームでした。
あと妙なシューティングも、ウエポン取ればどうにかプレイできました。


そんなわけで、そこそこやっただけで飽きたので(笑)会社に持ってきてみた。
仕事がはけて、試しにと給湯室のテレビに繋いで遊び出すにらたま君。
うーん。。。そこそこ上手い。

そしてそしをさんにバトンタッチ。
マッピー風ゲームがもの凄く上手い。普通にクリアしてる。


やっぱり、ゲームに限らず遊びとかも子どもの頃にどれだけこなしてきたかが、後の人生で
問われるんだと思うんです。

まぁたしかに子どものためにファミコン買い与えなかったウチみたいな家庭も、それはそれで
きっと何かしら今の僕の人生に影響があるに違いないけど、ソレを代償にしてやっていた
くもん式とかピアノとかが果たして役に立っているかどうかと問われると。疑問。
ピアノは良かったと思うけど。いやでも今弾けないけど笑

ということでこのゲーム機は会社に常駐になりました。いいのかそれで。


いつもの部活。
にらたま君がホントに上手くなっていって憎い。憎たらしいわ。



| 今日の日記 | 00:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たまには引きこもろう

武道館にでも写真撮りに行こうかなぁそうするとフィルムがちょうど終わる
しなぁと思いながら、気が付いたらマイメロディが終わっていたので
(つまり10時30くらい起き)いろいろ諦めて家にいることにしました。

HDDがそろそろいっぱい。
でも、今のルーティンが7月からのものなのでまだDVD-Rに焼けず。
しゃあないんでSPで録画してるハチクロだけ焼いて容量稼いで、あとは
チャプター切ってたら1日が終わりました。どんな1日だ。



| 今日の日記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『時をかける少女』/監督・細田守,配給・角川ヘラルド映画

今日から渋谷でも公開です。
渋谷の他にも、池袋とかでも公開なのです。

渋谷はシネセゾン。かの有名な109の裏にあるビルの6階。
ちなみに、先着350名にはポストカードをプレゼント!だったそうです。

ということで。
初回に行ってきました。もちろんポストカードゲット。
映画って、テーマパークほど並ばないんですね。最近知りました。


さぁて。
書きたいことがありすぎて困ってます。
ネタバレにもなるので、以下は反転して読んで下さい。
ケータイだと全部まるっとお見通しだそうですので、もし楽しみにしていたり
少しでも見に行くよ、と思っているんでしたら、辞めた方が良いと思います。
読まないで下さい。

それでは。





まぁともかくです。結論から言うと僕泣きました。マジで笑
ちょっと恥ずかしいくらい泣けました。エンドロールで。


入り込み過ぎちゃった。うっかり。


実は、mixiなんかでみんなが「時かけいいよ、ゲ○なんか見なくて良いよ」と
そればかり聞かされていて。
まぁジブリは『王と鳥』見て十分だったのでゲドは見たいと思わないので見ませんが、
それにしてもこの「時かけ」ムーブメントは、mixi読むにつけyahoo!ムービー見るに
つけ、おかしいぞと。ちょっと引くくらいに眺めてました。

それでも、ゲドとは違って「見てみたいな」という要素がたくさん。

まずは監督が細田守。
僕くらいの“ライトな”アニオタでも知っているこの細田さんという人は、今までにも
おジャ魔女とかデジモンとかで、ちょっと変わった(といったら失礼かしら)演出で
作品を見せてくれる方です。

特に、おジャ魔女ドッカ~ンの時には、この週だけおジャ魔女がおジャ魔女でなかった
気さえする演出でした。・・・それってダメじゃん笑

いやでも、同じ30分なのにどうしてこんなに世界が違うんだろうと驚かされたもんです。
それだけに、タイトル見ただけで「あぁ、あんな話だったよな」と言えるくらい。

んでもって、作ってるところがマッドハウス。
これまた思い入れだらけのアニメ制作会社なもんですから。
そりゃ映画嫌いのあたしも触手がのびるというもんです。


あと、あずまきよひこ先生が見に行ってイラスト描いてたのも理由の一つにしておきますw


主題歌。
映画が良いよ!というのと、主題歌がキテるよ!という日記を見てて、先に仕入れて
いました。『ガーネット』/奥華子,ポニーキャニオン。
歌を聴いてただけだと「なんか、ねぼけた歌い方する歌だなぁ。。。コレホントにいいの?」
だったんですが。

映画のエンディングでコレ聞かされて、書いている今ですらも涙が溢れてきます。


あああ、いかんいかん。ホントにマズイ。入れ込みすぎてる。


この歌の歌詞の一語一語がこの作品のまとめであり、この作品の未来であり、主人公そのもの
なんですね。
歌詞書いちゃうと著作権が発生したりしなかったりするので書きませんけど、もうともかく、
聞き入ってしまって涙がこぼれてしまって。

ブレイブストーリーの映画CMじゃないんだからっ!とか自分に言い聞かせてましたけど、
外出て目が真っ赤に充血していたに違いないので恥ずかしいので僕もう泣かない。がんばる。


あ~、ほんとにまずいな。


ええと。お話。
原作は筒井康隆。もちろん読んでいません。
ちなみに、はるか神世の時代に映画化されていますが、アレも見てません。
見ておけ!といわれましたけど、だから映画って基本的に嫌いなんだって。
まぁ、でも、今日のコレはちょっと見ようかなと,思ったり、思わなかったり、するけど。


『王と鳥』では、外国アニメーションの『執拗なまでの』動く映像をみたけど、コレは
やっぱりジャパニメーションで無駄な動きはぜーんぜん無くて、気持ち悪いっと思うほどの
動きはないですけど、でも普通のテレビアニメーションよりはもちろん動いてます。
普段だったら絶対ぶった切られそうな走るシーンとか、そんなに書き込んでたらいくら
時間があっても足りないよ!と怒られそうな化学準備室の備品の書き込みとか。

外国アニメーションは、目が届かないようなところまで動かそうとしてる気がするんですね。
例えば、ディズニーでミッキーがホウキを持つシーンとかでも、右ふって左ふって、んで
柄を廻しながらもったりとかするじゃないですか。
日本のだと、そんなめんどくさいコトしなくて「ひょい」と持つわけですよ。
日本人なので僕はこっちのほうが好きなんだけど。どうですか?

無駄な動きっていうのはつまりそういう動きのことを言ってます。
誤解されそうでwいちおう言い訳。


映画の宣伝とかで、タイムリープ(タイムトラベルとかタイムスリップとかって言わないんだね)
能力を身につけた主人公・紺野真琴は、つまらないことでその力を使っている毎日、
ある時それが積もりに積もって、そんな中でチアキからコクられて、それを取り消そうとあれや
これやしているウチにとんでもないことに。

そんなあらすじを読んでいたので、なるほどぉ甘じょっぱい恋愛SFかぁとか思ってました。


たしかに、恋の進み具合はあまじょっぱかったけど、それにしてもチアキはずるい!
未来から来たと言って、真琴にはもう会えないと言って、それでも真琴がボーナスステージを
手に入れて、再びチアキに出会って、それでももうそれは決められた未来をつきつけられた
現実であって、真琴とはホントにもう会えなくなってしまうのに、チアキの最後の一言は
ホントにずるいと思う。「未来で待ってる」って、そりゃないよ。

もうね、ホントに思うわけですよ。
この手の話にオイラはなんて弱いんだろうとね。
灰羽もつまり同じ様な話なわけです。
別れが、それもひょっとしたら今後一切出会うことが出来ないかもしれない別れが目の前に
見えている状態で、その別れまでの過程を見させられるのがホントにつらい。

真琴にボーナスステージが必要だったかと言われると、そりゃ絶対必要だったわけだし、
好きだと分かっていながら別れなきゃいけないなんてこの上なくつらいし。
それでもチアキがあのセリフを言うなんてもう何て言うかああもうっ。


そんな心をグラグラにほだされたところであのエンドロール。ガーネット。


きったね~!ずりぃよ!きたねぇよ!ひでぇなおい!
そりゃもうボロボロ泣かされましたよホントに。笑っちゃうくらいです。
あの主題歌の為にこの映画作ったんじゃないのって本末転倒なこと考えるくらいです。


このあといつまでたってもこの辺のもやもやを書き続けることになるだけなので辞めます。
もう一回は見られねぇかも。始まった途端泣き出す予感。(笑)





長文失礼しました。


| 漫画以外のメディア感想文 | 16:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

んでもって勢いで買っちゃったサントラ

こりゃ映画を見ただけじゃ気が済まないなぁと思い、映画館帰りに会社寄るついでに
タワレコでサントラ買っちゃいました。時かけの。

あいかわらずタワレコは6,000円買うとダブルポイントでお得だよ(裏を返せば6,000円
買わないとダブルポイントつけてやらねぇよ)セールを展開中で、好評につき8月31日まで
延長だったのが9月も延長するみたいで、もはや寂れた商店街にある年中閉店セールの
赤札でている家具屋か家電屋かブティックかってくらいの印象すらあります。
だまされてるぞ俺ら。。。

実はもう一枚、ARIA(TOPページに乗っけてた、暑中お見舞いのあのキャラクターが
出てくるアニメ)のピアノコレクションも欲しかったので、サントラとあわせて2枚買えば
6,000円いくかなぁと思ってました。


・・・あまかった。


ピアノコレクションは2,100円だし、時かけのサントラは2,500円。
どう転んでも6,000円には届かないし。でもどうせ買うなら6,000円分買いたいし。
もうタワレコに騙されてるし!どうでもいいけどアメリカのタワレコは倒産したっていうし!
くそうっ!!ぐぬぬぬぬっっ!と苦虫を噛む思いで、一緒にNARUTOの主題歌集第2弾を
買いました。これだけ3,360円。足したら8,000円近くになっちゃうじゃないかっ。


・・・やっぱり、騙されたような気がする。


あ~。やっぱりなんだかんだいってもサントラっていいわぁ。
音効さんでもないのに、なんでオイラこんなにサントラばっかり買ってるんだろう」と
いっときワザと買わないようにしてましたけど、エマさんのサントラとかARIAのサントラ
とか、それだけ聞いてても十分風景や情景が目に浮かんできたり、時々は寝苦しいときに
かけて寝てみたりと、ちゃんとした楽しみ方を見つけられたような気がします、最近。

エマさんのサントラもいいですよ。なんかこうノスタルジーな感じがして。

んでもって、会社に来て日記をブチあげつつピアノコレクション聞いて、さっき時かけの
サントラ聞き終えました。やっぱりガーネットで泣きそうになったけど我慢した。


今日買ったCD
『時をかける少女』/音楽・吉田潔,ポニーキャニオン
『ARIA~ピアノ・コレクション~スタジオーネ』
 /ピアノ演奏・妹尾武・窪田ミナ,ビクターエンタテインメント
『NARUTOベストヒットコレクション2』,アニプレックス


| 漫画以外のメディア感想文 | 16:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

河岸を変えてみる

この前、初めて池袋の『ロサ会館』でビリヤードをやったんですが、渋谷より安くて
んでもまぁ台の状態はボチボチ(一番安いコーナーでやったから文句は言えません)。
気分も変わってよかったねということで、今日は新宿に行ってみました。

新宿のコマ劇場の近所のビルにあるこのビリヤード場は、実は僕がビリヤードのキューを
初めて持って、玉を初めて打った場所でもあるわけですが。


ここまで来るのに疲れました。客引きで。新宿うぜぇな。
歌舞伎町のど真ん中だから、文句は言えないけど。それにしてもうざったい。


さて。
ここにはですね、スヌーカーの台があるんですよ。(コレで店がバレた気がする笑)
スヌーカーは、普通のビリヤードと違って、っていうか全然ルールが違うし、あまつさえ
ビリヤードの台からして違うから滅多にお目にかかれません。
ましてや、自分はスヌーカーやれるほどの腕も勇気もありません。

なにより、ボールがどの位置に何の色を置くかとか、どのボールをポケットすると何点だ
とか全然わからないし。ゲームってホントに便利よね、全部得点計算してくれるんだもん。


でも、実際スヌーカーは見てみたいじゃないですか。やってるの。
そしたら、指定された台がスヌーカー台のすぐ隣でした。見られましたがな~、プレイを。
他人のだけどw


おおまなかルールだけ説明すると、手前から3・1・1・1の6色の玉と、15コの赤玉が
あって、自分の白玉でまず15コの赤玉の1コをポケット、もしポケットできたら6色の色玉を
コールショットしていきます。
得点は、赤玉は1コ1点、以下黄色・2,緑・3,茶・4,青・5,桃・6,黒・7点。
で、赤→色玉とポケットしていき、色玉はポケットしたらばホームポジションに戻します。
赤玉15コがすべてポケットしたらば、あとは黄→緑→茶→青→桃→黒の順にポケットして
ゲームセット。

ね、めんどくさいでしょ?笑
上の書くにしても、人のページ見なきゃ書けないし。
細かいファールとかは更にめんどくさいので書きません。


ともかく。
にらたま君とゲームやりましたけど、心はほとんどスヌーカー台にw
まぁ下手の横好きくらいに僕もそこそこ玉に当たるようになってきていい気になっている
今日この頃です。
にらたま君はホントに上手くなってきているのでむかつきます笑


ええと、続きがあったの忘れてた。

玉突きしてたら入電。池木くんからでした。
飯喰うぞ。ドコだ!とのこと。新宿で玉突いてるよと返信したらば、んじゃそっち行く
とのこと。ちょうど2時間だったので終わりにして下層のゲーセンでウロウロして
いると、再び入電。

「山手線が、止まった。。。」

線路立ち入りで止まったとのこと。でもいま代々木とのこと。
んじゃ、僕らも動いてタイムズスクエアの方に行こうか、と移動しようとしたら。

「電車が、動いた。。。」

そですか。ちゅことで、時間もあまりないので(22:00過ぎ)駅までお出迎え。
どうにかアルタ前で合流して、ちょっと行ったところにちょうどあった
お好み焼き屋さんに入店。おぉっラストオーダーまで残り10分でしたよ笑


池木さんとは実に久しぶり。
どのくらい久しぶりかというと、覚えてないくらい久しぶり笑
だもんで、お好み焼きながらもくっちゃべって、楽しい時間を過ごしました。
お好み焼きはいいね~。


| 今日の日記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。