無料アクセス解析
アーカイブ :2006年07月11日 まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

2006年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年08月

≫ EDIT

映画「ハチミツとクローバー』,ハチミツとクローバーフィルムパートナーズ

J-WAVEの試写会応募をしてみた。
J-WAVE会員にならないとダメ、と言われたのでなった。
んでもって応募したら、10倍の競争率を勝ち抜いて試写会が当選。
1年に1本映画を見るか見ないかの私が、試写会で見てしまっても良いんだろうか。

・・・まぁ、当たったから行くけどね笑


ということで、うどんから帰ってきて日も浅いのに定時に上がり(明日の残業が。。。)
そしをさんとともに、霞ヶ関のイイノホールへ。


そし「なんか嫌な予感がするんだけど」
まん「多分その予感は的中しますよ」

18:30会場のイイノホールには、腐女子お嬢さんたちの行列。
予想通り。
んまぁ、逆に油臭い男共ばかりでも困るんだが。

そして、ネクタイorクールビズのサラリーマンなんて居やしねぇw
ボヤボヤしてたら、J-WAVEの番組、e-station goldのナビゲーターである
渡辺佑とみんしるさんが登場。
今回のスポンサーであるジャックスカードの宣伝をキッチリとして、ついでに番宣も
がっちりとして退出。すぐさま試写会がスタートです。


ええと。
この先ネタバレになりますので、読まれたい方は反転してお読み下さい。



年間に1本見るか見ないかの非・映画人ですので、僕が偉そうにあーでもないこーでもない
と映画について語るにはおこがましいので、今回はハチクロファンとしての感想です。
映画の撮り方がどーの、あそこはああいう芝居じゃねぇだろうとか、そんなのは他の
サイトやブログで検索して見て下さい。


まずは駄目だった点からにしようかな。

その1.真山が原作よりへっぽこだったなぁ、という点。
原作真山は、絶好調に格好いいのでそれと比べるのは間違っているとは思えど、
ちょ~っとへっぽこ過ぎかなぁ。

その2.竹本くんしゃべれてねぇ~w
櫻井くん途中セリフがよく分かりませんでした。あの寮の屋上で牛肉焼いているときのセリフ。

そんなもんかな。


良かった点。

その1.よくまとめました。
あのてんこもりの現在進行形の内容で、よくまぁキレイにまとめたもんだ。
原作付きの、さらにアニメ付きで、おおよそのユーザーは凝り固まった概念があるにも
かかわらず、キャラクターは思ったほど大ハズレなく、かといって個性を強くしすぎて
まとまりがつかないことにもならずに微妙なバランスでキレイに仕上げたもんだと。

その2.音楽は菅野よう子。
菅野のアクの強さが無いバージョンです。青春群像劇を描き出す、あまじょっぱいシーンに
あまじょっぱい曲をさりげなく投下してきました。あまじょっぱさ倍増。

その3.森田さん山田さんがなかなか。
伊勢谷さんと関さんは、なかなかイイカンジでした。
なるほど、この二人は笑う大天使(ミカエル)でも共演するんだ。へぇ。

その4.脇役がしっかり。
オカマブラザースが堀部圭亮・宮崎吐夢だったり、風待ち通りのマスターが利重剛だったり、
宮大工(修復士)が中村獅童だったりと、舞台人が脇を固めてて渋いなぁ、と思った。

その5.ともかくあまじょっぱいのが大好きな方は必見。
青春群像劇というのに免疫がない方には、まさにクローバーのハチミツのごとき
あまじょっぱ~い世界が脳みそに広がってたまりません。恋をしたくなると思う。
逆に、このまどろっこしさが嫌いな方には絶好調で嫌気がさすだろうと。


ネタバレが心配されましたが、いざ書きおこしてみると大したことないな。
しかし、そうか、関&伊勢谷は大天使にも出てるとなると、そっちも見てみたいじゃないか。
試写会・・・ええと、キャストが制服姿でゲストとして参加したのが既に終わってる。。。
映画館で見るのか~?うーん。


スポンサーサイト



| 漫画以外のメディア感想文 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年08月