無料アクセス解析
アーカイブ :2006年01月14日 まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

2005年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年02月

≫ EDIT

『アプローズ-喝采-』/有吉京子,秋田文庫

ずるい!

ずるいずるいずるいずるいずるいずるい!!


こんなにも時間をかけて、結果がこれか!


ずるい!

ずるいずるいずるいずるいずるいずるい!ずるすぎる!!

朝の通勤電車内で読み終えたんですが、何かもう朝からむかっ腹たちまくりです。


あらすじ。
ベルギーの神学校で出会ったシュナックと沙羅(しゃら)。
演劇部に所属し、シュナックはその美貌で、沙羅はその男勝りの風体で人気者の二人が、
ある時復活祭の演劇会で「マノン・レスコー」を演じ、大喝采を浴びた。

そして。
シュナックはその日、沙羅に『愛』を告げた。


沙羅はシュナックの愛に応えることが、まだ出来ずにいた。シュナックには友としての
愛情にしか答えられずにいた。
失望したシュナックは沙羅と決別を決心し、沙羅に心を閉ざしたままベルジェールと婚約、
そのまま沙羅の前から、一陣の風のように姿を消してしまった。

シュナックと決別した沙羅。失望・絶望・そして沸き上がる疑心。
シュナックと悪夢のような別れをして初めて、自分の心にしめるシュナックへの想いを
まざまざとしり、絶望の中で苦しむ沙羅。

そうして。
シュナックを思い出す演劇の一切を、沙羅は棄てたのです。


時が流れ。
父の仕事の都合でアメリカに渡った沙羅。
演じることを棄てきった沙羅はしかし、ブロードウェイのオフのオフ、野球で言うところの
1A(シングルエー)のような弱小演劇集団「サクセス」でアルバイトをしていた。

手伝いはすれど決して演じることをしない沙羅。


ある時、主演女優が舞台初日に穴を開け、劇場から多額の賠償を迫られることになる。
舞台に穴を開けたことに少なからず関わっていた沙羅は、コレを最後にとサクセスのために
演じることを決心した。


舞台は大成功。沙羅は心おきなく演劇を棄てられる!
そう思って見上げた壁には。


シュール・ベルジェールと名を変え、ブロードウェイで華々しいデビューを飾っていた
シュナックの姿を見たのだった。


二人の砂時計はこうしてまた、新しい時を刻み始めた。。。


この先はもうどうにでもしてください。
結末も、もうホントに気になったら読んで下さい。
もうね、僕は感動こそすれ、ともかく「ずるい」の一言に尽きました。

許されざる同性同士の愛の形、その結末がアレで本当にいいのかと。
結末に至るまでの、暗闇も閃光も、まだまだ描けたのではないのかと。


劇中、ブロードウェイで同性を愛した女優の引退シーンが流れています。
彼女は、ブロードウェイでの成功と引き換えに、最愛の彼女との別れをしています。
そして、ようやく舞台から降りた瞬間、彼女との永遠の別れを知らされるのです。
既に亡くなってしまった彼女のことを。


ど~なんだろう。
あぁもう、なんかむしゃくしゃする。

永遠の愛の形が絶対的な『死』であるとしたら、この世の中から自殺する人は無くならない。
究極の『苦悩』からの脱却が『死』であるとしたら、人は進んで死ぬことを求めなければならない。
そんな簡単に、人を殺してしまっても良いのだろうか。

わかりやすい。たしかにわかりやすい結末。
だけれども、沙羅ならばシュナックを支えながらでも、もっと別の結末を迎えることが
できたんじゃないだろうか。

シュールとして生きることで、シュナックを殺してしまったシュナックを、沙羅ならば
支えることができたんじゃないだろうか。


なぜ。あぁもう。


すっかり結末が分かってしまいましたが、まぁそういうことです。

シュナックの婚約者のベルジェール。
最終的にブロードウェイで生きていくことに決めた彼。

『風の輪舞(ロンド)』には誰一人として悪役が居なかったのに対して、ベルジェールは
この物語の最悪最凶の悪役であり、憎まれ役であり。

僕からしたら、こいつこそ、男のこやつこそナゼ死ななかったのかと思いました。

あぁ、なんかもう、許せないな。


ただ。
有吉京子は初めて読みました。
この画圧は何でしょう。同じ場面が何度も出てくるのに、この迫力はなんでしょう。
この真っ黒い画面はどうでしょう。
コレは少し、読まないとダメかも知れません。

そうすれば、この作品のこの結末も、理解出来る日が来るかも知れないから。


スポンサーサイト



| 漫画文庫感想文 | 10:11 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

追悼新年会

久しぶりの大雨。ざぶざぶ降ってます。
先週の寒気が来てたら大雪でしょうね。ぞっとします。


それはともかく。
亡き社長のご自宅で、追悼新年会をやりました。

詳しく書くほどのことはないんですけど、まぁほどほどにバカ騒ぎ。
社長の供養に、何より奥さまに少しでも元気が分けられたらいいですね。

雀卓出して麻雀をおっぱじめたので、そそと退却。
麻雀、ルールが今イチ分かりません。どの牌を集めたらいいのかとかそのくらいかな。
点数なんてもってのほか。さっぱりです。


そそと帰って21時。いつもより早いです。
雨は夜まで降り続きました。


| 今日の日記 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年02月