無料アクセス解析
アーカイブ :2005年12月09日 まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

2005年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年01月

≫ EDIT

高松恒例瓦町シダックスでカラオケ

うどん棒と鶴丸の間でカラオケしました。
なんやかんやで最後に「世界じゃそれを愛と呼ぶんだぜ」を大合唱して終わったので、
喉が痛いの痛くないの。

1日2サンボまで、です。それ以上はダメです。

ちなみに、鶴丸でカレーうどんを食べなかったのはこの喉を痛めたからというのも
理由に挙げられよう。(論文調にしてみた)


近頃よくカラオケに行っているおかげで、声はそこそこ出ました。
自分の宿題になっていた「アカギ」も、初めて入れてみて(前回のは予習にもならな
かったしw)、難しいところを再認識。

「まだ人前で歌えるレベルじゃなかったですねスミマセン」と言ったら「ココは人前じゃ
ないんかいっっ!」とそしをさんにツッこまれました。
すみませんすみませんごめんなさい。




スポンサーサイト



| 今日の日記 | 00:01 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高松しっぽくの旅・1日目

始発の駅、人は少ないんだろうと思ってましたが何をおっしゃる、普通に混んでます。
そして何より電車も混んでます。ぶつくさ。。。
座れなかったよ、始発なのに。ぶつくさ。

羽田に到着したのが07:10くらい。Suicaスロットもやってなくってぶつくさ。
行きの飛行機はJALなので第一ターミナル、よって集合場所は太陽の塔前で07:30集合。
ところが、どこぞの修学旅行生に占拠されて集合場所をちょっとスライド。ぶつくさ。

集合後あいさつもそこそこにとっととチケット発券してさっさと飛行機に。

メンバー紹介。
大先輩・hasizoさん。先輩のそしをさん。僕、んでにらたま。
高松で、これまた大先輩のひでさんと合流、後輩の駿平君とは土曜日に合流。
最大人数で6名です。


高松着が09:30頃でした。

いつもならばな~んてこともなくレンタカーの営業所まで連れて行って貰えるのに、
何だか知らんがものごっつ空港が混雑していて、結局車を借りられたのが、ひでさんと
高松で合流しようと思っていた10時、めちゃめちゃ遅れたやん、ぶつくさ。

10時合流して「がもう」で朝食を、と思っていたのに、結局合流できたのが11時
ちょっと前になっちゃって、しかたなくがもうをスルーして「田村」へ。

結局、この旅では「がもう」を行くことなく終えました。
Sザキさん(伏せ字になってないw)がいたらこういうに違いないと、車の中で全会一致。


「みなさん、偉くなったもんですね・・・」


さて。んじゃあ今回のうどんランデブーを始めますか。


1軒目・田村
当初の予定はこの田村に来る予定でした。
まぁだから予定通りと言えば予定通りなんだけど、土曜日のスケジュールがキツキツで
それを考えるとがもうを朝食にするべきじゃないかと思っていたんです。

まぁそれがすっかり頓挫したわけで。
当然、そしをさんの運転も荒れるわけで(笑)

イライラの中どーにか田村に着。
1杯食べてすっきり気分が解消、な、なんて単純な僕らなんだ。


地粉を使っているといううどんは、他の真白いものよりもやや茶がかかったような
うどん、それがでも香りよく、またタイミング良く揚げたてで、1分で完食。
ごちそうさま、そしてただいま、香川県!


2軒目・松岡
今回の旅の目的における45%は、松岡のしっぽくを食べることでありました。
ということで、松岡に。

今日も今日とて空いていて、おかげさまで堪能いたしました。

いつもの松岡のダシに大根・人参・なぜかモツが入っていて、いつものやさしさに
野菜の甘さが加わって、「あま~~~~いっ!」ことになってました。

甘味の甘さとかじゃなくて、最大級の優しさっていうの?
ともかくもその優しさにノックアウト。


3軒目・竹清
僕は、ジョーヂさんやハウステンさんとうどんオフ会の時に食べたんですが、
皆さんはまだだったので今回ルートに加えられました。
その営業時間の微妙さからいつも行けずにいたわけです。

店にはいると既に大混雑。
みなさんええと12時前なんですけど。いいんですか?お昼休みなんですか??
天ぷらを揚げている女将さんを撮ろうとしたら、すかさずピースサイン。
む、むっちゃ可愛い~!!!もへ~!!!

アキバのメイドには萌えないけど、うどんやのおばあちゃんには萌えるかも。

半熟卵天ぷら、揚げたてを直接どんぶりに入れて貰い(ラッキーw)あっつうまに
ズルズルとごちそうさま。半熟卵をうどんに絡めて食べる、最高のごちそう。

帰りがけ、ごちそうさまと言ったらまたもニコっとしてくれました。
ももも、萌へ=!!

4軒目・はりや
僕らの新規店。いままで行こう行こうと思っていたけど行けなかった1軒です。
高松市内の海沿い、ちょっと外れたところにあるココで、若い大将がえっさほっさと
うどんをこねてうどんを切ってうどんを茹でてるお店です。

新人君の若い子がいて、この子の手際がややイマイチで、おかげさまで大将はちょっと
ピリピリしてまして笑
怒ることも大切だけど、お客様に気を遣わせないでね(苦笑)

うどんは、小といってもものごっつ量があって、だいぶおなかがふくれてきた僕らには
やや重め。んでも、目の前で出来てきた正真正銘の揚げたてのうどん。まずいはずは
ありません!
かけダシも美味しかったし、隣で食べてたそしをさんのかしわ(鳥カラ)もご相伴に
あずかり、うめぇうめぇ。

揚げたてのうどんに勝るモノ無し。絶対無敵。


5軒目・中北
この日の午前の部の最後は中北、イワシの天ぷらが時価のお店です。
前回は日曜日に行ったこともあって、閉店間際に大行列に巻き込まれましたけど
今日は実に空いてました。入ったらすぐすわれたよw

天ぷらがなくて、「イワシまだありますか?」と聞いたら「あるよ~」と言われたので
とりあえず注文。hasizoさんはうどんがはいりそうになくて、イワシ天とレンコン天、
そして冷酒を注文。うどん屋なのにw

親父さんが天ぷらを目の前で揚げてくれて、女将さんがうどんをつくってくれました。
揚げたてのイワシ天にダシ醤油をちゅっとかけてサクッ。

うううううううううう、ううま~~~いっっ!!

旨すぎて卒倒しそう。またうどんとも最高の相性で、卒倒しそうでした。
満腹もどこへやら。。。

ただ、さすがにここまでオプション系を食べ過ぎただけあって満腹。
いつもとちがって、うどんだけじゃないのでいつまでも空腹はこないのでした。

近所のスーパーで胃薬を買い、それでももう1軒へ。


6軒目(ボーナストラック)・まえば
時間が時間でしたが(この時点で午後3時)、ネットで検索していて気になる情報を
見ていたので行くことに。

場所は、琴電の栗熊駅近く。いつも通ってる32号線沿いにあります。
だ~っと行って、がくっと曲がって到着(なんじゃそりゃ)。入店して小を注文。

でてきたうどんは・・・

だ、だめだ。
テボでふっても一向にほどけない。
すっかりうどんの溺死体に当たってしまいました。

んでも。
コレで「この店は不味い」とは決して思えません。
ほどけないとは言っても、そのうどんは1本1本がキレイに並んでいて、太さも
ほどよく、これは揚げたてだったら絶対旨いうどんに違いないと確信。
次回は時間を選んで、また絶対来ますよ!お願いしますね若大将!


タイムリミットを知り高松市内へ。
旅館へちょっとはやめの帰投、夜の部に向けて休憩に入りました。

ちょっと横になったつもりが、熟睡してました。。。だはは。


夜の部
鶴丸・五右衛門・こんぴらうどん・讃岐屋・うどん棒・うどん市場。
さてさて、何を食べようかなぁと迷うところ。協議の結果、うどん棒へ。


7軒目・うどん棒
しっぽくうどんは前回食べたので、今回は別のモノを。ここも揚げたてを出して
くれるので、うどんはピカイチです。にゅるーんと伸びるコシのうどんは健在で
おいしゅうございました。


8軒目・鶴丸
もう後は鶴丸になだれ込みデス。
みんながカレーうどんを食べてる中、相変わらず僕は梅ぼしうどん。
梅干しが2つ入ってわかめものってるこのうどんは、満腹中枢をある意味「麻痺」
させてくれて、さらっと食べられました。


もう、もう入らねぇ。もう何も入らねぇ。

それでも、何とか食物繊維@蒟蒻畑と、乳酸菌@ヨーグルトを食べて飲んで就寝。

また、あした。


| うどん日記 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年01月