無料アクセス解析
アーカイブ :2005年11月22日 まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年12月

≫ EDIT

ショックから立ち直れないけど明日はやってくる

車検の請求書に膝までアゴがガックリ落ちた昨夜の僕です。

まぁ・・・どうにか生きていけるさ。どうにか。


それはさておき、楽天のポイントが溜まっていたのでそれも使いつつ購入したカラスメンコタイコ
もとい辛子めんたいこが、僕の留守中に届いてました。

ガックリ落ちたアゴを直しつつ、こうなりゃやけ食いだとばかりにどんぶりに飯を盛って
めんたいこをガッツガツ喰うたりましたよ、ええ。

おかげで今日も元気に過ごせそうです。おいしいね、めんたいこ。


今日は、昨日もチラと書きましたけど、商品のお渡し会。
お昼ちょっと前に会社を出て、取引先についてから商品を並べて・・・並べて・・・

って、お渡しする部屋が使用中なんですけど!!!


その部屋が空いてからすぐにお渡しだったモノですから、慌ただしいの慌ただしくないの。
いやはや、まったく。なかなか連絡って伝わらないモノですね。困った困った。

ともあれ、近所の喫茶店でカレーを頂きつつ、夕方にもお渡し会をこなしつつ、今日も
1日が暮れゆきます。









近頃、何かこう物足りなくないですか?ココのブログ。っていうか僕の日記。
タイトルにあって内容に無いもの。

そうですね~。
漫画の感想文、全然無いですよね~。
わはははは(笑い事じゃない)。


実は、山口行きの飛行機漫画(毎度の説明で恐縮ですが、飛行機に持ち込む漫画、つまり
もしその飛行機が墜落して僕がおっちんじゃっても、死ぬまで漫画を手放さなかったという
人生でありたいというバカな慣例事項)を読んでます。
っていうか、まだ読み切ってません。

今日の帰りの電車で読み切る予定ですから、お待ち下さい。


お題。
『アリエスの乙女たち』/里中満智子,中公文庫(中央公論新社)
濃い・・・なんて濃いいぃぃんだろうこの漫画。。。


スポンサーサイト



| 今日の日記 | 21:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『アリエス(おひつじ座)の乙女たち』/里中満智子,中公文庫(中央公論新社)

実は。
里中満智子先生初読み、です。(なんとか=!)

いや、なにかいろいろ読むべき里中漫画はあるはずなんですが、今までナゼか手に取る
こともなく過ごしてきたのです。

ここに至ってなんで手に取ったかと言えば、この本が平積みされていたからです。
まぁ新刊だから当然ですが。


さぁ、読みました。


圧倒。されました。


質問。あなたにとって『愛』とは何でしょう。

残念ながら、この作品を読んでも、結局僕には答えが見つからないままの「ねんね」
ちゃんなわけですが。


アニエス(おひつじ座)の二人の少女、笑美子(えみこ)と路実(ろみ)。
臨海学校に来ていたエクボ(笑美子の愛称)ちゃんが、裸で泳ぐロミオ(路実の愛称)
と出会うシーンから、この壮大な愛の物語ははじまります。

笑美子の通う名門高校に転入してきた路実。
学校イチ、だれもがあこがれる高志、そして学校イチ、不良の司。
この4人が、引き合い反発し合い、蜘蛛の巣のように張り巡らされた「愛の糸」を
たどっていくことに。


もうなんちゅうか。
ともかく、ともかく圧倒されるばかりです。

「愛とはなんぞや」

という、永遠不滅のテーマについて、四方八方から「検証」。

愛とは・・・堪え忍ぶもの。
愛とは・・・奪うもの。
愛とは・・・思いやるもの。
愛とは・・・命かけるもの。


最初は学園純愛ものかと思って読み出すと酷い目に遭います。
とんでもありません、時間の感覚がどんどん麻痺していきます。
と同時に、こんな漫画を世に送り出した作家への畏怖というか、恐怖というか。

ここまで愛について描かれた漫画は、実は読んだことなかったものですから。


一条先生は、なんていうか、愛憎の方が印象深い。
槇村さとるは、愛を語るときには、料理と調味料のバランスがすばらしい。

しかし、里中満智子は、愛を語るときは「愛」を徹底的に語るスタンス。

ここまで徹底した描写をされると、途中でもう「笑うしかない」自分がいます。
愛を語るに、こんな見方があったのか。
愛を語るに、そんな描き方があったのか。
愛を語るに、どうしてそんな選択肢があるのか。

愛、愛、愛!!


もう、正直言っておなかいっぱいです。
たぶん、今の若い子に読ませたら、3巻あたりで投げ捨てるだろう。
それでも読み続ける体力がある子は、きっと「恋」をしているのかもしれない。

そうなんだよな。
恋、というキーワードがおよそ出てこないんだよな。
何をするにも「愛」をキーワードに。そして全ての出来事は「恋」ではなく「愛」を
語るに十分なカタチを見せてくれる。

あぁもう、あまりにもとっちらかってしまっている私の思考回路には、すこし冷却
する時間が必要なようです。


あなたにとって愛とは何ですか。


PS:アリエスが正解。アニエスは誤りでした。
訂正してお詫び申し上げます。


| 漫画文庫感想文 | 00:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年12月