無料アクセス解析
アーカイブ :2005年10月07日 まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

2005年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年11月

≫ EDIT

『夏目友人帳・第1巻』/緑川ゆき,白泉社(花とゆめコミックス)

例によって例のごとく、にらたま君からまわってきたコミック。

そんでもって例によって例のごとく第1巻。続くんかい。


妖怪が見えるという夏目君。
おかげで、両親・親戚・ご近所の皆さんにまで気持ち悪がられ、孤独な少年時代を
過ごしてきました。

夏目君よりも霊力があったと伝えられているお祖母ちゃんが、かつて集めた名前帳。
実はそれには、その祖母ちゃんが若い頃に集めた妖怪たちの名前帳。
勝負に勝ったら名前をもらって、呼んだらいつでも飛んで会いに来いという盟約で
集めた名前帳。

ところが、お祖母ちゃんはちっとも呼びゃしない。
遊ぼうにも呼んでくれなきゃ遊べない。

やがて、友人帳は夏目君の手に渡り、それを聞きつけた妖怪たちが彼の元へ。
ともかく名前を返して貰いたい、この縛られた状態はイヤイヤ!
江戸の恨みを長崎で!じゃないですが、祖母ちゃんへの恨みは孫である夏目君へ
向けられたのでした。

うっかり封印を解いてしまった、招き猫に憑依したにゃんこ先生を用心棒に、
今日も名前を巡って妖怪たちと一悶着。


にらたま経由できた漫画ですが、面白かったです。
名前を返してあげるっていうただそれだけなんですが、いろいろドラマがあって。
妖怪とか出てくると「闘って~!」とかになりそうだけど、実に牧歌的で平和的で
のどかでのんきで、それでもちゃんと盛り上がるし。
ただね~。1巻、なんだよね~。
絶対2巻までに忘れるって。


スポンサーサイト



| 文庫以外の漫画感想文 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もうひとつの展示会

おととい行った展示会ではいつも感心させられてますが、今日のところは
例年ひっじょ~に手堅い印象を例年受けます。

まぁ。。。つまり。。。なんだ。。。
あんまおもろないっちゅうことでご理解下さい(爆)。

会社によってこんなにも印象が違うんだよね。面白いもんだ。


今年も例年通り大変手堅く、何の代わり映えもないステキな展示でした。
何か技を盗んでやろうと思っているんですが、それすらも叶いません。

それよりも今年はこっちに非があるので文句言えません。
だって。。。

閉会5分前に入場したんだもん。


イヤね、違うんですよ。
つきあいで行ったわけじゃないんですよ。
会にはもっと早く行きたかったんだけど、午前中はあれやこれや、午後もそれやこれや、
一瞬目が回るほどの忙しさで、一緒に行こうと言っていた部長さんも目が回る忙しさ
ですし、二人の時間がマックスハートでようやくとれた時間が残り5分前入場と
なった次第です。最悪。

解説についていただいた方は、実は一緒に行ったぶっちょさんとお仕事のお話が
あったらしく、着いた早々びったりマーク、ぼくちんほったらかし(笑)。
まぁほったらかしてくれたほうがいろいろ見て回れるんだけど。

金にならない人間でスミマセンw


こんな状況だったんですが、結局帰社せざるを得なかったので戻りました。
直帰したかったなぁ、まったく。


| 今日の日記 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年11月