無料アクセス解析
アーカイブ :2004年12月 まんぼう亭新漫画乱読日記

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

2004年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

御礼&マイベスト漫画文庫2004

日記なんだけど、ここがウェブの良いところです。ということで。
本年もホントにお世話になりました。
また来年もこんな感じでまったりぐったりのんべんだらりと書き連ねて
まいりますが、何とぞよろしくお願い申し上げます。
以上、年末のご挨拶(あと15時間弱であけおめになるわけですね)


さて。
今年もたくさん読みました、漫画文庫。
ちゅことで、毎年恒例のマイベスト漫画文庫を書いておかなきゃ。

今年読んだリストは下記の通り。例年3~4冊抜けるもんですが、
今年は読んだもの全部書いてあるから良いね、俺!がんばったね、俺!自画自賛!


○1月
IMOSEな関係/中村純子
永遠の野原/逢坂みえこ
ベル・エポック/逢坂みえこ
姉妹坂(前年から繰り越し完結)/大山和栄

○2月
はじめちゃんが一番!/渡辺多恵子

○3月・4月(記憶がない笑)

○5月
希林館通り/塩森恵子
はみだしっ子/三原順

○6月
マリみて~○マを読破したため漫画文庫は読まず

○7月
I LOVE HER/いくえみ綾
女の子は余裕!/ひかわきょうこ
退引町(のっぴきちょう)お騒がせ界隈/遠藤淑子
白い窓の向こう側/ひかわきょうこ
いつか夢の中で/遠藤淑子
ハイヒールCOP/大和和紀
まっすぐにいこう。/きら

○8月
くにたち物語/おおの藻梨以
うさぎ月夜に星のふね/萩岩睦美
Bed・鼓動/宮川匡代
7年目の制服・君が教えてくれるすべて/宮川匡代
イタズラなkiss/多田かおる

○9月
ハッピーマニア/安野モヨコ
フィーメンニンは謳う/山口美由紀
天才柳沢教授の生活(9巻)/山下和美
MADE in ニッポン/秋里和国
イタズラなkiss(9・10巻)/多田かおる

○10月
退引町お騒がせ界隈(2巻・完結)/遠藤淑子
天才柳沢教授の生活(10巻)/山下和美
記憶鮮明/日渡早紀
高円寺あたり/西谷祥子

○11月
ギャルボーイ!中村真理子

○12月
花衣夢衣/津雲むつみ
イタズラなkiss(11・12巻)/多田かおる
水玉模様のシンデレラ/萩岩睦美
恋のめまい 愛の傷/一条ゆかり
うそつきな唇/一条ゆかり
のら猫の話/吉村明美
あの窓/吉村明美
Imagine29/槇村さとる
天才柳沢教授の生活(12巻)/山下和美
風の通る道/大谷博子


以上。以下続刊は天才柳沢教授~とImagine29、イタズラなkissですね。

タイトル数は少ないけれど、ギャルボーイがなんてったって新~とあわせると21冊。
この山はでかかったなぁ。
あと今年は途中マリみて・○マを読んだから、その分漫画文庫の割合が減りました。

さて、この中から印象に残った文庫をいくつかあげると・・・

永遠の野原・姉妹坂・希林館通り・はじめちゃん・はみだしっ子・くにたち物語・イタズラなkiss
ギャルボーイ・花衣夢衣・あの窓・天才柳沢教授~。

絞りますか。
姉妹坂・希林館通り・はじめちゃん・はみだしっ子・花衣夢衣・あの窓・・・

たぶんイタkiss、柳沢教授は来年以降も気になる文庫。

姉妹坂は去年から引きずってきた感動巨編。
希林館通りは、当初は漠然としてたけど今でも目に焼き付いているラストの夕焼け。
はじめちゃんは、今年最初に読み込んだ!と思った作品。
はみだしっ子はちと難解だったけど、衝撃度はそうとうなものだった。
花衣夢衣も、男女で読み方が違ってくるであろう作品。
そして、衝撃といえば最近ということもあるけどあの窓。正直ショッキングな作品。


あぁむずかしい。どうしよう。。。どうしよう。。。


よし。
決定。
自分が読んだ中での今年一番は、はみだしっ子にします。
ファーストインパクト、途中で読むのが辛くなるほどの展開。
重苦しいテーマとそれを見せつける画力と画圧。
これぞ、漫画文庫になるべくしてなっている作品。

三原順の作品はまだまだ全然読んでない。
たぶんこれからも三原作品には衝撃を受けまくるであろうけど。


今年は難しかったなぁ。

去年みたいに、吉野朔実が他を圧倒するというようなことはなく、
どれもこれもそれぞれから影響を受け、考えたり悩んだりさせられました。


あ。
改めて去年の日記を読むと真面目に書いてるな。
うわ、おととしなんて日付入りで書いてるよ!


・・・んまぁいいや。
良いお年をお迎えください!(最後まで締まらない年でした)


スポンサーサイト

| 漫画文庫感想文 | 10:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パソコン2日目

昨日無理して持ち上げたから両腕両肩筋肉痛です。情けない。


晦日ですね、見るテレビも何もない。
仕方がないので、月曜日に撮っておいたWWEをみることにしました。
そか、2月4・5日ですか、上陸は・・・予定はどうだったかなぁ。
すんごく忙しい時期に上陸してくれるんですね。涙。


パソコンはいたっていい調子。
いろんなものたたき込んでもびくともしない堅牢ぶり。すてき。

風邪は良くなりません。年越しか。


さて、明日はいよいよ大晦日。大雪か。


| 今日の日記 | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

買っちった

ついに買ってしまいました。
メディアプレイヤーは動かない、動けばブルーバックのパソコンに
もううんざりしていたのと、自宅でFLASHコンテンツ作りたくて。
Sofmapで売っているテリヤキパソコン。最初はチーズバーガーで
いいかなぁと思っていたんですが、いざ商品を前にしたらどうしてもPen4が
欲しくなっちまいまして。清水の舞台の上からはしご車をかけて空に
逆バンジーをして飛び降りた気分で買いました。

っていうか、死にものぐるい?

最初はバスで帰れるかなぁと思ってましたがとても無理。箱でかすぎ。
ちゅことでニューシャトル(っていうモノレールみたいな乗り物)で
自宅方面に向かい、駅まで父親に車で迎えに来てもらい持って帰ってきました。
まさかあんなにでかいとはおもわなんだ。


さっそくぶち広げてセットアップ。
昔に比べてあっちゅうまに終わったセットアップ。
無線LANの設定もなくちゃちゃっとやるだけでネットワークにも繋げます。
便利だなぁやぁ。

さっそく、IMEをぶっつぶしてATOKを導入、メーラーの設定やらをとりあえずして
PaintShopProを導入。同時にMacromediaのMXStudioも導入。

んでもって今に至ります。

あぁ、快適なパソコンってなんてストレスフリーなんでしょう。
あぁ、新しいパソコンって、なんてこんなに換気扇がうるさいんでしょう笑

これは意外だったなぁ。ゴゴゴゴ~って、結構うるさいなぁ。
ファンだけでもそのうち取り替えよう。


さてさて。
今夜は最後の忘年会、僕の2つ下の代の後輩たちと飲みました、新宿で。
ホントに久しぶりで、いやはや、ホントに久しぶり。

この飲み会はホントにまったりとしていて実に静か。
話題を振らなければず~っとぼんやりしているところでした。
んでも、これはこれでありだななんて。周りがうるさい中でここだけ静か。
まさに都会のオアシスだね笑


ともあれ、そんななかでも2005ドラえもん問題やら映画話に花が咲きました。
あぁ、こうして今年も暮れていきますね。ありがとうさようなら。


| 今日の日記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魔のキムチ鍋

モーパラってご存じでしょうか。
んまぁ都内近郊にしかないので、あまりご存じないかも知れませんね。
僕だって池袋に店がなきゃ、たぶん今まで知らなかっただろうし。

さて。
会社の近所にモーパラがありまして。
この度、キムチ鍋が食べ放題コースに追加されました。
ということで、会社の忘年会(といっても超少人数ですが)でキムチ鍋をすることに。

肉は豚・牛を選べますが、ここはやっぱり豚でしょ、ということで豚チョイス。
飲み放題ですのでみんなはビール、僕はやっぱりカルピスウォーター笑。
だってノド痛いんだも~ん。

とりあえず鍋がグラグラと煮出したら豚肉投入。
んでもってとりあえずおかわり。食べ放題ならでは。
同時におやちゃい&春雨も投入。煮~えろや煮えろ~や~とキャンプファイヤー
よろしく皆で唱和し、あっつうまにビールはカラ、肉はカラ、野菜もカラ。
スープもピリ辛で、煮えた肉をオン・ザ・ライスでピリ辛豚丼風。

何書いてるかよくわかりませんが、ともかく旨かった。あぁ旨かった。

今まではすき焼きかしゃぶしゃぶだったんですが、これは途中で飽きるんです。
すき焼きは割り下&たまごがやがてコッテリしてきて飽きる。
しゃぶしゃぶはゴマダレとポン酢ダレと2種類あるんですが、これまたどっちも飽きてくる。

ところが。
魔のキムチ鍋。
このピリ辛感が僕らの満腹中枢を破壊し、もういくらでも食べられるんです。
んでまた飲み放題メニューにあった豆乳がこれまたアジカンの歌よろしく
リセットして~(○リライト)てなもんでブースター効果、いくらでも食えます。

そのツケは、満腹の腹を抱えて、ニンニク臭い迷惑な電車の乗客。
ごめんなさい世間の皆さん。ごちそうさまモ~パラ。


| 今日の日記 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しゃべられへんっ

朝起きたら猛烈にノドに痛みが。
あ~、あ~。声が割れました笑。

まぁ代休届けはさっさと出していたのでいいんですけど、それにしてもこりゃ痛い。
薬を飲もうにも、この前一生懸命風邪薬を飲んだばかりに、胃が荒れて酷い目に
あったのを思い出し、ひとまず飲まずにがまん、ちぇ。

夕方、今日は免許仲間と飲み会。
そうはいっても学生さんは試験前っちゅうことで、社会人だけで新宿で飲み会。
そうはいっても(はっきりせい)、仕事納めの方も居たのでしょう、どこもかしこも
予約で一杯、予約無くても入れるところは無くても一杯。
結局座れたのは8時でした。ははは。

忘年会は楽しかったんですけど、結局声が出ない僕はあんまりしゃべらず。
アルコールは当然飲まずに(いつも飲まないけど)、かといってノドが痛いので
めちゃめちゃ喰うこともなく。
しゃべらないし、んもう自分は何の会なんだかよくわかりません泣。

ともあれ、楽しかったからいいや。

ええと、明日はキムチ鍋突きつつ「ボーナスでなかったですね」「そうですね」とか言う会です。


| 今日の日記 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『マリア様がみてる~イン ライブラリー』/今野緒雪,集英社コバルト文庫

学園祭あけの短編集。くしくも年末向けTOPイラストを表示したその日に
店頭に出てました。びっくりびっくり。

学園祭(前巻)では、話があちこちに飛びやや詰め込み感があったんですが、
今回はショートショート集ってこともあり、今野せんせいの細かい描写が復活。

このところちょっとずつ空いていたスポンジケーキのスポンジにクリームを
ぬってくれる親切設計。細かい仕事も大切なんですね。

以下、ネタバレはしませんが固有名詞とか出てくるので、楽しみにされる方は
飛ばしてしまうことをオススメします。



「静かなる夜のまぼろし」では、リリアン生だったころの蟹江静御前の
切ないお話。

「ジョアナ」は、学園祭のドリル娘と天然磁石娘のやりとり、ドリル娘視線のショートショート。

「チョコレートコート」は、築山三奈子嬢のお友達、リリアンならではの
微妙な三角関係のお話、ちょっと長め。

「桜組伝説」は、なぜか高等部2年生にだけ存在する桜組にまつわる
伝説というかオカルトと言うかホラーというか。今野節がいちばん輝いている一節。

そして「図書館の本」。世間は狭いねぇっていう話(笑)。
っていうか、天然磁石タヌキ顔娘の一家はなんでそうなのかねぇっていう。
まぁでもリリアンならあるかな。



まぁこういったところでしょうか。
これに、図書館と図書館の本を巡ってのちょっとした事件を織りまぜた
「イン ライブラリー」を緩衝剤にした1冊。
っていうかさぁ、話ちっともすすまねぇよw。ドリルがショートショートに
でてきたってことはそういうことですか。
んでもそうとは思えないしなぁ、深読みしすぎかなぁ。まぁいいや。


はい。以上。来年も宜しくお願いします、今野先生。


さて、日曜日でしたね。
相変わらず体調が悪くて、結局1日中ぼやぼや過ごしていたら案の定眠れなくなって
今こうして日記を更新しているわけですが。
明日は代休とっちゃおうかなぁと思ってます。どうせ仕事もないし。


だいたい、眠くないのに無理矢理布団に入ったもんだからいろいろ悶々と考え事を
はじめたのもいけなかった。
正直、来年の4月に昇給がなかったら転職を本気で考えていて、かといって
自分がいったい何をアピールできて仕事探しをしようかとか、なんだかそんなこと
いつもどおりぐだぐだ考え出したらねむれんわいっ!眠れるかいっ!

などと愚痴りつつ。
あ~パソコン欲しい。いろいろちゃんと動くパソコン。(mp3聞こうとしたら
ブルーバックが出て鬱・・・)
さぁ、寝よ。


| 漫画以外のメディア感想文 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『風の通る道』/大谷博子,双葉文庫名作シリーズ

大谷博子をはじめて手に取りました。
帰りがけ、赤羽の駅構内にある本屋で「たまたま」手に取ったんです。
画風は濃いいなぁ。

48年デビューらしいのでベテランさんなんでしょうけどごめんなさい存じ上げませんで。

ネームは良い。ときどき響くところがあります。
んでもねぇ、なんか格好良すぎるんですよね。う~ん、格好良すぎ。


とあるペンションにやってきたしのぶ。
心を吹き抜ける風、嵐の風を和らげるためにやってきたペンション。
そこで繰り広げられる小さなドラマが、やがて彼女の心の風を穏やかなものに
してくれるのです、という話。

時々見せる崩した表情、かなり苦しそう。
ん~昔の作品読んでないので分からないけどどうかなぁ。

ここ最近読んだ中では、私の心の風を突き動かすほどの力は、残念ながら無かったようです。
おしい。


さて。
今日はサークルのOBがいつも溜まり場にしている巣鴨の飲み屋さんで、
ちいさなクリスマス会を開きました。
あらかじめ本家の方で「やりますよ~、プレゼント交換に参加する場合には
1,000円くらいでプレゼント買うてきてや~」とお知らせしておき、
集まった人数8名、つまり8個。
前回の54個だか何個だかにくらべればそりゃもうちいさい。
んでもお互い気心知れたモノ通し、何が送られるかが現役相手以上に読めないっ

簡単なクジをつくりいざプレゼント交換!
あたしゃ昨日のお昼休みに、ビックカメラにいって「1,000円未満~1,000円未満~」
とぶつぶつ良いながら探し当てたスチームアイロン(税込980円、大丈夫なのかコレ)
を提供。代わりにもろたのが静電気放電器。実は提供者と受賞者がトレードの状態に
なりまして、それも8人ともがトレード。なんだか偶然にしてはできすぎてました。
確率の計算は苦手なのでやりませんが、これって結構な確率なんじゃないかな。

ともあれ、独身男性にスチームアイロン、アイロン台が無いと使えないものでご免なさい。
これだったら、もう一つの候補のバッテリーチェッカー(乾電池の残量を
調べるちっちゃいチェッカー)のほうがよかったかしら。後の祭り。


そんなわけで。
今年もこうしてクリスマスが終わっていきました。さようならクリスマス。

そして、今日の帰りに買ったマリみて(マリア様がみてる)の新刊。
それに合わせた訳じゃないのに今日から年末までマリみてのイラストです。


| 漫画文庫感想文 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イブの日の振替乗車

昨日、FLASHでクリスマスカードを作ってみました。
ウチからリンクを貼らせて頂いている方には私書箱経由でおしらせしたんです。
んで、せっかくなのでこの日記を見に来て頂いた方にもご覧頂ければと思って。
気が向いたら、ちょっと上の方にあるリンク先へどうぞ!
わかるかな?探してみて下さい。


さて。
朝、ちょっと早めに目が覚めて、まぁこれもイエス様の思し召しかと思い
ちょっと早めに出勤してみました。
朝は思ったよりずっと冷え込んでいて、ウィンドブレーカーじゃ寒かったです。

さて。
いつもより2本早い電車に乗ってみました。
もう高校生さんとかは冬休みなのか、ずいぶんと空いていて。
読む本も特になくぼ~っと電車に乗っていたら車内放送。

「埼京線・山手線・湘南新宿ライン線内で人身事故」

あらあら、神様が生まれた日に神様に召されるこたないのになぁ。
んでも、遅れが15分って言っていたので人身といっても逝ってしまった事故
ではないのかしら。

そんなこと思いつつ赤羽に。
赤羽から埼京線に乗り換えて電車に揺られることしばし。板橋駅着。

「この先電車がどえりゃぁつまっとるでね、しばらく動けんよ」

構内放送と車内放送がいっぺんに流れ、こりゃめんどくせっと思っていそいそと
三田線へ振替輸送。
三田線の新板橋駅から神保町へ、神保町から半蔵門線で渋谷へ。

渋谷に着いた頃にはすっかり始業時間超えてました。
とりあえず遅延証明はもろたけど、振替輸送ってどうなんJARO。

あのまま埼京線に乗っていて、ひょっとすると振替輸送的回り道よりも
早く着いたんじゃ無かろうか。

にしても、つくづく埼京線がないと不便。
でも埼京線が不便。不条理だわ。

あぁかみさま。世の中は不条理なことばかりです。メリークリスマス。


| 今日の日記 | 18:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『天才柳沢教授の生活・12巻』/山下和美,講談社漫画文庫

あ=んもう、う=。だ~~~。
電車の中で泣きました。まわりの人の顔が見えません。
この、この、この高揚する感情。もう、涙で前が見えません。
泣きました。たいへん泣きました。感動?それなのかな。
泣きましたよ。うわ~ん。うわ~んん。

戦争とかなんとか、そんな下地もあるけれど、あくまで下地。
山下和美のケーキは、スポンジ部分だけでも充分美味しいけれどちがうんだ、
生クリームが、チョコレートが、いちごが、飾り付けが、なにもかも旨いんだ。
あぁんもう、表現しきれない。だめだ、泣こう。


今日は明日の宿題の為に会社に来てます。
ウチのパソコンじゃFLASH走らないし、見ようとするとブルーバックになるんで
会社のパソコンで作業。その為に来てます。
んで、行きがけの電車の中で読んだんですけど。
まさか泣かされるとは思わなかったなぁ。くそう、悔しいなぁ。


なんか、書きたいこといっぱいあったような気がするけど全部ぶっ飛んじゃった。
途中で読むのが辛くなってきて(泣くことが分かっていたから)、それでも無理にでも
読み進めていたら案の定気持ちが高ぶりすぎて気持ちが悪くなっちゃって。
考えていたこと、思っていたことがすべて吹き飛んでしまいました。

おいおい、これから作業しなきゃイケナイのによ。だめじゃんか。

あ~くそ、だ=!!!(以下同じような内容が続く為省略)


| 漫画文庫感想文 | 15:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『Imagine29(1・2巻)』/槇村さとる,集英社文庫〈コミック版〉

人生においてひとつの分岐点、29歳。
結婚するにも転職するにも、ひとつの目安みたいな歳、なんでしょうかね。

え!
ってことは、来年あたし29歳じゃん。
結婚の予定なんてないっすよ。どうしよう。。。少し考えなきゃいけないの?


んまぁそれはともかく、そんなオンナゴコロと仕事とがキレイに動かされている
槇村漫画。さすがです。

あとがきの『槇村さとる、29歳です。ごめんなさい20歳ほどサバよみました』
っていうのに、普通にわらかされたました。
いやいや、槇村せんせい、まだまだ29歳でもいけますよ。


そんなこといっても、なんとコレ全14巻だそうで。
ってことは、昔漫画喫茶で読んだ単行本はまだ途中だったんだよね。
文庫2巻の最後が、ちょうどいい終わり具合だったのですっかり騙されましたが、
まさかそんなに続いていたとは知りませなんだ。反省。


ん=。
しかし、こういう漫画読むに付け、男っていつまでたっても子供なんだな。
自分に照らし合わせても、やっぱり子供なんだと思う。うぅむ。


さて。
先が長い漫画のことはこのくらいにして。


今日はお昼は「しぶそば」にいきました。立ち食いそばなんですけどね。
いつも朝に目の前を通るたびに「入らなきゃなぁ」と思っていたんですけど
なかなかココ(渋谷駅から明治通りをまたぐ通路の中にあります)まで来る
ことがなくて。思い立たなきゃ来ません。

食券機の前で悩むことしばし。
見たこと無い「明日葉天そば」を頼みました。
春菊天そばはどこでも見ますが、明日葉天はみたことないな。

ちょっと話がそれますが、春菊天そばで今までの立ち食い一番は、吉そばっていう
そば屋の春菊天です。春菊みっちりで旨い。
富士そばは春菊よりもコロモの方が多くて、のちのち胸ヤケするので、
テーブルの上の紅ショウガを一緒に食べてます。そこまでして食うな。


さて明日葉天。
「ゆでたてをごよういしま~す」という、ホントのお姉さん(かわいい)の
元気な声で、心弾ませ待つことしばし。
出てきたそばは細めんで、明日葉天も春菊天と見てくれが変わらず。

喰うてみて、そばは細めんながらもさすがゆでたて、ちゃんとコシが残っていて、
んでもちょと固いかなぁ。
ダシは、最初はいりこの香りがしてましたが、やっぱり塩気がキツくてしょっぺ~。
明日葉天は・・・んまぁこんなもんかね。よくわからん。コロモは多め。
春菊と明日葉、どっちが単価がやすいんだろ。

結論。
ココまで歩いて食べにくるほどでもないか?


昼休みの残り時間を利用してタワレコにアンセブ(UNDER17)ラストアルバム
買いに行きましたが、さすがタワレコ、ありゃしない。


| 漫画文庫感想文 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2004年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。