無料アクセス解析
アーカイブ :2004年08月18日 まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

2004年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2004年09月

≫ EDIT

『7年目の制服/君が教えてくれるすべて』/宮川匡代,集英社文庫〈コミック版〉

いや~、金メダルラッシュですね。
今、目の前で上野が金メダルとりました。
すばらしい1本勝ち。

かの猪熊滋悟郎先生も、攻めてこその柔道じゃ!とおっしゃっていました。
(あ、ちなみに猪熊滋悟郎先生ってのは、言うまでもなく
『YAWARA!』/浦沢直樹,小学館ビックコミック
の、元祖YAWARAちゃんのおじいちゃんですよ)


まさに、今回は「逃げ」の柔道をしている選手がことごとく破れていくのをみるに
つけ、逃げてどうする!攻めてこその柔道じゃ!と実感。
すばらしいですね。おめでとう。

まだまだ!柔道はメダルの期待!攻めろ、ニッポン!


・・・あれ。
そういえば。
文庫の日記でしたね。忘れてた。
大丈夫です、すぐ終わります。


え~と、ですね。
この路線の漫画だったら、入江紀子読みますわ。ごちそうさま。
(早すぎです笑)


7年目に再会の彼。
昔伝えられなかった「好き」という思い。
でも、彼は婚約者(フィアンセ)がいました。

同窓会の幹事を任された二人。
生徒会で活躍していた二人が考え出した同窓会が。
「当時の制服を着て、同窓会をしよう」というものだったのです。

同窓会も終わり、ふたりっきり。
溢れ出す「好き」の気持ち、とまらない「想い出」。

やがてふたりは両想いだったことを知り、そして気持ちを確かめ合うように
結ばれていくのでした、まる。

あぁもうSEXでもなんでもしろよ、すきにしろよ。
同窓会にも呼ばれねぇし、同窓会で出会いなんてねぇよ。フンッ。


何か足りない。全然物足りない。
微妙な心の動き、繊細な恋愛感情の流動、わかる。わかるよ。
でも、あくまでそれは少女漫画から抜き切れていなくて、かといって
少女漫画的な幼さ、初々しさ、瑞々しさみたいなもんは感じられなくて。

ちゅーとはんぱやね、斬り!!(パクリ)


スポンサーサイト



| 漫画文庫感想文 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2004年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2004年09月