無料アクセス解析
アーカイブ :2003年12月05日 まんぼう亭新漫画乱読日記
FC2ブログ

まんぼう亭新漫画乱読日記

漫画文庫の話よりWebラジオやうどんの話が多い今日この頃です

2003年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2004年01月

≫ EDIT

さぬきうどん日記・1日目

こんばんわ。
今日は讃岐うどんを食べに、再び高松に来ています。
それではいってみましょう、今日のうどんや~!

ひとーつ:池内(冷たい小うどん)
ふたーつ:山越(釜玉の小)
みっつう:赤坂製麺所(つめたいんの小)
よっつう:松岡(かけの小)
いつつぅ:谷川米穀店(冷たい一玉)
むっつぅ:宮武(ひやあつの小)
ななーつ:宮川製麺所(一玉)
やっつぅ:山下(ぶっかけの小)
ここのつ:池上(一玉)
とおおぉ:わら家(家族うどん)
じゅういちぃ:五右衛門(あさり)

以上11軒、14玉(くらい)。
体重が3キロ、ふえてましたw

さすがに2度目ともなると、うどん屋の「ニオイ」を察知できるように
なってきたようです。


初めていった谷川。
案の定、分からなくて通り過ぎたんですが、ちょっと待て今のところが
怪しかったと戻ってみたらありました。

同じく、初めて行った池上。
どこまがっていいんだか分からなくて「この辺」と曲がったところは一本先の道。
見事にはまったのはしょうがないとしても、前回何も分からずにとっとこいって
しまったのよりはよっぽどましになっていました。


うどんの方ですが、今回は前回と違ってぬくいんので食べています。
ぬくいんのの話は結構書いてますが、ホントにうどん自体の実力がまざまざと
見せつけられています。
つまり、前おいしかったと思ったうどんでも、ぬくいんのにするとまったく変わらず
おいしく食べられたときの感動と言ったら!!

冷たくしめたのをそのまま食べるのは当たり前。
ぬくくしても死なないコシ、つまり暖め直したのに死んでいないうどん。
これってばおっそろしい事です。


さて。
明日は再びがもうへ・・・



スポンサーサイト



| うどん日記 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2003年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2004年01月